レポートの書き方|1時間で80点以上を取るための3つのポイント

投稿日:2016年1月21日 更新日:

レポート 大学生

「2000字程度のレポートなら、1時間で80点を取れる」

今回はそんなレポートの書き方を紹介します。

ただ、今回紹介する方法は「レポートの文章構成」や「論理展開の仕方」などと言った真っ当なレポートの書き方ではありません。

文系大学生の一般教養授業にありがちな

「1000字〜4000字で◯◯について論ぜよ」

みたいなレポート課題を「1時間」で「80点」取るための書き方です。

100点は狙えません。

しかし、80点以上は確実です。

スポンサー リンク

3つの要点で簡単に80点

大学生のレポートの大半は、本当の意味でレポートの内容を評価されている訳ではありません。

卒論や院生のレポートならともかく、一般教養や1,2年の必修科目なんて専門性も低く、考察による大きな差も生まれにくい。

また、何百人にも及ぶ学生のレポートを「内容」なんて曖昧な基準で点数を付けるのは非常に手間です。

そのため、いくつかの要点を抑えれば簡単に高評価をたたき出すことが出来ます。

今回紹介するのは要点の中でも重要な3つのポイント。

  1. 見た目を整える
  2. お題は狭く、深く
  3. タイトルは分かりやすく、簡潔に

以上の3つを完璧に実行すれば、2000字程度のレポートなら1時間で高評価を狙えます。

【1】見た目を整える

見た目、つまり、レポートがレポートとしての体裁を成しているかは非常に重要なポイントです。

具体的には、

  • 表紙を付けているか
  • 複数枚に及ぶならホッチキスで固定しているか
  • ページ数を記載しているか
  • シワや汚れなどが付いていないか
  • 参考文献やHP等を明記しているか

の5点です。

「なんだ、そんな小さなことを…大切なのはレポートの内容だろ…」とお考えかもしれませんが、レポートを読む側の人間からすれば、これらは「常識」なのです。

「常識」がない人間の中身なんて見る気も起きない。当たり前の話です。

それでは、1つずつ詳しく解説します

表紙を付けているか

レポートに表紙を付けるのは基本です。

「付けろって言われてない」ではありません。付けるのです。

「表紙は必要ない」と教員が明言しない限りは付けてください。

形式としては画像を参考に、

  • 講義名
  • 担当教員名
  • レポートの題名
  • 提出日
  • 学部
  • 学科
  • 学籍番号
  • 名前

以上の項目は最低限書いておきましょう。

大学が指定する表紙がある場合は、それを使ってください。

ホッチキスで固定しているか

複数毎のレポートはホッチキスで固定する必要があります。

稀に特殊な位置を指定してくる教員もいますが、一般的なA4の横書きレポートなら「左上」で間違いありません。

また、針なしステープラーは便利ですが、良い気はしない。クリップは、まだ"あり"。

繰り返しになりますが「レポートをホッチキスで固定する」は"常識"に依るものです。"固定"が大切ならば、ガムテープを貼っても良いはずですが、それがダメなのは感覚的に分かるでしょう。

