学生に人気のクレジットカード7枚の比較とランキングまとめ

投稿日:2016年12月12日 更新日:

大学生 クレジットカード 比較

こんな質問を頂きました。

こんばんは。いつも質問に丁寧に答えてくださり、ありがとうございます。神戸大学工学部の◯◯です。

(中略)

大学生はこれを見ろのクレジットカードに関する記事を拝見しました。

私もクレジットカードを作ろうと思うのですが、私はどうしても全ての選択肢の中から自分で選ばないと気が済まない性格です。

管理人様が「三井住友VISAデビュープラスカード」や「エポスカード」を勧めているのを疑う訳ではないのですが、可能ならば、学生向けのクレジットカードを全て紹介して頂けないでしょうか?

お時間がある時で構いません。

よろしくお願いいたします。

さらっとすげぇ怖いこと言わないでください。

「学生向けのクレジットカードを全て紹介してくれ」って、日本国内には何百種類ものクレジットカードが存在しているのです。おそらく、学生が作れるカードだけでも100種類近くになる。

それら全てを紹介するのは不可能。というか、単純にやりたくない。

ただ、似た様な質問をいくつか頂いているので、学生に人気のクレジットカードをいくつか比較しながら紹介します。

スポンサー リンク

学生クレジットカード比較表

学生クレジットカード 比較

クリック,タップで拡大

紹介するカードは7つ。

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • エポスカード
  • セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード
  • 楽天カード
  • 学生ライフカード
  • JCBカード エクステージ
  • 三菱東京ニコス イニシャルカード

この7つのカードは「サービス」や「人気度」において、その他のカードを置き去りにしています。95%以上の大学生や専門学生の方は、この中からクレジットカードを選べば間違いありません。

残りの5%は「よく使うお店がクレジットカードを出しているパターン」です。例えば、毎月イオンで5万円の買い物をするヘビーユーザーなら「イオンのクレジットカード」を利用した方がポイントが貯まりやすい。日本中の小売店が提携カードを発行しているので、流石にこの部分を全て掘り下げることは出来ません。

そういったお店がないのであれば、これから紹介する比較項目を参考に、この7つのカードの中から検討してみてください。

それでは、比較項目を順番に解説します。

審査の通りやすさ

学生カード 審査の通りやすさ

クリック、タップで拡大

【◎】
→審査は緩い。信用情報に問題のある大学生、専門学生でも通る可能性が高い。

【○】
→審査は普通。多少の問題がある大学生、専門学生ならば通る。

【△】
→審査が厳しめ。問題がない大学生、専門学生しか通らない。

便宜上「△」がありますが、上記で紹介したカードは「普通の大学生」ならば、どれも審査に通ります。

では、「問題のある大学生」は、どういった学生を指すか。それは、

  1. 消費者金融等から多額の借金がある
  2. 借金やローンを滞納したことある
  3. クレジットカードを既に2枚以上所持している

以上の3点のどれか、或いは全てを満たす学生のこと。

[1]と[2]は言わずもがな、借金にマイナス方面で関わっている学生が審査に通ることはありません。

[3]に関しては、信用度合いの問題。カード会社は、大学生の返済額の限界を20万円ほどに定めています。そのため、クレジットカード1枚あたりの限度額を10万円ほどに設定します。

しかし、20万円分しか信用度がないのに「10万円のカードを5枚持っている」なんて状態であれば、信用度の意味がない。合算で50万円分利用されてしまうのですから。

そのため、3枚目以降のクレジットカード審査は厳しくなります。

もし、「三井住友VISAデビュープラスカード」や「JCBカード エクステージ」などの審査が厳しいクレジットカードを狙っているのならば、必ず1枚目か2枚目のときに申請してください。

