学生に人気のクレジットカード10枚の比較とランキングまとめ

投稿日:2018年5月25日 更新日:

クレジットカード ランキング

学生が持てるクレジットカードの人気トップ10を解説、比較する記事です。

日本には学生が持てるクレジットカードが50種類以上存在します。しかし、実際に明確なメリットが存在するカードは10種類にも及びません。

そこで今回は、学生向けクレカのトップ10に注目し、

  1. ランキング発表と簡単な結論
  2. クレジットカードを項目ごとに比較
  3. 学生クレカのランキングを解説

この3つに分けて、学生向けクレジットカードのランキングを解説します。

「とりあえずクレカが欲しい学生」はランキング上位を、「自分でしっかり考えたい学生」は比較項目から選択すれば間違いありません。

学生向けクレジットカードのランキングと簡単な結論

学生 クレジットカード ランキング

学生向けクレジットカード一覧表

クリック,タップで拡大

長い記事ですので、結論を先にお話します。

学生向けクレジットカードのランキングは以下の通り。クリック,タップでページ下部解説ページにジャンプします。

【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
→学生カード最大手。手厚い保証とゴールドカードへの自動ランクアップが魅力。

【2位】エポスカード
→国内10000店舗で優待 + 海外旅行サポート。

【3位】セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード
→最強の海外旅行サポート。

【4位】楽天カード
→ポイントが貯まりやすい。楽天のヘビーユーザーなら間違いなし。

【5位】JCBカード エクステージ
→唯一の純国産プロパーカード(後述)。将来のステータスへ。

【6位】学生専用ライフカード
→審査がゆるい + 海外旅行サポート

【7位】JALカード navi
→マイルが貯まりやすい。飛行機のタダ乗りを目指す人に。

【8位】Yahoo! JAPANカード
→楽天カードの下位互換。Yahoo!のヘビーユーザーならこちら。

【9位】三井住友VISAクラシックカードA(学生)
→悪くはないが、上位陣に勝てる要素なし。三井住友銀行で勧められるため、持っている学生は多い。

【10位】三菱UFJニコス イニシャルカード
→何のメリットもない。三菱UFJ銀行で勧められるため、持っている学生は多い。

以上のランキングを元に「大学生はこれを見ろ」では、以下の2択を学生の方にオススメしています。

  • 【1位】三井住友VISAデビュープラスカードを持つ
  • 【1位】三井住友VISAデビュープラスカードに加えて、【3位】セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカードを持つ

簡単に理由をお話します。

【1】三井住友VISAデビュープラスカードを持つ

三井住友カード 大学生

学生向けクレジットカードの王道が「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

白 クレジットカード 大学生

三井住友VISAデビュープラスカード

学生カードにおける抑えておきたいポイント。

  • 年会費無料
  • 審査に通る
  • ポイントが貯まりやすい
  • 電子マネーとの連携がスムーズ
  • サポートデスクが親切

などに加えて、独自のメリットとして「ゴールドカードへの自動ランクアップ制度」を採用しているのが特徴です。

デビュープラスカード 自動ランクアップ

「王道の機能に加えて、年齢に応じたステータスカードを自動的に手に入れることができる」

この要素によって、大多数の学生は「三井住友VISAデビュープラスカード」を選べば間違いありません。

【公式サイト】
三井住友VISAデビュープラスカード詳細ページ

【当サイト内解説ページ】
三井住友VISAデビュープラスカードの解説|王道の学生クレカが欲しいならデビュープラスカードが鉄板です。

【1位】に加えて、【3位】セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカードを持つ

セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード 大学生

海外旅行や留学に最適なのが「セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード」です。

セゾンブルー ・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード

一部のクレジットカードには「海外旅行障害保険」や「海外デスクサポート」「宿泊優待」などの海外向けサービスが存在します。

通常は社会人しか持てないゴールドカード以上に付帯するサービスですが、「セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード」にはゴールドカードレベルの海外向けサービスが適用されているのです。

セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード 海外旅行サービス

そして、【1位】三井住友VISAデビュープラスカードに唯一足りないサービスが「海外向けサービス」なのです。

そのため、【1位】三井住友VISAデビュープラスカードに加えて、【3位】セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカードを所持しておけば国内外で困ることはなくなります。

