クレジットカード10枚の比較|50種類以上から厳選した人気トップ10のクレカを解説する

投稿日:2020年2月3日 更新日:

学生向けクレジットカード10枚の比較

学生が持てるクレジットカードの人気トップ10を解説、比較する記事です。

日本には学生が持てるクレジットカードが50種類以上存在します。しかし、現実的に持つメリットが存在するカードは10種類ほどに限られるのです。

そこで今回は、学生向けクレカのトップ10に注目し、

  1. クレジットカードの一覧
  2. クレジットカードを項目ごとに比較
  3. ランキング発表と詳しい解説

この3つに分けて、学生向けの具体的なクレジットカードを解説します。

【クレカを早く作りたい方はこちら】

「三井住友カード デビュープラス(公式サイト)」が学生ランキングNo.1です。

日本で最も有名なクレジットカード会社「三井住友カード」が発行する学生向けクレジットカードで、年会費無料でありながら数多くの優良サービスを提供してくれています。

学生向けクレジットカードの一覧と比較

クレジットカードの目次

 

クレジットカードの一覧

これが大学生が持つことの出来るクレジットカードの一覧表です。

私の独断でランキング付けをしていますが、どれを選んでも大きな失敗はありません。最低条件として、

  • 在学中の年会費無料
  • 盗難 / 不正利用などの保証
  • 大学生でも審査に通る
  • 国内外で問題なく使える

以上4点は満たしています。興味のあるカードがあれば、公式サイトからすぐに発行することが可能です。

【タップで公式サイトへ】

【1位】三井住友カード デビュープラス
→学生カードNo.1  手厚い保証とステータスカードへの自動ランクアップが魅力。

【2位】学生専用ライフカード
→海外利用最強。海外旅行傷害保険 + 海外利用で5%キャッシュバック。

【3位】楽天カード
→みんなが持ってる楽天カード。発行も早く「とりあえず」ならこれ。

【4位】JCBカードW
→唯一の純国産プロパーカード。将来のステータス性も◎

【5位】セゾンブルー ・アメリカン・エキスプレス・カード
→海外旅行傷害保険の補償額はトップクラス。決済会社がアメリカンエキスプレスで使いづらいのが欠点。

【6位】エポスカード
→器用貧乏。小さなメリットたくさん、デメリットなし。

【7位】JALカードnavi
→航空会社のポイント「マイル」が貯まりやすい。海外旅行が好きなら"あり"

【8位】Yahoo! JAPANカード
→楽天カードの下位互換。Yahoo!のヘビーユーザーならこちら。

【9位】三井住友カード
→大きなメリットなし。三井住友銀行で勧められるため、持っている学生は多い。

【10位】三菱UFJニコスイニシャルカード
→大きなメリットなし。三菱UFJ銀行で勧められるため、持っている学生は多い。

以上のランキングを元に、私のオススメは、

このどちらかのパターン。

それぞれが国内と海外でのサービスに優れているため、2枚を同時に持っておけばクレジットカード利用で困ることはありません。

もちろん、年会費は無料ですので、あなたが損をすることは絶対にないのです。

学生向けクレジットカードの比較項目

学生向けクレジットカードの比較

ここからは、学生向けクレジットカードの比較項目を1つずつ解説していきます。

先ほどの一覧表にあった比較項目は次の7つです。

【審査の通りやすさ】
→「学生でも審査に通る」を前提に、「借金」などのマイナス要素があってもカードを作れるか。

【年会費】
→「在学中は無料」「簡単な条件で無料」が最低ライン。「ずっと無料」が理想。

【ポイント還元率】
→利用金額の0.5%のポイントが貯まるのが基本。優秀なカードは1.0%貯まることも。

【将来のステータス性】
→社会人になったとき「ゴールド」や「プラチナ」などのステータスカードに変更できるか。

【海外旅行サポート】
→「旅行中の保険」や「電話サポート」などの海外旅行でのサービスが付帯するか。

【決済ブランド】
→クレカを使えるかは決済ブランドに依存する。「VISA」や「MasterCard」はどこでも使える。「JCB」は日本で使いやすく、海外は弱い「アメリカンエキスプレス」は国内外でやや弱い。

