3年生までに卒業単位を取得した方が良い理由を改めて解説する

投稿日:2016年9月18日 更新日:

卒業単位 大学生

「卒業に必要な単位は124単位だから…単純計算で1年に31単位か…余裕だな…」

なんて考えてる奴は、大抵留年するか、就活に失敗します。

いや、きっと分かってる。あなたも分かっているはずなんです。

なるべく早くに単位は取った方が良い。学年が上がると忙しくなるから。分かってる。分かってる…。

いや、改めてもう1度言っておく。

3年生が終わるまでに卒業単位を取得しておくんです。

4年生になってから単位を取るのは、本当に辛い。

スポンサー リンク

早く単位を取らなければいけない理由

一言で言えば「学年が上がるたびに単位取得は難しくなっていくから」です。

大抵の学生は3年後期から単位を取得するのが難しくなる。4年次の難易度なんて1年次のレベルではありません。

理由を解説します。

真面目さは1年次がピーク

大学生 単位

なんだかんだ言って、単位って出席していれば何とかなるパターンが多い。

出席点がある場合はもちろん、出てさえいれば試験範囲を聞き逃すこともない。教員側からしても、フル出席の学生には甘い採点を与える温情もある。

ところが、学生の出席への意欲は1年次がピーク。4年生になる頃には、目も当てられません。

「雨か…休もうかな…」

とか平気で言い出すだろお前ら。

一緒に講義を取る友達がいなくなる

大学生 ファッション

出席と並んで、単位取得に大きな影響を与えるのが「友達」です。

そう、友達さえいれば何とかなる。出席の代返もできるし、試験範囲も教えてくれる。一緒に勉強すればそれなりの点数も取れた。

ところが、なんだかんだ「友達」の大半は4年生になるまでに卒業単位を取得します。

そうなれば、4年次の講義に出席するのはあなた1人。今までは、友達が一緒にいて年間30単位ペースだったのです。

1人で?30単位?

今まではみんなの力を借りて30単位だったのに?

キツいぞ。マジで。

楽な講義がなくなる

大学生 講義

どこの大学にも「チョロい講義」は存在します。

出席さえしていれば単位はいける。期末100%で持ち込み全てOK。教員が学外で主催しているイベントに出席していれば特別点。

良いことです。積極的に受講して単位を頂いてください。

ところで、「チョロい講義」の数にも限りがあります。大学にも依りますが、なんだかんだ4年次に上がる頃には一通り取り尽くしていることが大半です。

そう、いなくなるのは友達だけではないのです。

就活で時間が取られる

就活 大学生

3年後期、4年前期には就活が訪れます。

当たり前の話ですが、説明会や面接といったイベントの大半は平日に行われるのです。

講義によっては便宜を測ってくれる教員もいますが、基本的には、ただただ講義を休み続けることになります。

多くの学生は30社を越える説明会に参加し、20社近い選考に参加するのです。

講義と並行して?

試験日程と面接日程を調節しながら?

キツいぞ。マジで。

ゼミ(研究室)で時間が取られる

大学生 ゼミ

大学やゼミのレベルにも依りますが、4年次はゼミに大きな時間を取られます。

もちろん、時間割的な意味で言えば、ゼミや研究室の時間は週に数時間。単位が残っていたからと言って、絶望的なほどではない。

ところが、多くのゼミでは「課外時間を使ってゼミ仲間と何かをやる」が基本。理系はもちろん、文系でさえも日中のほとんどをゼミに費やしている学生も少なくありません。

4年次は、やることがたくさんあるのです。

後がない状態の苦しさ

大学生 筋トレ

仮に、ここまでに紹介した理由を全て振り切って、1年31単位ペースで順調に推移していったとしましょう。

4年前期を終えた時点で108単位。内定も出た。残り16単位で卒業…。

こうなった時、最後の16単位へのストレスは尋常じゃない。

今までは良かったんです。仮に落としても次で挽回できた。7割の力を入れて、7割の単位を取ればそれで良かったのですから。

だけど、最後の16単位だけは決して落とせない。留年すれば、せっかく取った内定も取消。冗談抜きで人生が狂う。

その恐怖が卒業間近の3月まで続くのです。卒業旅行なんて楽しめたもではありません。

悲惨なものですよ。

必死に就活して、内定を取って、懇親会まで行って、最後の最後で全てがパーと言うのは。

まとめ

1年次:40単位
2年次:40単位
3年次:40単位
4年次:4単位(卒論)、就活、ゼミ

これが、スムーズな大学生活を送るための単位取得ペースです。

今はまだ実感できないかもしれませんが、4年生の時に「残り数十単位」ってのは、本当に、本当に大変なんです。

3年生以下の皆さんは、是非、次の学期から意識を変えて単位と向き合ってください。

お願いします。

今、日本中で4年生が泣いてるんです。

よろしくお願いします。

本当に、よろしくお願いします。

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

冬 メンズファッション 2
おしゃれ初心者必見!冬のメンズファッションとアイテム選びの基本を徹底的に解説する。

「このページを見れば『おしゃれな冬のメンズファッション』が分かる」 今回は、そんな気持ちで記事を執筆しました。 冬は、春秋に比べるとアイテムが増えるため、組み合わせに悩みがちです。 そこで今回は「誰で ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 3
志望企業から内定を取れる確率がグンと上がる就活サービスを学年別に解説する。

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

海外 留学 クレジットカード 4
留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

学割 おトク 5
知らないと損をする!?「本当におトク」な3つの学割サービスの解説。

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-勉強、レポート, 大学生活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.