セゾンブルー・アメックスカード 大学生

【公式サイト】
セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード詳細ページ

【当サイト内解説ページ】
セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードの解説|海外旅行や留学に特化したクレカならセゾンブルーで決まりです。

ちなみに、【2位】エポスカードは、

(【1位】+【3位】)÷ 2

みたいなカードです。単体ならメリットがあるのですが、【1位】と【3位】の2枚持ちに適う要素はありません。

【公式サイト】
エポスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
エポスカードの解説|1枚で「海外旅行サポート」と「国内優待サービス」が欲しいならエポスカードしかありません。

学生向けクレジットカードを項目ごとに比較

学生向けクレジットカード 比較

それでは、学生向けクレジットカードの人気トップ10枚を項目ごとに比較していきます。

比較項目は次の7つです。

【審査の通りやすさ】
→「学生でも審査に通る」をベースに、借金や延滞履歴の有無はどうか。

【年会費】
→学生カードの大半は年会費無料だが、一部有料カードもあり。

【ポイント還元率】
→カードは使うたびにポイントが貯まる。ポイントを貯めたいなら最重要項目。

【将来のステータス性】
→ゴールドカードやプラチナカードにランクアップできるのか。

【海外旅行サポート】
→困ったときの電話サポートや保険機能は付いているのか。

【決済ブランド】
→「どこで使えるのか」は、決済ブランドに左右される。

【独自性】
→そのカードだけのメリットはあるのか。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

審査の通りやすさ

学生向けクレジットカード 審査の通りやすさ比較

【◎】
→審査は緩い。信用情報に問題のある大学生、専門学生でも通る可能性が高い。

【○】
→審査は普通。多少の問題がある大学生、専門学生ならば通る。

【△】
→審査が厳しい。問題がない大学生、専門学生しか通らない。

便宜上「△」がありますが、普通の大学生(専門学生)ならばどのカードを選んでも審査に通ることは可能です。

では、上記で記載した「問題のある学生」とは、何か。具体的には、次の3つです。

  1. 現在進行形で借金がある
  2. 借金やローンの延滞履歴がある
  3. クレジットカード3枚以上持っている

上記の3点に当てはまる学生はクレジットカードの審査に通りづらい。そのため、比較表の「◎」に該当するクレジットカードを中心に申し込むことになります。

どれにも当てはまらない学生は、どの学生向けカードを作ることも可能です。

「三井住友VISAデビュープラスカード」や「JCBカード エクステージ」を中心に、好きなカードを作っていきましょう。

年会費

学生向けクレジットカード 年会費 比較

学生向けクレジットカードの大半は年会費が無料のため、さほど気にする必要はありません。

卒業後は年会費がかかるクレジットカードでも、大半が1000円前後。比較表の中で一番高くなってしまうのは「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」の3000円ですが、26歳の誕生日までに解約すれば払う必要はありません。

また、「三井住友VISAデビュープラスカード」の『実質無料』は、

初年度無料。1年に1度でも利用した場合は次年度も無料。

利用がなければ次年度1350円。

となっているため、『実質無料』という認識で問題ありません。

ポイント還元率

学生向けクレジットカード ポイント還元率

全てのクレジットカードは利用するごとにポイントが貯まっていきます。

「普通のクレジットカード」は0.5% いわゆる「お得なクレジットカード」は1.0%のポイントが付与されます。

【普通のクレジットカード】
1000円利用で5円分のポイントが付く。10万円利用なら、500円分のポイント。

【お得なクレジットカード】
1000円利用で10円分のポイントが付く。10万円利用なら、1000円分のポイント。

正直に言って、学生のクレカ利用額で換算すれば微々たる金額です。

社会人になって年間100万円以上使うなら一考の余地もありますが、学生の時はさほど気にしなくて構いません。

将来のステータス性

将来のステータスカード 比較

【◎】
上位にホンモノのステータスカードが存在する。

【◯】
上位に一応ステータスカードが存在する。

【△】
上位のカードにステータスが存在しない。

【 × 】
上位カードが存在しない。

高級車や高級時計が羨望の目を向けられるように、一部のクレジットカードにもステータス性が存在します。

日本における有名なステータスカードは「三井住友カード」と「JCBカード」の上位カードシリーズである「三井住友VISAプラチナカード」と「JCBカード THE CLASS」の2券種。この2枚は、名実揃ったステータスカードのため取得は容易ではありませんが、大学生の時から系列カードを使っていると後々の審査にプラスの影響を与えられます。