【独自性】
→そのカードだけのメリットはあるのか。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

審査の通りやすさ

クレジットカードの審査

【◎】
→柔軟な審査。問題のある大学生、専門学生でも通る可能性が高い。

【○】
→普通の審査。一般的な大学生は通る。

【△】
→お堅い審査。「借金」や「ローンの遅延履歴」がある学生は落ちる可能性あり。

便宜上「△」がありますが、普通の大学生(専門学生)ならばどのカードを選んでも審査に通ることは可能です。

では、上記で記載した「問題のある学生」とは、何か。具体的には、次の3つです。

  1. 現在進行形で借金がある
  2. 借金やローンの延滞履歴がある
  3. クレジットカードを既に3枚以上持っている

上記の3点に当てはまる学生はクレジットカードの審査に通りづらい。そのため、比較表の「◎」に該当するクレジットカードを中心に申し込むことになります。

どれにも当てはまらない学生は、どの学生向けカードを作ることも可能です。

審査が厳しい「三井住友カード デビュープラス」や「JCBカードW」を中心に、好きなカードを作っていきましょう。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

JCBカードW 学生

JCBカードW

また、審査について詳しく知りたい方は、以下の解説記事をご覧ください。

参考学生向けクレジットカードにおける「審査基準」と「作りやすいクレジットカード」を解説する

年会費

クレジットカードの年会費比較

今回紹介しているクレジットカードは、ほぼ全てが年会費無料で利用することが出来ます。

稀に、条件付きのカードもありますが、

「1年に1度でも使えば、翌年は無料」

みたいな簡単な条件なので、普通に生活していれば無料で使うことが可能です。

また、「卒業まで無料」のカードは、卒業後は1000円前後の年会費がかかるのが一般的。

そういう観点で言えば、卒業してもずっと年会費のかからない「学生専用ライフカード」や「JCBカードW」は魅力的です。

学生専用ライフカード 公式

JCBカードW 学生

JCBカードW

ただ、クレジットカードは退会の手続きも簡単ですので、社会人になって年会費がかかるようになったら処分するのも"あり"です。

もし、「ずっと年会費無料」を最優先する方は、以下の記事をご覧ください。

参考年会費が完全無料で利用できるクレジットカードの紹介

ポイント還元率

クレジットカードのポイント比較

通常、クレジットカードは利用額の0.5%相当がポイントとして付与されます。

ただ、一部のおトクなクレジットカードは倍の1.0% クレジットカードでポイントを貯めたい方は、この「1.0%」のカードを選ぶのが基本になります。

人気どころで言えば「三井住友カード デビュープラス」や「JCBカードW」ですね。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友カード デビュープラス

JCBカードW 学生

JCBカードW

とは言え、大学生のクレジットカード利用額は1万円 / 月 以下が大半です。

そのため、月々に貯まるポイントは100円分にもならないため、大きく意識する必要はありません。

ただ、毎月5万円以上をカード決済するのであれば、「JALカードnavi」でマイルを貯めて旅行代を浮かせることも可能です。

JALカードnavi 公式

JAKカードnavi

クレジットカードでマイルを貯めることに興味がある方は、以下の解説記事をご覧ください。

参考お得なクレジットカードの使い方|クレカを使ってハワイにタダで行く方法を解説する

将来のステータス性

クレジットカードのステータス比較

【◎】
上位に人気のステータスカードが存在する。

【◯】
ステータスカードは存在するが、人気は高くない。

【△】
上位カードがステータス性を意識していない。

一部のクレジットカードには高級車のようなステータス性が存在します。

日本における有名なステータスカードは「三井住友カード」と「JCBカード」の上位カードたち。

一例として「三井住友カード ゴールド」や、

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド

「JCBカード ゴールド」が挙げられます。

JCBゴールドカードの券面

JCBカード ゴールド

ステータスカードの審査は厳しく、取得は容易ではありません。ただ、大学生には、将来を見据えた裏技が存在します。

それは「系列の学生カードを取得しておく」です。

と言うのも、クレジットカードの審査では"信用度"が重視されます。そして、信用度の大部分は「利用期間」で判断されるため、学生のときから系列カードを取得しておくことでゴールドカードの審査を簡略化できるのです。

