「コミュ力」や「リーダーシップ」などの長所は直接アピールするものではない。

投稿日:

長所 アピール

長所のアピール

「私はコミュニケーション能力抜群です!」

「私はサークル員を率いてきたのでリーダーシップがあります!」

面接で声高々に自分の長所を主張する学生はとても多い。

そのこと自体は間違っていません。エントリーシートにしろ、面接にしろ、自分の良い所を前面に押し出さなければ突破は難しいものです。

だけど、「リーダーシップ」とか「コミュニケーション能力」とか、そういった能力の主張は自分で言うものではありません。

過程と結果でアピールするのです。

モテる人ってどんな人?

話は変わりますが、「モテる人」ってどんな人でしょうか?

簡単に言えば「異性に人気がある人」です。

具体的には「カッコいい(可愛い)人」や「目標に向かって頑張っている人」があてはまります。

では、自分から「俺ってすごくモテるんだよねー」という人はどうでしょうか?

事実はどうあれ、モテなさそうですよね。

仮にモテたとしてもこちらの好感度は下がります。

企業が欲しがる人材も同じです。

企業が欲しい人ってどんな人?

企業 欲しい

「企業が欲しい人」ってどんな人でしょうか?

簡単に言えば「コミュ力のある人」や「リーダーシップのある人」です。

具体的には「社会人の団体に属してる人」や「サークルのリーダーとして頑張ってきた人」が当てはまります。

では、自分から「私ってコミュ力抜群なんです!」という人はどうでしょうか?

事実はどうあれ、コミュ力なさそうですよね。

仮にあったとしても、聞いてる側からすれば好感度は下がります。

お分かりでしょうか?

アピールすべきは「エピソード」である

説明会

つまり、「コミュ力がある」とアピールするのではなく、「サークルを率いてきた」とアピールして、

「コミュ力がある」という部分は面接官に察してもらうのです。

長所を直接言うと、あまりにも嘘っぽく、バカっぽい。

面接官が嫌うものの1つに「学生の自慢話」があります。

自分でアピールポイントまで具体的に口に出してしまうから自慢っぽくなるのです。

「コミュ力」「リーダーシップ」「マジメさ」「実直な努力」

何をアピールしても構いません。

しかし、それらを直接口に出して言うのは最低限にとどめてください。

アピールするべきは『エピソード』

自慢っぽくならないように、自分の長所を全力で売り込むのです。

まとめ

長所をアピールするのは大切ですが、具体的な長所を連呼すると自慢っぽくなってしまいます。

アピールするべきは、「エピソード」や「具体的な成果」

そこから長所を察してもらいましょう。

男子が注目している記事

三井住友カード ゴールド公式 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

学生向けクレカの比較 2

学生が持てるクレジットカードの人気トップ10を解説、比較する記事です。 日本には学生が持てるクレジットカードが50種類以上存在します。しかし、現実的に持つメリットが存在するカードは10種類ほどに限られ ...

夏のメンズファッション 2020年 3

おしゃれ初心者〜中級者向けのファッション解説記事です。 はっきり言って、おしゃれ上級者の人にはつまらない記事になっています。このページでは「おしゃれを楽しむ」や「服で自己実現をする」ではなく、 「おし ...

就活で成功するサービス 4

内定に近づく就活サービスは、確実に存在します。 例えば、ES(エントリーシート)に悩む学生は多い。 初めて書く自己PR、慣れない書式、そして何より「正解が分からない」という恐怖。 「正解が分からないの ...

-就活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2020 All Rights Reserved.