クレジットカードの決済(国際)ブランド|VISA ,MasterCard,JCB,アメックスの違いを解説する

投稿日:2019年3月9日 更新日:

クレジットカード 決済ブランド

大半のクレジットカードは、2つの会社が組み合わさって出来ています。

つまり、

【カード発行会社】
→カードを発行している会社。ポイントや保険などの各種サービスを担当。「三井住友カード」や「楽天カード」など。

【決済ブランド会社】
→決済機能を提供している会社。利用者とお店のお金を繋いでいる。「VISA」や「JCB」など。

この2つです。

ところが、大学生は「カード発行会社」ばかりに注目しがち。クレジットカードのことをしっかり理解したいのなら「決済ブランド会社」を外すことは出来ないにも関わらず、です。

そこで今回は、クレジットカードにおける決済ブランドの一般常識を解説します。

【好きな決済ブランドでカードを作るなら】

「楽天カード(公式サイト)」なら、日本で一般的に使われている全ての決済ブランドを選ぶことが出来ます。

公式サイトから5分ほどで申し込みは完了。1週間ほどで手元に届くためスピード感もばっちりです。

決済(国際)ブランドとは

決済(国際)ブランドは、世界中のクレカの決済機能を担っています。

代表的な決済ブランドは次の4つ。

  • VISA(ビザ)
  • MasterCard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)

日本で発行される全てのクレジットカードは上記4社のいずれかと属していて、カードの右下にロゴが入っています。

例えば、「三井住友VISAカード」は、「三井住友カード」と「VISA」の提携。

三井住友カード 国際ブランド

三井住友VISAデビュープラスカード

「楽天カード」は、好きな決済ブランドを選べます。下記のデザインなら「楽天カード」と「AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)」の提携。

楽天カード アメリカンエキスプレス

楽天カード

「JCBカード エクステージ」は、発行会社と決済会社が同じ珍しいカードです。両方とも「JCB」が担当しています。

JCBカード 大学生

JCBカード エクステージ

では、決済ブランドによってどんな特徴が生まれるのか。

分かりやすく解説していきます。

「どこで使えるか」が決まる

決済ブランドによって「どこでカードを使えるか」が決まります。

意識していないと気付きにくいのですが、クレジットカードが使えるお店の前には必ず決済ブランドの表記がしてあります。

例えば、この写真を見てください。

VISA MasterCard

こんな表記があったのなら「VISA」と「MasterCard」しか使うことは出来ません。「JCB」や「AmericanExpress」のカードを出しても断られるだけです。

反対に、こんな写真のお店ならば全てのクレジットカードが使えます。

VISAもJCBも使えるお店

日本国内で発行できるカードだけでなく、

  • アメリカのDISCOVER(ディスカバー)
  • 中国の銀聯(ぎんれん)

などが使えるのが分かります。

それぞれのブランドの特徴

4大国際ブランド

各決済ブランドには、以下のような特徴があります。

【VISA】
世界最大の決済ブランド。欧米、アジア、日本国内、世界各国どこでも使える。故に、クレジットカード1枚目はVISAを選ぶのが大原則になる。

【MasterCard】
VISAに次いで2番手。国内、国外ともにほとんど使える。悪くはないが、VISAを外してこちらを選ぶ意味はない。

【JCB】
日本唯一の決済会社。国内では強いが、海外では弱い。国内でしか利用しないのならJCBもあり。

【AmericanExpress】
加盟店少なめ。元々、富裕層メインのため、先進国都市部では問題ないが田舎や発展途上国では使いづらい。

日本国内では全ての決済ブランドが使えることが多いため、さほど神経質に選ぶ必要はありません。

ただ、迷うのであれば、

  • 世界中で強いVISA
  • 日本国内で強いJCB

このどちらかを選べば間違いないでしょう。

複数の決済ブランドを持つのが正解

VISA アメリカンエキスプレス

もし、2枚以上のクレジットカードを持つのであれば、決済ブランドは別々のものを持つのが正解です。

と言うのも、決済ブランドはネットワークシステムですので、なんだかんだシステム障害が定期的に起こります。

直近で言えばJCBが1時間ほど使えないとニュースになっていましたね。

【外部サイト】
JCBカードが決裁できないトラブルが発生⇒1時間ほどで復旧。JCB「システム障害の影響」

1年に1回あるかないかのトラブルですが、クレジットカードを使うときって、毎回何かしらの理由があることが多い。

いざという時に使えないと本当に不便ですので、2種類以上の決済ブランドがあると安心なのです。

海外旅行中は、特に。

決済ブランドが自由に選べるクレジットカード3選

お金がかからないクレジットカード

基本的に、クレジットカードの決済ブランドは固定です。

大学生の王道クレカ「三井住友VISAデビュープラスカード」は『VISA』で固定ですし、海外旅行サポートが強い「セゾンブルー ・アメリカン・エキスプレス・カード」は『AmericanExpress』で固定です。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