あまり知られていませんが、その証拠に、

三井住友カードでは、デビュープラスカードの所持者に「自動ランクアップ」を提供

してくれています。

ステータスカードへのランクアップ

また、【◯】【△】のカード群のステータス性はオススメしません。

例えば、「楽天カード」にもゴールドカードは存在しますが、「三井住友カード」や「JCBカード」ほど審査を絞っている訳ではない。そのため、ステータスという側面で見れば大きな評価は出来ないのです。

楽天ゴールドカード 大学生

楽天ゴールドカード

また、ステータスカードについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

参考大学生が将来ステータス性のあるゴールドカードを持つために今、必要なこと

海外旅行サポート

海外旅行サポートの比較

【△】
海外における「盗難保証」「ショッピング保証」等の最低限のサポート。

【◯】
上記に加えて「海外旅行障害保険」「海外電話サポート」など。

【◎】
上記に加えて「空港からの手荷物無料宅配」や「海外利用5%キャッシュバック」など。

※どのカードも国内外問わず使えます。

クレジットカードは、海外利用における強い味方です。

特に、【◯】以上のカードで適用される、

【海外旅行傷害保険】
海外での高額医療費を保障してくれる。社会保障費を払っていない海外では、単純な診療でも数万円を取られることがあるため心強い。

【海外電話サポート】
海外でも日本語で対応してくれる。現地情報の案内から、ホテルの予約まで。

この2つは非常に心強いサービスです。

加えて、学生カードは年会費無料にも関わらず、持っているだけでサービスを受けられるのです。海外に行く予定がある学生は、この項目を重視しておくと良いでしょう。

この観点から見れば「学生専用ライフカード」が頭1つ抜けています。

  • 海外旅行傷害保険
  • 海外電話サポート
  • 5.0%のキャッシュバック
  • VISAとMasterCardを選べる

以上のように、海外利用に必要な要素を全て兼ね揃えているのです。

学生専用ライフカード 公式

学生専用ライフカード

また、海外利用を重視したクレジットカードを詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

参考海外利用に強いクレジットカード|留学や海外旅行に行く人におすすめな学生クレカを解説

決済ブランド

学生向けカードの国際ブランドを比較

【◎】
「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMEX」などから好きに選べる。

【◯】
加盟店の多い「VISA」「MasterCard」「JCB」が使える

【△】
加盟店の少ない「AMEX」しか使えない。

決済ブランドによって「カードがどこで使えるか」が決定します。

例えば、以下の画像のように、

VISA MasterCard

こんな表記ならば、「VISA」と「MasterCard」が使える訳です。

大学生が発行できるクレジットカードは、

  • VISA(ビザ)
  • MasterCard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)

この4つのどれかと提携していて、特徴は以下の通り。

【VISA】
世界最大の決済ブランド。欧米、アジア、日本国内、世界各国どこでも使える。故に、クレジットカード1枚目はVISAを選ぶのが大原則になる。

【MasterCard】
VISAに次いで2番手。国内、国外ともにほとんど使える。悪くはないが、VISAを外してこちらを選ぶ意味はない。

【JCB】
日本唯一の決済会社。国内では強いが、海外では弱い。国内でしか利用しないのならJCBもあり。

【AmericanExpress】
加盟店少なめ。元々、富裕層メインのため、先進国都市部では問題ないが田舎や発展途上国では使いづらい。略称AMEX(アメックス)

そのため、1枚目のクレジットカードは「VISA」を選ぶのが原則。

2枚以上作るのなら、決済ブランドをバラけさせることで利便性が向上します。

この観点から見れば、唯一全ての決済ブランドを自由に選択できる「楽天カード」はめちゃくちゃ便利です。年会費も無料のため、自分が持っていない決済ブランドでカードを発行しておけば国内外で困ることはなくなります。