年会費

クレジットカード 年会費 比較

クリック、タップで拡大

今回紹介しているクレジットカードは、全て在学中の年会費は無料です。

「三井住友VISAデビュープラスカード」に関しては、

「前年に1度でも利用すれば無料。利用がなければ1350円」

という規約ですので、「実質無料」と考えて問題ありません。

将来のステータス性

学生クレジットカード ステータス

クリック,タップで拡大

【◎】
→系列の上位カードがステータス性が高い。

【○】
→系列の上位カードのステータス性が並。

【△】
→系列の上位カードにステータス性なし。

高級腕時計や高級車と同じ様に、一部のクレジットカードには「ステータス性」が存在します。

「三井住友VISAゴールドカード」や「JCBカード THE CLASS」と呼ばれるカードがそれです。

クレジットカード ゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

プラチナカード 大学生

JCBカード THE CLASS

もちろん、これらのカードを大学生が所有することは出来ません。ステータスカードは水準以上の収入、社会的地位、信用度を持っている人間しか持てないからこその「ステータスカード」なのです。

しかし、「ステータスカード」を持つための"ちょっとしたコツ"は存在します。

それが「ステータスカードの下位カードを持っておくこと」です。

「三井住友VISAゴールドカード」を狙うのであれば、同系列の「三井住友デビュープラスカード」を持つことで、

学生カード 王道

三井住友VISAデビュープラスカード

「JCBカード THE CLASS」を狙うのであれば、同系列の「JCBカード エクステージ」を持つことで、将来、ステータスカードへの審査が通りやすくなります。

赤いクレジットカード 大学生

JCBカード エクステージ

ポイント還元率

クレジットカード ポイント還元率 ランキング

クリック、タップで拡大

全てのクレジットカードは、利用するごとにポイントが貯まっていきます。

大抵のカードは0.5%。1000円利用すれば、5円分のポイントが付与される計算です。

一部の高還元率カードは1%。1000円利用すれば、10円分のポイントが付与される計算です。

いわゆる「おトクなクレジットカード」と呼ばれるものは、この部分が"ミソ"ですが、大学生の大半は気にしなくても構いません。

どうせ大して貯まらないからです。

大学生のクレジット利用なんて精々毎月1万円。年間で12万円。ポイント還元率1%で1200円。

0.5%の差分は600円です。

海外旅行サポート

クレジットカード 海外旅行サポート 比較

クリック、タップで拡大

【△】
→盗難保証、ショッピング保証サービスあり。

【○】
→上記に加えて、海外旅行傷害保険、電話サポート等。

【◎】
→上記に加えて、Wi-fi無料レンタル、手荷物無料宅配等。

海外で起こったトラブルは、クレジットカードの海外保証を使うことで迅速に対処することが出来ます。

海外保証の中で重要なのは、【○】以上のカードに付帯する、

  • 海外旅行傷害保険
  • 電話サポート

この2つ。

当たり前の話ですが、あなたが日本で安価な医療を受けられるのは、親御さんが社会保険料を払ってくれているからです。

いわゆる「国民の3割負担」  残りの7割は行政が負担してくれている訳ですね。

しかし、社会保険料を支払っていない海外ではそうはいきません。医療費は10割負担。仮に、「ニューヨークで盲腸の手術を受ける」なんてことになれば、負担額は約250万円です。

しかし、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを持っていれば、医療費は付帯保険でしっかり賄えるのです。

また、海外サポートの有無に関係なく、今回紹介しているクレジットカードは全て海外でも問題なく使えるので、そのあたりはご心配なく。

決済会社

クレジットカード 決済会社 比較

クリック、タップで拡大

【◎】
→「VISA」「master card」「JCB」等から好きに選べる

【○】
→加盟店数が多い「VISA」を使える

【△】
→加盟店数が少ない「JCB」か「AMEX」しか使えない

原則として、クレジットカードは、

  • カード会社
  • 決済会社

の2つが組み合わさって出来ています。

【例】
・三井住友VISAカード

カード会社=三井住友カード株式会社

決済会社=VISA

そして、カード会社に依って「優待サービス」や「ポイント還元率」が、決済会社によって「どこで使えるか」が決定します。

メジャーな決済会社は以下の4つ。

  • VISA
  • master card
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス

例えば、この画像のように、

海外で使える クレジットカード

「VISA」と記載されているお店では、三井住友VISAカードなどの「VISA」しか使うことが出来ません。

或いは、「アメリカンエキスプレス」としか書いていなければ、セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードなどの「アメリカンエキスプレス」しか使うことが出来ない訳です。