しかし、一部のクレジットカードは決済ブランドを自由に選ぶことが出来ます。

そのため、決済ブランドに強いこだわりがある場合や、複数枚のクレカを持つときは非常に便利です。

決済ブランドを自由に選べるカードは次の3つ。

【楽天カード(公式サイト)】
→VISA,MasterCard,JCB,AmericanExpressの全ての決済機能を選べる唯一の学生向けクレジットカード。手軽に発行できる。

【学生専用ライフカード(公式サイト)】
→VISA,MasterCard,JCBを選べる。年会費無料で海外旅行傷害保険が付いているため、海外用のサブカードに最適。

【Yahoo! JAPANカード(公式サイト)】
→VISA,MasterCard,JCBを選べる。上記2枚に比べるとメリットは少なく、選ぶ意味はあまりない。

それでは、1枚ずつ詳しく解説します。

楽天カード

楽天カード 大学1年生

全ての決済ブランドを選べる唯一の学生向けクレカが「楽天カード」です。

楽天カード

楽天カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

この3つを選べる学生向けクレジットカードは何枚か存在しますが、

  • AmericanExpress

を加えた全ての決済ブランドを選べるのは「楽天カード」だけ。年会費も無料ですので、サブカードとしては選びやすい。

楽天カードお買い物パンダデザイン

楽天カード(お買い物パンダデザイン)

加えて、大学生なら誰でも発行できて、発行スピードが早いのも嬉しいポイント。

カード自体に明確なメリットがある訳ではありませんが、

「手軽なサブカード」

としては悪くない1枚です。

【公式サイト】
楽天カード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
楽天カードの解説|「ポイントが貯まりやすい学生クレカ」が欲しいなら楽天カードを検討してみてください。

学生専用ライフカード

ライフカード トップページ

海外旅行用のサブカードとして最適なのが「学生専用ライフカード」です。

学生専用ライフカード 公式

学生専用ライフカード

選べる決済ブランドは、

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

この3つだけですが、持っているだけで「海外旅行傷害保険」が適用されるのが嬉しいポイント。

【海外旅行傷害保険とは】

海外での高額医療費のための保険。

社会保障費を払っていない海外では、単純な診療でも数万円を取られる。万が一、手術になれば数百万円になることも。

そのため、海外旅行用のサブカードとしてのメリットは抜群。

おすすめは「MasterCard」です。

「MasterCard」はシェア二番手でありながら、学生が発行できるカードは少ない。加えて、保険付きで発行できるのは「学生専用ライフカード」だけですから、サブカードとして最適なのです。

学生 海外旅行カード

【公式サイト】
学生専用ライフカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
学生専用ライフカードの解説|「海外旅行サポート」と「審査のゆるさ」を両立しているのはライフカードだけです。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード 大学生

日本で最もTポイントが貯まりやすいカードが「Yahoo! JAPANカード」です。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

はっきり言って、明確なメリットがないクレジットカードです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

の3つが選べるのがメリットですが、前述の2枚のような明確なメリットがない。

強いて言えば、

「Tポイントが貯まりやすい」

ですが、最近は下火ですし、熱心に貯めている大学生は少ない。

とは言え、年会費は永年無料でデメリットもないので、サブカードの候補としては悪くありません。

【公式サイト】
Yahoo! JAPANカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
Yahoo! JAPANカードの解説|Tポイントをお得に貯めたいのならYahoo! JAPANカードしかありません。

まとめ

大半のクレジットカードは「カード発行会社」と「決済ブランド会社」の2つが組み合わさって出来ています。

もし、決済ブランドから選ぶのであれば、

  • 世界中で使えるVISA
  • 国内最強のJCB

このどちらかを選ぶのが正解です。そして、具体的なカードとしては、

全ての決済ブランドを選べる「楽天カード」か、

【公式サイト】
楽天カード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
楽天カードの解説|「ポイントが貯まりやすい学生クレカ」が欲しいなら楽天カードを検討してみてください。

海外旅行傷害保険付きで3つの決済ブランドを選べる「学生専用ライフカード」なら間違いありません。

学生 海外旅行カード

【公式サイト】
学生専用ライフカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
学生専用ライフカードの解説|「海外旅行サポート」と「審査のゆるさ」を両立しているのはライフカードだけです。

また、決済ブランド以外の要素、

  • 将来のステータス性
  • 海外旅行サポート
  • ポイント還元率

などからクレジットカードを選びたい方は、以下の比較記事をご覧ください。

参考クレジットカード10枚の比較|50種類以上から厳選した人気トップ10のクレカを解説する

男子が注目している記事

大学生向けアプリ 1

私は、大学生にこれから流行するアプリを予想することが出来ます。 いや、予想ではありません。ほぼ確実に、これからダウンロード数が増えて、利用者が急増していくアプリが分かります。 そもそも、悲しいことに「 ...

三井住友VISAゴールドカード 券面 2

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

2019年の冬メンズファッション 3

おしゃれ初心者〜中級者向けのファッション解説記事です。 はっきり言って、おしゃれ上級者の人にはつまらない記事になっています。このページでは「おしゃれを楽しむ」や「服で自己実現をする」ではなく、 「おし ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 4

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

学割 おトク 5

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-クレジットカード

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2019 All Rights Reserved.