楽天カード

楽天カード

また、決済ブランドを重視してクレジットカードを選びたい方は、以下の記事をご覧ください。

参考クレジットカードの決済(国際)ブランド|VISA ,MasterCard,JCB,アメックスの違いを解説する

独自性

クレジットカードの独自性

一部のカードには、そのカードでしか提供されていない独自サービスが存在します。

何を重視するかは人それぞれですが、人気が高いのは、

「ゴールドカードへ続く自動ランクアップ」の三井住友カード デビュープラスと、

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友カード デビュープラス

「海外利用5.0%キャッシュバック」の学生専用ライフカードですね。

学生専用ライフカード 公式

学生向けクレジットカードのランキング

学生向けクレジットカードのおすすめ

ここまでの比較項目を前提に、学生向けクレジットカードのランキングを1枚ずつ解説します。

クレジットカードに何を望むのかによって正解は異なりますが、基本的にはランキング上位のカードを作れば問題ありません。

ランキングは以下の通り。

【タップで公式サイトへ】

【1位】三井住友カード デビュープラス
→学生カードNo.1  手厚い保証とステータスカードへの自動ランクアップが魅力。

【2位】学生専用ライフカード
→海外利用最強。海外旅行傷害保険 + 海外利用で5%キャッシュバック。

【3位】楽天カード
→みんなが持ってる楽天カード。発行も早く「とりあえず」ならこれ。

【4位】JCBカードW
→唯一の純国産プロパーカード。将来のステータス性も◎

【5位】セゾンブルー ・アメリカン・エキスプレス・カード
→海外旅行傷害保険の補償額はトップクラス。決済会社がアメリカンエキスプレスで使いづらいのが欠点。

【6位】エポスカード
→器用貧乏。小さなメリットたくさん、デメリットなし。

【7位】JALカードnavi
→航空会社のポイント「マイル」が貯まりやすい。海外旅行が好きなら"あり"

【8位】Yahoo! JAPANカード
→楽天カードの下位互換。Yahoo!のヘビーユーザーならこちら。

【9位】三井住友カード
→大きなメリットなし。三井住友銀行で勧められるため、持っている学生は多い。

【10位】三菱UFJニコスイニシャルカード
→大きなメリットなし。三菱UFJ銀行で勧められるため、持っている学生は多い。

繰り返しになりますが、当サイト「大学生はこれを見ろ」では、

このどちらかのパターンがおすすめしています。

もちろん、あなたが優先すべき項目からカードを選べば大丈夫。ただ、迷ったときは「デビュープラスカード」で間違いありません。

【1位】三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラスの性能

学生向けクレジットカードの王道が「三井住友カード デビュープラス」です。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス(学生向け)

三井住友カード デビュープラスは、日本で最も有名なクレジットカード会社の「三井住友カード」が展開する若者向けクレジットカード。

そのため、安心感と安定感は抜群。学生カードの必須条件である、

  • 年会費実質無料
  • 不正利用 / 盗難保障完備
  • 1.0%の高いポイント還元率
  • 電子マネーとの連動

などの条件に加えて、独自要素である「ゴールドカードへ続く自動ランクアップ制度」を採用しているのが大きな魅力です。

デビュープラスカード 自動更新

また、クレジットカードに限らず「業界最大手のサービス」というものは非常に魅力的です。

分からないことがあればサポート電話で細かに説明してくれる。盗難や不正利用があった際にも素早く対応。「Apple pay」や「WAON」「iD」といった大半の電子マネーと提携している。