特殊な事情がない限りは「左上をホッチキスで固定」を厳守してください。

ページ数を記載しているか

複数枚のレポートを提出するときは、ページ数を記載することも大切です。

算用数字でもローマ数字でも構いませんが、算用数字(半角)が一般的。

「右上」「中央下」「右下」ならどこでも問題ありませんが、ホッチキスの位置などを考えると「中央下」が無難です。

シワや汚れなどが付着していないか

  • 直接カバンに突っ込んで、用紙がしわくちゃ
  • 印刷ミスがあって、横線が入っている
  • 飲み物をこぼして、シミがある

言うまでもなく、これらは論外です。

参考文献やURLなどが明記されているか

レポートを書く上で、末尾に参考文献URLを明記するのは常識です。

参考文献があるにも関わらず、参考文献を明記しないのはただの不正ですし、そもそも参考文献がないレポートは非常に体裁が悪い。

つまり、例え参考にした文献がなくても、適当に見繕って記載してください。

【2】レポートのお題は狭く、深く

大学生 レポート

例えば、レポートのお題が、

「現代の大学教育について自由に論ぜよ(2000字)」

だったとします。

レポートが苦手な学生は、字数稼ぎのため、2000字の中に様々な話題を盛り込みます。

  • 就職難
  • 就活優先による学業不振
  • 勉強しない大学生
  • 大学の乱立
  • 留年率の増加
  • 奨学金問題

話題はいくらでもありますが、これ、間違いです。

1つのレポートの中に様々な話題を入れると、1つ1つのテーマが希薄になってしまいます。

そんな上澄みだけすくったようなレポートで高評価を得られる訳がありません。

1つです。

たった1つのテーマを深く、深く掘り下げることで「しっかり考察してるな」という印象を教員に抱かせることが出来るのです。

例え、稚拙な文章だったとしても。

【3】タイトルは分かりやすく、簡潔に

レポート 書き方

仮に、上記のテーマの中から「奨学金問題」に注目してレポートを書いたとしましょう。

ここで表紙に、

「現代の大学教育について」

なんて書いてしまったら台無しです。

台無しっていうか、バカ丸出し。

教員は、あなたのレポートを初めて読むのです。当然、なにが書いてあるのかは分かりません。

いくらレポートの評価に慣れているとは言っても、何が書いてあるのか分からない文章を読むのは苦痛ですし、理解に時間がかかります。

しかし、題名が具体的に書いてあれば、ある程度内容を予測することができ「これは読みやすい文章だ」と錯覚させることが出来るのです。

【題名の具体例】

「現代における奨学金問題とは何か」

「奨学金は本当に学生を救うのか」

「奨学金問題-問題があるのは奨学金か。利用する学生か-」

まとめ

  1. 見た目を整える
  2. お題は狭く、深く
  3. タイトルは分かりやすく、簡潔に

この3つを意識することで、簡単に80点の評価を取るレポートを書くことが出来ます。

ここから100点を狙うには"内容"で勝負する必要がありますが、それを書き始めると本が1冊書けてしまうので、また別の機会に。

また、「レポートの書き方を本気で学びたい」のなら以下の本がオススメです。

【レポート関連記事】

レポートの書き方|1時間で80点以上を取るための3つのポイント
(↑今読んだのは、この記事)

レポートの書き方|100点を目指すための一歩目は「文章構成」である

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと76,682 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

白いワンピースの女性とネイビーのシャツの男性 2
女子モテを意識した夏のメンズファッションを真面目に解説する。481,583 人が参考にしています

「あなたは、服装を変えればもっとモテるかもしれない」 これは紛れもない事実です。 もちろん、「着るだけでモテる服装」なんて都合の良いものは存在しません。モテるためには内面の力が必要不可欠なのです。 し ...

就活 意味 3
就活を行う意味|大人が「絶対に新卒で就活しろよ」と言う本当の理由とは。73,475 人が参考にしています

「しっかり勉強して、良い大学に入って良い企業に入りなさい」 「就活の準備は進めているのか?絶対に新卒で就職するんだぞ」 就活を目前に控えた3年生にもなれば、こんな言葉をどこかで聞かされているはず。 日 ...

海外 留学 クレジットカード 4
留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方4,015 人が参考にしています

こんな質問を頂きました。 いつも楽しく記事を拝読しております。早稲田大学2年の○○です。 クレジットカードに関する質問があります。 クレジットカードを作ろうと考え、大学生のクレジットカードまとめ記事を ...

決心 5
レポートの書き方|1時間で80点以上を取るための3つのポイント1,005,659 人が参考にしています

「2000字程度のレポートなら、1時間で80点を取れる」 今回はそんなレポートの書き方を紹介します。 ただ、今回紹介する方法は「レポートの文章構成」や「論理展開の仕方」などと言った真っ当なレポートの書 ...

-勉強、レポート, 大学生活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.