それぞれの決済会社の特徴は、以下の通り。

【VISA】
→最大規模の決済会社。欧米、アジア、日本国内、世界各国どこでも使える。故に、クレジットカード1枚目はVISAを選ぶのが大原則になる。

【master card】
→VISAに次いで2番手。国内、国外ともにほとんど使えるが、VISAを外してこちらを選ぶ意味はない。

【JCB】
→日本唯一の決済会社。国内ではほとんど使えるが、海外では弱い。

【アメリカンエキスプレス(アメックス)】
→元々富裕層向けの決済会社のため、先進国都市部ではほとんど使えるが、発展途上国や地方都市に弱い。

以上を踏まえると、クレジットカードは「VISA」が選べるものがベストです。

また、2枚以上のカードを持つのであれば、決済会社をバラけさせることでクレジットカードを使えないリスクを減らすことが出来ます。

学生クレジットカードランキング

クレジットカード ランキング

それでは、ここまでの比較ポイントを前提に、大学生にオススメのクレジットカードをランキング形式で紹介します。

私は、大学生が持つクレジットカードに関しては、

「安心感」
「ステータスカードへのランクアップ」
「海外旅行サポート」

以上3つを重要視し、結論として、

を勧めています。

もちろん、海外利用を意識しないのであれば1枚だけで構いませんし、場合に依っては他のカードを選択するのも"あり"です。

1位 三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAカード 大学生

【メリット】

  • 業界最大手の安心感
  • 世界中で使いやすい「VISA」
  • 1%の高還元率
  • 将来の確実なステータス

【デメリット】

  • 海外旅行サポートなし

大学生に最もオススメできるのが「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

学生カード 王道

三井住友VISAデビュープラスカード

このカードの魅力は何と言っても「ゴールドカードへの自動ランクアップ制度」です。

ゴールドカードは一定の収入と社会的地位がないと持てないカード。その代わり、

  • 限度額が大きい
  • 海外サポート完備
  • 空港ラウンジ利用
  • ゴールドカード専用デスク

など、クレジットカードにおけるサービスが集約されています。誤解を恐れずに言えば、最終的にはゴールドカード1枚で生活に困ることはなくなるのです。

そして、大学生の内に「デビュープラスカード」を入手しておくことで、確実に将来のゴールドカードを手にすることが出来ます。

また、「三井住友VISAデビュープラスカード」自体も、

  • 年会費実質無料
  • 1%の高還元率
  • どこでも使える「VISA」

と学生カードにおける基本を徹底的に抑えているのも忘れてはいけません。最大手ですので、困ったときのサポートが充実しているのも嬉しいポイント。

【公式サイト】
三井住友VISAデビュープラスカード申し込みページ

【サイト内解説ページ】
三井住友VISAデビュープラスカードの解説|王道の学生クレカが欲しいならデビュープラスカードが鉄板です。

ただし、「海外旅行傷害保険」などの海外サポートが付帯していないことが唯一の欠点です。

その点に関しては、後述の「エポスカード」や「セゾンブルー・アメックスカード」等と2枚持ちをすることで解消できます。

2位 エポスカード

エポスカード 大学生

【メリット】

  • 世界中で使いやすい「VISA」
  • 海外旅行サポートあり
  • 国内優待サービスあり

【デメリット】

  • ステータスカードへのランクアップなし

万遍なく全てのサービスを網羅しているのが「エポスカード」です。

学生 クレジットカード 比較

エポスカード

エポスカードの魅力は「在学中のデメリットがないこと」です

  • どこでも使える「VISA」
  • 海外旅行サポートあり
  • 提携店での割引等の優待サービス

と、大学生に必要な要素を満遍なく抑えています。

ステータスカードへのランクアップはありませんが、エポスカード1枚で学生向けカードとしての役割は全て抑えることが出来ます。

1枚目のカードとしても、2枚目以降のカードとしても間違いはありません。

【公式サイト】
エポスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
エポスカードの解説|1枚で「海外旅行サポート」と「国内優待サービス」が欲しいならエポスカードしかありません。