1枚目のクレジットカードとして「王道」を選ぶのは、間違いのない選択です。

将来のステータスへ確実な一歩

三井住友カード(公式)でクレカを作る

※年会費実質無料

また、デビュープラスカードについて、もっと詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

参考三井住友カード デビュープラスの解説|王道の学生クレカが欲しいならデビュープラスカードが鉄板です。

ちなみに、デビュープラスカード唯一の欠点は海外旅行サポートが甘いことです。

もし、海外での利用を重視する場合は、2位の「学生専用ライフカード」との2枚持ちを検討してみてください。

【2位】学生専用ライフカード

学生専用ライフカードの昨日

海外利用最強のクレカが「学生専用ライフカード」です。

学生専用ライフカード 公式

学生専用ライフカード

学生専用ライフカードには、大学生の海外利用における必要な要素が全て詰まっています。

【海外旅行傷害保険】
→万が一、海外で治療を受けることになった場合、医療費を負担してくれる。

【海外電話サポート】
→海外で困ったことがあったらアシスタントデスクに電話できる。

【キャッシュバック】
→海外で利用した金額の5.0%がキャッシュバックされる。

【決済ブランド】
→どこの国でも使える「VISA」と「MasterCard」のどちらも選べる。

ただし、日本国内でのメリットは少ないので注意が必要。

おトクなポイントを全て海外利用に振り切っているイメージですね。良くも悪くも、特徴がはっきりしているカードと言えます。

申し込みは5分で完了

ライフカードを公式サイトで作る

※年会費無料

また、「学生専用ライフカード」についてもっと詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。

参考学生専用ライフカードの解説|海外旅行を意識したクレカなら学生専用ライフカードが最強です

【3位】楽天カード

楽天カードの性能

とりあえずクレカを持ちたいのなら「楽天カード」です。

楽天カード

楽天カード

楽天カードのメリットはなんと言っても知名度から来る「安心感」です。

「楽天カードマァァァァン!!」のCMを知らない人はおらず、単純な所持数で言えば、大学生が最も持っているカードです。

また、楽天カードは、

「最もポイントが貯まりやすく、使いやすいカード」

としても有名です。

  • どこで使ってもポイント1.0%
  • 楽天市場ならポイント3倍
  • 加盟店で最大ポイント3倍

そして、貯まったポイントは何でも売っている楽天市場でそのまま使えるため、楽天ユーザーなら持っておいて損はありません。

楽天カード 優待店

とは言え、大学生の利用金額は、そもそもが少ない。

楽天市場で1ヶ月に1万円使ってもポイントは300円です。そのため、「ポイントが貯まりやすい」というメリットを享受できる大学生は多くありません。

クレカを頻繁に使うつもりがないのであれば、わざわざ作る意味はないでしょう。

ポイントが貯まりやすいクレカ

楽天カード(公式)を作る

※年会費無料

また、楽天カードについて、もっと詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

参考楽天カードの解説|「ポイントが貯まりやすい学生クレカ」が欲しいなら楽天カードを検討してみてください。

【4位】JCBカードW

jcbカードWの性能

「正統派」や「純国産」が好きな人にオススメなのが「JCBカードW」です。

JCBカードW 学生

JCBカードW

JCBカードWの特徴は「学生が持てる唯一のプロパーカード」ということ。

【プロパーカードとは】

決済ブランドが直接発行するカードのこと。

大半のクレジットカードは「カード発行会社」「決済ブランド会社」が組み合わさって出来ている。

[例]
三井住友カード(発行)+VISA(決済)=三井住友カード(VISA決済)

しかし、稀に決済ブランドが直接発行するカードも存在する。

学生が持てるカードでは「JCBカードW」だけが該当し、歴史や伝統を重んじる人に好かれる。

プロパー(正規)カードってことですね。

プロパーカードを好む人は「王道」や「正統派」が好きな傾向にあり、一種のステータスとして評価されています。

例えば、日本最大の医師コミュニティ「エムスリー」は、JCBカードWの上級ランク「JCBプラチナカード」と提携しています。

JCBプラチナカード 公式

JCBプラチナカード

ぶっちゃけ、プロパーカードだからと言って「ポイント」や「待遇」に明確なメリットがある訳ではありません。

ただ、「純国産のステータスカード」を魅力的に感じる人は、「JCBカードW」を持っておくと良いでしょう。将来、プラチナカードを申請するときに、審査が有利に働きます。

将来のステータスカードへ

JCBカードW(公式)を詳しく見る

※年会費無料

また、「JCBカードW」について、もっと詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

参考JCBカードWの解説|正統派のクレジットカードを持ちたいのなら「JCBカードW」で決まりです

余談ですが、「JCB」はディズニーリゾートの数少ないオフィシャルスポンサーです。

そのため、「JCBカードW」では、ディズニーのパークチケットなどが当たるキャンペーンが頻繁に開催されています。ディズニーが好きな人はチェックしておいて損はないでしょう。

