「コミュ力」や「リーダーシップ」などの長所は直接アピールするものではない。

投稿日:

長所 アピール

長所のアピール

「私はコミュニケーション能力抜群です!」

「私はサークル員を率いてきたのでリーダーシップがあります!」

面接で声高々に自分の長所を主張する学生はとても多い。

そのこと自体は間違っていません。エントリーシートにしろ、面接にしろ、自分の良い所を前面に押し出さなければ突破は難しいものです。

だけど、「リーダーシップ」とか「コミュニケーション能力」とか、そういった能力の主張は自分で言うものではありません。

過程と結果でアピールするのです。

モテる人ってどんな人?

話は変わりますが、「モテる人」ってどんな人でしょうか?

簡単に言えば「異性に人気がある人」です。

具体的には「カッコいい(可愛い)人」や「目標に向かって頑張っている人」があてはまります。

では、自分から「俺ってすごくモテるんだよねー」という人はどうでしょうか?

事実はどうあれ、モテなさそうですよね。

仮にモテたとしてもこちらの好感度は下がります。

企業が欲しがる人材も同じです。

企業が欲しい人ってどんな人?

企業 欲しい

「企業が欲しい人」ってどんな人でしょうか?

簡単に言えば「コミュ力のある人」や「リーダーシップのある人」です。

具体的には「社会人の団体に属してる人」や「サークルのリーダーとして頑張ってきた人」が当てはまります。

では、自分から「私ってコミュ力抜群なんです!」という人はどうでしょうか?

事実はどうあれ、コミュ力なさそうですよね。

仮にあったとしても、聞いてる側からすれば好感度は下がります。

お分かりでしょうか?

アピールすべきは「エピソード」である

説明会

つまり、「コミュ力がある」とアピールするのではなく、「サークルを率いてきた」とアピールして、

「コミュ力がある」という部分は面接官に察してもらうのです。

長所を直接言うと、あまりにも嘘っぽく、バカっぽい。

面接官が嫌うものの1つに「学生の自慢話」があります。

自分でアピールポイントまで具体的に口に出してしまうから自慢っぽくなるのです。

「コミュ力」「リーダーシップ」「マジメさ」「実直な努力」

何をアピールしても構いません。

しかし、それらを直接口に出して言うのは最低限にとどめてください。

アピールするべきは『エピソード』

自慢っぽくならないように、自分の長所を全力で売り込むのです。

まとめ

長所をアピールするのは大切ですが、具体的な長所を連呼すると自慢っぽくなってしまいます。

アピールするべきは、「エピソード」や「具体的な成果」

そこから長所を察してもらいましょう。







話題の記事

クレジットカード 学生 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

夏 メンズファッション 2

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 3

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

海外 留学 クレジットカード 4

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

学割 おトク 5

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-エントリーシート, 就活, 就活コラム, 面接のコツ

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2018 All Rights Reserved.