3位 セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード

学生 クレジットカード ランキング

【メリット】

  • 海外旅行サポート最強

【デメリット】

  • 都市部以外では使いづらい「アメックス」

海外利用を意識している大学生にオススメしたいのが「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」です。

海外旅行 クレジットカード

セゾンブルー・アメックスカード

「セゾンブルー・アメックスカード」は、現在発行されている学生カードの中で、最も海外旅行サービスを充実させているカードと言えます。

  • 海外旅行傷害保険(補償額もダントツ)
  • 海外電話サポート(サポートの範囲も広い)

以上の王道サービスだけでなく、

  • 手荷物宅配サービス
  • 海外wi-fi無料レンタル
  • 海外での利用ポイント2倍

などの細かいサービスも数え始めたらキリがありません。

ただし、国内での有効サービスは少なく、決済会社が「アメックス」であるため利用店舗が都市部に限られてしまうのが明確な欠点です。

そのため、「セゾンブルー・アメックスカード」は海外利用を前提とした2枚目としては非常に優秀ですが、1枚目のメインカードには向いていません。

セゾンブルー・アメックスカード 大学生

【公式サイト】
セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードの解説|海外旅行や留学に特化したクレカならセゾンブルーで決まりです。

4位 楽天カード

楽天カード 予備校 大学生

【メリット】

  • 楽天サービスで優待あり
  • 決済会社を選べる
  • 1%の高還元率
  • 審査が緩い

【デメリット】

  • 海外旅行サポートなし
  • ステータスカードへのランクアップなし

楽天のヘビーユーザーにオススメしたいのが「楽天カード」です。

楽天カード 大学生

楽天カード

繰り返しになりますが、学生がクレジットカードで得られるポイントなんて微々たるものです。気にする必要はありません。

ただ、楽天カードに関しては、楽天の貯まりやすいポイントカードみたいなものです。

楽天市場で買い物をするのであれば、通常の4倍(2016年12月現在)。

楽天のポイントばらまきには定評があるので、時期によっては5倍、10倍ということもあります。

楽天のサービスを利用しないのであれば選ぶ意味はありませんが、楽天のヘビーユーザーであれば間違いなく作っておくべきカードです。

【公式ページ】楽天カード

また、審査も非常に緩く、申し込み書に記載する内容も少ないので、

「何でも良いからクレジットカードが欲しい」

と言う人にもオススメです。

5位 JCBカード エクステージ

JCBカード 比較

【メリット】

  • 将来へのステータスカードにプラス要素
  • 0.75%と水準以上の高還元率
  • 唯一の純国産クレジットカード

【デメリット】

  • 海外旅行サポートなし

正統派が好きな人にオススメなのが「JCBカード エクステージ」です。

赤いクレジットカード 大学生

JCBカード エクステージ

正直に言って、現時点での「JCBカード エクステージ」は「三井住友VISAデビュープラスカード」の下位互換です。

最大の利点である「将来のステータス性」に関しても、

  • 「三井住友VISAデビュープラスカード」は、ゴールドカードへ確実にランクアップ
  • 「JCBカード エクステージ」は、ゴールドカードの審査にプラス要素

なので、「三井住友VISAデビュープラスカード」を避けて、「JCBカード エクステージ」を選ぶ本質的な利点は存在しません。

ただ、「JCBカード」は純国産の正統派クレジットカードです。

先ほどは、

原則として、クレジットカードは、

  • カード会社
  • 決済会社

の2つが組み合わさって出来ています。

と解説しましたが、JCBカードに限っては「カード会社」も「決済会社」も『JCB』が自社で担っています。

つまり、JCBカードが展開する全てのサービスは純国産ということ。

もちろん、アメリカ発の「VISA」や「アメックス」に問題がある訳ではありませんが、純国産の響きに弱い人は少なくない。

老舗企業の社長や、年配の医師等には「JCBカード」の上位ステータスカードを利用している人が多いのです。

【公式ページ】JCBカード エクステージ

6位 学生ライフカード

海外旅行 クレジットカード