【5位】セゾンブルー ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの性能

最も手厚い海外旅行傷害保険を提供してくれるのが「セゾンブルー ・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(公式)

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

繰り返しになりますが、メリットは1つだけ。

「海外旅行傷害保険の金額が、ゴールドカード並に大きい」

これだけ。

保険を提供してくれるカードには「学生専用ライフカード」や「エポスカード」も有名ですが、両者と比べてみても群を抜いています。

他のカードが低いのではありません。

セゾンブルー ・アメリカン・エキスプレス・カードが高すぎるのです。

海外旅行障害保険の比較

ただ、それ以外の突出したメリットはほぼありません。

国内での有効サービスは少なく、ポイント還元率も0.5%と並。決済ブランドが提携店舗の少ない「アメリカンエキスプレス」であることもデメリットです。

そのため、1枚目2枚目のメインカードとしてではなく、海外旅行に持っていく「お守り」のような存在だと考えてください。

持っているだけで海外旅行傷害保険は適用されるので安心です。

海外旅行へのお守りとして

セゾンブルー (公式)を作る

※26歳まで年会費無料

また、セゾンブルーについて、もっと詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

参考セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの解説|海外旅行や留学に特化したクレカならセゾンブルーで決まりです。

【6位】エポスカード

エポスカードの性能

ものすごく器用貧乏なのが「エポスカード」です。

エポスカード 公式

エポスカード

エポスカードは、決して悪いカードではありません。

年会費はずっと無料ですし、海外旅行サポートも付いています。国内10,000店舗での優待サービスもあり、赤い券面もスタイリッシュです。

ただ、

「絶対にエポスカードじゃないとダメ!」

ってメリットはありません。

強いて言えば、実店舗での発行が出来るところでしょうか。

大半のクレカはウェブ申し込みが大半で実店舗を設置していませんが、エポスカードはショッピングビル「マルイ」の中にカードセンターが存在します。

そのため、

「ウェブ申し込みは不安だ…」

という方は、店舗に行って発行することが出来ます。

マルイでの申し込みも可能

エポスカード(公式)を作る

※年会費無料

また、エポスカードについて、もっと詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

参考エポスカードの解説|1枚で「海外旅行サポート」と「国内優待サービス」が欲しいならエポスカードしかありません。

【7位】JALカードnavi

JALカードnaviの特徴

学生向けクレカの中で、唯一マイルを貯められるのが「JALカードnavi」です。

JALカードnavi 公式

JAKカードnavi

マイルとは「航空会社のポイント」のこと。

マイルを貯めれば航空券との交換ができるため、

「日常生活の全ての支払いをJALカードnaviで行い、1年に1回沖縄へタダで行く」

みたいな生活が理論上は可能です。

大学生 マイル 貯める

と言うのも、マイルは本当に使い勝手が悪い。

最低でも6000マイル(60万円分の買い物)貯めないと航空券には交換できないのです。大学生のクレジット利用の大半が月1万円以下なことを考えると、航空券にたどり着くまでの道はかなり遠い。

「マイルのために生活方法を変える!!」

くらいの意気込みがあるなら大きなメリットになりますが、大多数の学生にはメリットがないのが本音です。

マイルが貯められる唯一のカード

JALカードnaviを公式サイトで作る

※年会費無料

また、JALカードnaviでマイルを貯める方法を詳しく知りたい方は、以下のページをご覧ください。

参考JALカードnaviの解説|日常生活でマイルを貯めたいならJALカードnaviがNo.1です。

【8位】Yahoo! JAPANカード

Yahoo!JAPANカードの特徴

「日本で最もTポイントを貯められる」をウリにしているのが「Yahoo! JAPANカード」です。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

Tポイントカードとしても使え、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」などのYahoo!関連サービスならばポイント2倍。