プラチナカード 大学生

三井住友VISAプラチナカード

特に、三井住友カードは、早期の系列カードの取得を重要視しています。

学生カードの「デビュープラスカード」を取得しておけば、ゴールドカードまでは自動ランクアップが適用されるのです。プラチナカードへは審査が必要ですが、それでも社会人になってから申請するより難易度は大きく下がります。

将来のステータス性を意識する学生はチェックしておいて損はありません。

デビュープラスカード 自動ランクアップ

また、【◯】以下のカード群のステータス性はオススメしません。

例えば、エポスカードの上位には「エポスプラチナカード」が存在しますが、券面が黒いだけでステータス性は存在しません。審査もさほど厳しくなく、一定レベル以上の社会人なら誰でも持つことが出来るのです。

簡単に持てるプラチナカード

エポスプラチナカード

見栄だけで持つなら"あり"ですが、分かる人が見れば「ステータスカード(笑)」になってしまうので注意が必要です。

海外旅行サポート

海外旅行サポート 学生向けクレジットカード

【△】
海外における盗難保証、ショッピング保証等。

【◯】
上記に加えて、海外旅行障害保険、海外電話サポート等。

【◎】
上記に加えて、Wi-Fi無料レンタル、手荷物無料宅配等。

※どのカードも国内外問わず使えます。

クレジットカードは海外利用における強い味方です。

特に、【◯】以上のカードで適用される、

【海外旅行障害保険】
海外での高額医療費を保障してくれる。社会保障費を払っていない海外では、単純な診療でも数万円を取られることがあるため心強い。

【海外電話サポート】
海外でも日本語で対応してくれる。現地情報の案内から、ホテルの予約まで。

上記2つは非常に心強いサービスです。

加えて、学生カードは年会費無料にも関わらず、持っているだけでサービスを受けられるのです。海外に行く予定がある学生は、この項目を重視しておくと良いでしょう。

決済ブランド

決済ブランド 学生向けクレジットカード

【◎】
「VISA」「MasterCard」「JCB」から好きに選べる。

【◯】
加盟店の多い「VISA」が使える

【△】
加盟店の少ない「JCB」か「AMEX」しか使えない。

そもそも、クレジットカードは「カード発行会社」と「決済ブランド会社」の2つが組み合わさって出来ています。

【例】

・三井住友VISAカード
三井住友カード(カード会社)+ VISA(決済ブランド)

・セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード
クレディセゾン(カード会社)+ アメックス(決済ブランド)

そして、「カード発行会社」によってサービスや保険内容が決まり、「決済ブランド会社」によって『どこで使えるか』が決定します。

メジャーな決済ブランドは以下の4つ。

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス(アメックス)

例えば、以下の画像のように、

海外で使える クレジットカード

「VISA」と記載されているお店では、三井住友VISAカードなどの「VISA」しか使うことが出来ません。

或いは、「アメリカンエキスプレス」としか書いていなければ、セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードなどの「アメリカンエキスプレス」しか使うことが出来ない訳です。

決済ブランドの特徴は以下の通り。

【VISA】
世界最大の決済ブランド。欧米、アジア、日本国内、世界各国どこでも使える。故に、クレジットカード1枚目はVISAを選ぶのが大原則になる。

【Master Card】
VISAに次いで2番手。国内、国外ともにほとんど使えるが、VISAを外してこちらを選ぶ意味はない。

【JCB】
日本唯一の決済会社。国内ではほとんど使えるが、海外では弱い。

【アメリカンエキスプレス(アメックス)】
加盟店少なめ。元々、富裕層メインのため、先進国都市部では問題ないが田舎や発展途上国では使いづらい。

そのため、1枚目のクレジットカードは「VISA」を持つのが基本。

2枚以上のカードを持つのであれば、決済ブランドが被らないようにすると使い勝手が良くなります。

独自性

学生向けクレジットカード 特徴

文字通り、そのカードだけの特徴です。

この項目に関しては、何を重要視するかは人それぞれです。将来のステータス性を重視するなら「ゴールドカードへの自動ランクアップ」は捨てがたく、楽天のヘビーユーザーなら「楽天サービスで優待」は外せません。