【メリット】

  • 海外旅行サポートあり
  • 審査が緩い
  • 決済会社を選べる

【デメリット】

  • ステータスカードへのランクアップなし

3枚目以降の海外旅行向けカードとしてオススメなのが「学生ライフカード」です。

ライフカード 比較

学生ライフカード

「学生ライフカード」の"ウリ"は何と言っても、

  • 審査が緩い
  • 海外旅行サポートあり

この2つを同時に実現していること。

審査が緩いクレジットカードはどうしてもサービスも少なめになってしまうのですが、「学生ライフカード」は海外旅行傷害保険や海外サポートデスク等を展開しています。

既に複数枚のクレジットカードを持っていたり、借金がある学生の方でも問題なくカードを発行することが出来るのです。

【公式サイト】学生専用ライフカード

学生 海外旅行カード

7位 三菱UFJニコス イニシャルカード

三菱UFJニコスイニシャルカード

【メリット】

  • 銀行系列の安心感
  • 海外旅行サポート"一応"あり(前年度の利用額によって増減)

【デメリット】

  • ステータスカードへのランクアップなし

持っている人が多い割に大した利点がないのが「イニシャルカード」です。

大学生 クレジットカード ランキング

三菱UFJニコス イニシャルカード

銀行系列のカードのため安心感はありますが、ここまでに紹介したクレジットカードと比べると明確なメリットが存在しません。

ステータスカードへのランクアップがある訳でもなく、海外旅行サポートが確立している訳でもなく、ポイントがたくさん付く訳でもない。

三菱東京UFJ銀行の窓口でも勧誘しているため、所持している学生は多いのですが、わざわざ選ぶ必要はないでしょう。

もちろん、日系最大手銀行の系列カードのため、「安心感」で選ぶのは"あり"です。

【公式ページ】三菱UFJニコス イニシャルカード

ランキング クレジットカード

まとめ

以上を踏まえると、

「最大手の安心感」「将来のステータスへの道」として『三井住友VISAデビュープラスカード』を。

【公式ページ】三井住友VISAデビュープラスカード

「海外での手厚い保証」「緊急時の2枚目」として『エポスカード』か『セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード』を。

【公式ページ】エポスカード

【公式ページ】セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード

セゾンブルー・アメックスカード 大学生

それぞれ選んでおけば、まず間違いありません。

また、クレジットカードの「基礎知識」や「よくある質問」に関しては、以下の記事をご覧ください。

【参考記事】
大学生のクレジットカードへの疑問やおすすめ、選び方が一目で分かる記事

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと80,895 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

秋 メンズファッション 2017年 2
秋のメンズファッションの極意をおしゃれ初心者に分かりやすく解説する68,590 人が参考にしています

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

2018卒 無い内定 3
2018卒で無い内定の学生へ。優良企業から内定を得る方法を解説する。11,586 人が参考にしています

分かっていると思いますが、あなたの就活は上手くいっていません。 2018卒の7月1日時点での内定率は、 キャリタス就活発表「83.2%」 マイナビ就活発表「73.3%」 と、既に8割近い学生が就活を終 ...

海外 留学 クレジットカード 4
留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方5,575 人が参考にしています

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

学割 おトク 5
知らないと損をする!?「本当におトク」な3つの学割サービスの解説。2,078 人が参考にしています

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-お金、ビジネス, 大学生活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.