ただ、それ以外のメリットは非常に乏しく、

「Yahoo!関連サービスばっかり使って生きてます!」

みたいな学生以外は作る意味がありません。

広告でよく見かけるため、持っている学生は多少いるものの、大多数の学生は上位のクレジットカードを作るべきです。

Yahoo! JAPANカード

Tポイントが貯まりやすい

Yahoo!カード(公式)を作る

※年会費無料

また、Yahoo!Japanカードについて、もっと詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

参考Yahoo! JAPANカードの解説|Tポイントをお得に貯めたいのならYahoo! JAPANカードしかありません。

【9位】三井住友カード(学生)

三井住友カード(学生)の特徴

デビュープラスカードの下位互換が「三井住友カード(学生)」です。

三井住友カード

三井住友カード(学生)

このカードは、決して悪いカードではありません。

三井住友カードのスタンダードカードとして、社会人には絶大な人気を誇っています。

しかし、「デビュープラスカード」と比べると分が悪い。

「デビュープラスカード」は学生向けにおトクな機能を兼ね揃えた王道のカードです。機能を見比べてみても、「三井住友カード(学生)」が勝っている点はほとんどありません。

三井住友カード(学生)とデビュープラスの違い

繰り返しになりますが、決して悪いカードではありません。

ただ、「三井住友カード デビュープラス」が存在する以上、大学生が作るメリットはほとんどないのです。

三井住友カード(公式)を作る

【10位】三菱UFJニコスイニシャルカード

三菱UFJイニシャルカードの特徴

持っている学生の数の割にメリットが少ないのが「三菱UFJニコス イニシャルカード」です。

三菱UFJニコスイニシャルカード

三菱UFJニコス イニシャルカード

同じ言葉になってしまいますが、決して悪いカードではないのです。

学生が作れる50枚以上のカードの中で10位に入っているのです。悪い訳がない。

年会費は無料ですし、各種保証もしっかりしています。

ただ、それだけです。ランキング上位陣と比べるような独自メリットは存在しません。

一時は、三菱UFJ銀行の支店で勧誘されていたため持っている学生も多いのですが、今から作るメリットはないでしょう。

イニシャルカード(公式)を作る

まとめ

クレジットカードには、それぞれの特徴があります。

何を優先するかはあなた次第ですので、一覧表をもとに、お気に入りのクレカを見つけてください。

クレジットカードの一覧

悩むのであれば、ランキング上位のクレジットカードから選べば間違いありません。

特に【1位】三井住友カード デビュープラスは、

  • 年会費入会費無料
  • 世界中で使えるVISA
  • ポイント還元率2倍
  • 盗難 / 不正利用保障
  • ステータスカードへの自動ランクアップ

以上のように、学生が求める機能を完全に満たしているため、持っておいて損はありません。

申し込みは5分で完了

三井住友デビュープラス(公式)を作る

※年会費無料

この記事は大学生のクレジットカード講座【第6回】です。

他のページをご覧になりたい方は、以下からどうぞ。

【第1回】
クレジットカードを持つべき理由

【第2回】
クレジットカードの作り方

【第3回】
クレジットカードの審査基準

【第4回】
クレジットカードの危険性と安全性

【第5回】
はじめてのクレジットカードの使い方

【第6回】(今のページ)
クレジットカード10枚の比較

【第7回】
王道の三井住友カード デビュープラス

男子が注目している記事

三井住友カード ゴールド公式 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

学生向けクレカの比較 2

学生が持てるクレジットカードの人気トップ10を解説、比較する記事です。 日本には学生が持てるクレジットカードが50種類以上存在します。しかし、現実的に持つメリットが存在するカードは10種類ほどに限られ ...

夏のメンズファッション 2020年 3

おしゃれ初心者〜中級者向けのファッション解説記事です。 はっきり言って、おしゃれ上級者の人にはつまらない記事になっています。このページでは「おしゃれを楽しむ」や「服で自己実現をする」ではなく、 「おし ...

就活で成功するサービス 4

内定に近づく就活サービスは、確実に存在します。 例えば、ES(エントリーシート)に悩む学生は多い。 初めて書く自己PR、慣れない書式、そして何より「正解が分からない」という恐怖。 「正解が分からないの ...

-クレジットカード

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2020 All Rights Reserved.