また、下位2枚に関しては「特になし」です。

悪いカードではないのですが、他の8枚を除いて発行する意味はありません。

学生向けクレジットカードのランキングを解説

学生向けクレジットカード 解説

それでは、ここまでの比較項目を前提に、学生向けクレジットカードのランキングを解説します。

クレジットカードに何を望むのかによって正解は異なりますが、基本的にはランキング上位のカードを作れば問題ありません。

ランキングは以下の通り。

【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
→学生カード最大手。手厚い保証とゴールドカードへの自動ランクアップが魅力。

【2位】エポスカード
→国内10000店舗で優待 + 海外旅行サポート。

【3位】セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード
→最強の海外旅行サポート。

【4位】楽天カード
→ポイントが貯まりやすい。楽天のヘビーユーザーなら間違いなし。

【5位】JCBカード エクステージ
→唯一の純国産プロパーカード(後述)。将来のステータスへ。

【6位】学生専用ライフカード
→審査がゆるい + 海外旅行サポート

【7位】JALカード navi
→マイルが貯まりやすい。飛行機のタダ乗りを目指す人に。

【8位】Yahoo! JAPANカード
→楽天カードの下位互換。Yahoo!のヘビーユーザーならこちら。

【9位】三井住友VISAクラシックカードA(学生)
→悪くはないが、上位陣に勝てる要素なし。三井住友銀行で勧められるため、持っている学生は多い。

【10位】三菱UFJニコス イニシャルカード
→何のメリットもない。三菱UFJ銀行で勧められるため、持っている学生は多い。

繰り返しになりますが、当サイト「大学生はこれを見ろ」では、

  • 【1位】三井住友VISAデビュープラスカードを持つ
  • 【1位】三井住友VISAデビュープラスカードに加えて、【3位】セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカードを持つ

以上の2択を勧めています。

それでは、1位から順番に見ていきましょう。

【1位】三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード 機能

学生向けクレジットカードの王道とも言えるのが「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

白 クレジットカード 大学生

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、日本で最も有名なクレジットカード会社の「三井住友カード」が展開する若者向けクレジットカード。

そのため、安心感と安定感は抜群。学生カードの必須条件である、

  • 年会費実質無料
  • 不正利用 / 盗難保障完備
  • 1.0%の高いポイント還元率
  • 電子マネーとの連動

などの条件に加えて、独自要素である「ゴールドカードへの自動ランクアップ制度」を採用しているのが大きな魅力です。

デビュープラスカード 自動ランクアップ

また、クレジットカードに限らず「業界最大手のサービス」というものは非常に魅力的です。

分からないことがあればサポート電話で細かに説明してくれる。盗難や不正利用があった際にも素早く対応。「Apple pay」や「WAON」「iD」といった大半の電子マネーと提携している。

1枚目のクレジットカードとして「王道」を選ぶのは、間違いのない選択です。

【公式サイト】
三井住友VISAデビュープラスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
三井住友VISAデビュープラスカードの解説|王道の学生クレカが欲しいならデビュープラスカードが鉄板です。

ちなみに、デビュープラスカード唯一の欠点は「海外旅行サポートが弱い」ですが、【3位】セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカードとの2枚持ちにすることでお互いの短所を補完することが出来ます。

