「大学ではサークルもバイトもせずに勉強ばかりで…」いや、それでも全然大丈夫。むしろ良い。

投稿日:

大学 勉強

勉強しかしていない

大学時代勉強しかしてこなかったことを絶望的に感じている学生がいます。

「バイトもやってない。サークル活動もしていない。こんな自分を企業が欲しがる訳がない」と。

そんなことはありません。

もし、本当に、マジメに勉強を続けてきたのならそれは充分なアピールポイントになります。

そもそも、なぜ「勉強ばかりしている学生はダメだ」という話が出てきたのか

実は、「勉強ばかりしてきた学生はダメだ。社会ではやっていけない」という考え方は20年ほど前には確かに存在していました。

まだ「大学では勉強するのが当たり前」と考えられていた時代です。

「勉強」なんてアピールすることではなく、自主的に行うなうのが当たり前だと考えられていたのです。

しかし、今はもう時代が違います。

大学全入時代と言われ、東大京大でさえも「単位が降ってくる」、いかに大学生が勉強していないかは現役であるあなたが一番よく知っているでしょう。

そんなことは企業も分かっています。

今や「マジメに勉強していた」ことがレアな時代なのです。

それこそサークルの会長よりも。

文系でも問題ない

「勉強」を自己PRにするのは理系学生に多いですが、文系でも問題ありません。

ゼミや研究室などの専門分野の話はもちろん、一般教養科目や必修の話でも大丈夫です。

大切なのは、

悩む

「勉強しかしてきませんでした(笑 へへっ、ダメですよねこんな奴…」

と、うつむいて言うのではなく、

就活 勉強

「大学生活の大半を勉強に打ち込んできました!今時こんなマジメな奴いませんよ!?」

自信を持って言うことです。

「勉強しかしてこなかった」と「勉強に打ち込んできた」では受け手の捉え方は全く違います。

でも、やってることは同じです。

あなたの魅力が最大限伝わるような言葉を選べば良いのです。

勉強した事実ではなくそこから何を得たのか

就活

ただし、「勉強しました!」「勉強しました!」ではアピールとして弱すぎます。

今回の話に限らず、就活における自己PRやガクチカは事実よりも「そこから何を得たのか」が大切です。

勉強から得たものでオススメなのは「積み重ね」や「千里の道も一歩から」みたいな話。

私が解説してきたことを暗唱しても意味がないので抽象的にしか書きませんが、勉強は努力の量に応じて成果に繋がる数少ない媒体です。

一発逆転ホームランはありませんし、途方もない範囲でも1ページずつこなしていけば必ず終わります。

一見当たり前のことのようですが、このことを本質的に理解している人間は非常に少ない。学生でも、社会人でも、です。

社会に出て「10億円の成果を上げろ」と言われたとき「無理に決まってるだろ」と放り投げてしまうのか、

「まずは1000万円の成果だ。あとはそれを倍々にしていけば良い」と本気で考えられるのかでは、ビジネスマンの能力的に天と地ほどの差があります。

マジメに勉強に取り組んできたあなたには後者の能力が既に備わっています。

まとめ

「マジメに勉強してきたこと」は現代の就活においては充分なアピールになります。

また、その際は事実だけではなく「そこから何を得たのか」が大切です。

男子が注目している記事

三井住友カード ゴールド公式 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

学生向けクレカの比較 2

学生が持てるクレジットカードの人気トップ10を解説、比較する記事です。 日本には学生が持てるクレジットカードが50種類以上存在します。しかし、現実的に持つメリットが存在するカードは10種類ほどに限られ ...

夏のメンズファッション 2020年 3

おしゃれ初心者〜中級者向けのファッション解説記事です。 はっきり言って、おしゃれ上級者の人にはつまらない記事になっています。このページでは「おしゃれを楽しむ」や「服で自己実現をする」ではなく、 「おし ...

就活で成功するサービス 4

内定に近づく就活サービスは、確実に存在します。 例えば、ES(エントリーシート)に悩む学生は多い。 初めて書く自己PR、慣れない書式、そして何より「正解が分からない」という恐怖。 「正解が分からないの ...

-大学生活, 就活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2020 All Rights Reserved.