もちろん、海外旅行サポートを必要としないのなら、デビュープラスカード1枚で充分です。

【2位】エポスカード

エポスカード まとめ

デビュープラスカードに次いで、安定した人気を誇っているのが「エポスカード」です。

エポスカード 公式

エポスカード

エポスカードは、「【1位】デビュープラスカードからステータス性をとって、海外旅行サポートを加えたカード」と考えると分かりやすい。

基本となる機能は同じなのです。ショッピングビルで有名な「マルイグループ」が展開していて、安心感は申し分ない。年会費は無料で、電子マネーとの連携もできる。

ただ、「ステータス性」と「海外旅行サポート」だけが違います。

【エポスカード】
海外旅行サポートあり。将来のステータス性なし。

【デビュープラスカード】
海外旅行サポートなし。将来のステータス性あり。

どちらを選ぶかは人それぞれですが、たまにしか行かない「海外サポート」より「ステータス性」を取る人が多いのが現状です。

【公式サイト】
エポスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
エポスカードの解説|1枚で「海外旅行サポート」と「国内優待サービス」が欲しいならエポスカードしかありません。

【3位】セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード

セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード まとめ

圧倒的な海外旅行サポートで人気を集めているのが「セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード」です。

セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード 公式

セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード

このカードの特徴は非常に分かりやすい。

「国内ではメリットなし。海外では最強の学生カード」

これだけ。

国内では他の学生カードに敵う要素はありません。ポイント還元率も並ですし、ステータスカードへのランクアップもない。

ところが、海外では別。

  • 圧倒的な保障額の海外旅行障害保険
  • 日本語で通じる電話サービス
  • 海外利用でポイント2倍
  • 海外用Wi-Fi無料レンタル
  • ホテル宿泊優待サービス

と、メリットを挙げ始めればキリがないのです。

セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード 海外旅行サービス

そのため、1枚目のメインカードとしては弱いものの「海外を意識した緊急時の2枚目カード」としては圧倒的な人気を誇っています。

特に、【1位】三井住友VISAデビュープラスカードと組み合わせれば国内外での使い勝手が倍増するため、大半の学生が2枚持ちを選択しています。

セゾンブルー・アメックスカード 大学生

【公式サイト】
セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードの解説|海外旅行や留学に特化したクレカならセゾンブルーで決まりです。

【4位】楽天カード

楽天カード まとめ

ポイントをお得に貯めたいと考えている学生は「楽天カード」です。

楽天カード 公式

楽天カード

楽天カードは「学生向けクレジットカードの中で最もポイントが貯まりやすいカード」と言っても過言ではありません。

基本の還元率1.0%に加えて、楽天市場ではポイント3倍、街の加盟店でもポイント3倍。加えて、「1ポイント=1円」で簡単に使えるため、ポイントが無駄になることもありません。

楽天カード 優待店

ただ、大学生の利用金額は、そもそもが少ない。

楽天市場で1ヶ月に1万円使ってもポイントは300円です。そのため、ポイントを集めるつもりがない学生には、楽天カードのメリットはなくなってしまいます。

「楽天カードマン」のCM効果で持っている学生は多いのですが、人気に対しての実力は乏しいのは否定できません。

【公式サイト】
楽天カード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
楽天カードの解説|「ポイントが貯まりやすい学生クレカ」が欲しいなら楽天カードを検討してみてください。

【5位】JCBカード エクステージ

JCBカード エクステージ まとめ

「正統派」や「純国産」が好きな人に人気なのが「JCBカード エクステージ」です。

JCBカード エクステージ 公式

JCBカード エクステージ(赤,シルバーもあり)

正直に言って、学生カードとしては【1位】三井住友VISAデビュープラスカードの下位互換です。

下記の比較表を見れば分かるように、客観的には勝っている要素が1つもありません。

デビュープラスカード JCBカード エクステージ 比較

しかし、「JCBカード エクステージ」は、学生が持てるクレジットカードの中では唯一のプロパーカードです。

【プロパーカードとは】

決済ブランドが発行しているカードのこと。

通常、クレジットカードは「カード発行会社」と「決済ブランド」の2つが組み合わさって発行している。

[例]
三井住友カード+VISA=三井住友VISAカード

しかし、クレジットカードの中には、ごく少数だが「決済ブランド会社」が直接発行しているカードが存在し、学生が作れるカードの中では「JCBカード エクステージ」のみが該当する。

厳密に言えば、プロパーカードに具体的なメリットがある訳ではありません。

しかし、「正統派」や「ブランド力」「純国産」などの要素からJCBカードを愛用する社会人は多い。例えば、日本最大の医師コミュニティ「エムスリー」はJCBカードの最上級「JCBカード THE CLASS」と提携しています。

JCB THE CLASS 大学生

JCB THE CLASS

「JCBカード エクステージ」を持っているからと言って、確実に「JCBカード THE CLASS」が手に入る訳ではありません。

ただ、ステータスカードの審査には「所持年数」も影響するため、将来の純国産ステータスカードを狙うのなら「JCBカード エクステージ」を持っておくと良いでしょう。

border="0"

【公式サイト】
JCBカード エクステージ申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
JCBカード エクステージの解説|「イメージの良い学生カード」が欲しいならJCBカード エクステージが最適です。

余談ですが、「JCB」はディズニーリゾートの数少ないオフィシャルスポンサーです。

そのため、「JCBカード エクステージ」には、券面にディズニーを印刷したオリジナルデザインも存在します。興味のある方は、上記の公式サイトでご確認ください。

JCBカード エクステージ ディズニーデザイン

JCBカード エクステージ(ディズニーデザイン)

【6位】学生専用ライフカード

学生専用ライフカード まとめ

3枚目以降の海外用カードとして心強いのが「学生専用ライフカード」です。

学生専用ライフカード 公式

学生専用ライフカード

「学生専用ライフカード」は、単純な機能で言えば【2位】エポスカードや【3位】セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカードに敵う要素はありません。

ただし、「審査がゆるい」+「海外旅行サポート」を実現しているのは学生専用ライフカードだけです。

そのため、既に複数枚のクレジットカードを持っていても「海外旅行用カード」として発行することが出来ます。決済ブランドも、

  • VISA
  • Master Card
  • JCB

から好きに選べるため、自分が持っていない決済ブランドを選べば使い勝手も抜群。

1枚目、2枚目のメインカードとしては弱いものの、3枚目以降のサブカードとして抜群の機能性を誇るのです。

学生 海外旅行カード

【公式サイト】
学生専用ライフカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
学生専用ライフカードの解説|「海外旅行サポート」と「審査のゆるさ」を両立しているのはライフカードだけです。

【7位】JALカードnavi

JALカードnavi まとめ

学生向けカードの中で最もマイルを貯められるのが「JALカードnavi」です。

JALカードnavi 公式

JALカードnavi

マイルとは「航空会社のポイント」のこと。

マイルを貯めれば航空券との交換ができるため「日常生活の全ての支払いをJALカードnaviで行い、1年に1回沖縄へタダで行く」みたいな生活をしている大学生も存在します。

大学生 マイル 貯める

ただし、マイルは使い勝手が非常に悪い。

最低でも6000マイル(60万円分の買い物)貯めないと航空券には交換できないのです。大学生のクレジット利用の大半が月1万円以下なことを考えると、航空券にたどり着くまでの道はかなり遠い。

「マイルのために生活方法を変える!!」

くらいの意気込みがあるなら大きなメリットになりますが、大多数の学生にはメリットがないのが本音です。

【公式サイト】
JALカードnavi申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
JALカードnaviの解説|日常生活でマイルを貯めたいならJALカードnaviがNo.1です。

【8位】Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード まとめ

「日本で最もTポイントを貯められる」をウリにしているのが「Yahoo! JAPANカード」です。

Yahoo! JAPANカード 公式

Yahoo! JAPANカード

Tポイントカードとしても使え、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」などのYahoo!関連サービスならばポイント2倍。

ただ、それ以外のメリットは非常に乏しく、

「Yahoo!関連サービスばっかり使って生きてます!」

みたいな学生以外は作る意味がありません。

広告でよく見かけるため、持っている学生は多少いるものの、大多数の学生は上位のクレジットカードを作るべきです。

【公式サイト】
Yahoo! JAPANカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
Yahoo! JAPANカードの解説|Tポイントをお得に貯めたいのならYahoo! JAPANカードしかありません。

【9位】三井住友VISAクラシックカードA(学生)

三井住友VISAクラシックカードA(学生) まとめ

ものすごく器用貧乏なのが「三井住友VISAクラシックカードA(学生)」です。

三井住友VISAクラシックカード 公式

三井住友VISAクラシックカードA(学生)

名前を見れば分かるように、【1位】三井住友VISAデビュープラスカードと同系列のカード。

元々「クラシックカード」は社会人向けのカードだったのですが、海外旅行サポートが弱い「デビュープラスカード」を補完する形で学生向けも誕生。

しかし、三井住友カード側は学生カードとして「デビュープラスカード」を推しているため、非常に中途半端な出来になっています。

デビュープラスカード×クラシックカード 比較

「年会費」と「ポイント還元率」では完敗。ステータス性においても「自動ランクアップ」が存在するデビュープラスカードの方が得。

「海外旅行サポート」では勝っていますが、そこを重視するなら【2位】エポスカードや【3位】セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードの方が良い。

決して悪いカードではないのですが、【1位】三井住友VISAデビュープラスカードが存在する以上、学生が作る意味はあまりないのです。

【公式サイト】
三井住友VISAクラシックカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
三井住友VISAクラシックカードの解説|社会人のスタンダードカードを今から持ちたいのならクラシックカードです。

【10位】三菱UFJニコスイニシャルカード

三菱UFJニコス イニシャルカード まとめ

持っている学生の数の割に何のメリットもないのが「三菱UFJニコス イニシャルカード」です。

三菱UFJニコス イニシャルカード 公式

三菱UFJニコス イニシャルカード

はっきり言って、何のメリットもない。

一時は、三菱UFJ銀行の支店で勧誘されていたため持っている学生も多いのですが、上位カードに勝てる要素がない。

本来、メガバンクグループの「三井住友カード」や「三菱UFJニコス」のカードは『ステータス』や『イメージ』を重視していました。ところが、近年の新カード会社の台頭に依って、方向転換を余儀なくされた。

三井住友カードは『ステータス』を維持しました。結果、三井住友VISAプラチナカードはいまだ日本を代表するステータスカードとして君臨し、若年層向けの【1位】三井住友VISAデビュープラスカードも高い人気を誇っています。

白 クレジットカード 大学生

三井住友VISAデビュープラスカード

プラチナカード 大学生

三井住友VISAプラチナカード

三菱UFJニコスは『ステータス』を捨て、万人ウケする方向性を選びました。結果、細やかなサービスでは【2位】エポスカードや【4位】楽天カードに負け、ステータスでは【1位】デビュープラスカードや【5位】JCBカードの上位カードに完敗しています。

そのため、学生が今から作るメリットは存在しません。

強いて言えば、デザインはおしゃれです。

【公式サイト】
三菱UFJニコス イニシャルカード申し込みページ

まとめ

学生向けクレジットカードの機能は一長一短のため、どれが最適かは人によって異なります。そのため、ランキング表を基準に、自分が何を求めるのかを考えて選ぶのが正解です。

学生向けクレジットカード一覧表

クリック,タップで拡大

細かいこだわりが無いのであれば、ランキング上位から選べば間違いはありません。それでも迷うのなら、

王道カードとして【1位】三井住友VIASデビュープラスカードを、

【公式サイト】
三井住友VISAデビュープラスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
三井住友VISAデビュープラスカードの解説|王道の学生クレカが欲しいならデビュープラスカードが鉄板です。

海外旅行用カードとして【3位】セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカードの2枚持ちを選択すれば、クレジットカードのメリットを最大限に受けることが出来ます。

セゾンブルー・アメックスカード 大学生

【公式サイト】
セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードの解説|海外旅行や留学に特化したクレカならセゾンブルーで決まりです。

また、

「クレジットカードの使い方」

「クレジットカードの注意すべきポイント」

などの基礎知識は以下の記事で解説しています。興味のある方は、こちらもご覧ください。

【参考記事】
大学生のクレジットカードへの疑問やおすすめ、選び方が一目で分かる記事







話題の記事

クレジットカード 学生 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

夏 メンズファッション 2

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 3

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

海外 留学 クレジットカード 4

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

学割 おトク 5

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-お金、ビジネス, 大学生活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2018 All Rights Reserved.