「一次面接と二次面接以降で自己PRや志望動機などは同じことを話して良いのですか?」という学生からの質問について

投稿日:

就活 面接

情報の共有

「一次面接と二次面接以降で同じ事を話しても良いのでしょうか?一次の面接官から二次の面接官へ情報共有されていて、『こいつ一次と同じこと話してるなー』とか思われないでしょうか?」←勝手に要約

結論から言うと、

情報の共有は行われます。

ただ、それは、

「体育会出身。根性ありそう」「人の良さは伝わってくるが、会話力は△?」「文句なし。好青年」

などの断片的な情報であり、具体的な話の内容は伝えません。

そのため、話す内容自体は毎回同じでも問題ないのです。

スポンサー リンク

二次面接以降に引き継がれるもの

企業にもよるので一概には言えませんが、次回の面接に引き継がれるものは以下の二点です。

前回の面接時のチェックシート

面接官は会社側が用意したチェックシートを見ながら面接を行います。

チェックの項目は、

「入退室時のマナー」「清潔感」「ハキハキと話しているか」

など様々で、最後に「備考欄」が設けられています。

このチェックシートはそのまま二次面接に引き継がれます。

冒頭に書いたように、チェック項目や備考欄の一言は伝えられますが、それ以上のことは引き継がれません。

エントリーシート

書類選考時に提出したエントリーシートは面接時も常に使用されます。

一次から最終面接までです。

イメージとしては、一次試験のときに面接官の手元にあるのは「エントリーシート」と「未記入のチェックシート」

二次試験のときは「エントリーシート」と「一次面接のときのチェックシート」と「未記入のチェックシート」

三次試験のときは…(略)

といった感じです。

一次、二次、三次と話す内容は被っても良い?

面接

面接で話す内容は被っても問題ありません。

前回の面接官と同じ人がいても、です。

もちろん、「前回話したこと以外で」と前置きされたら違うことを話すべきですが、自己PRや志望動機を話す際にそんなことを言われるのは非常に稀です。

まとめ

一次から二次へ、情報の共有は行われますが具体的なことは伝わっていません。

また伝わっていたとしても、指定がない限りは話す内容を無理に変える必要もありません。

話題の記事

クレジットカード 学生 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

お金儲け 大学生 2

「自分は賢い」と考えている人の多くは、人生のある時期に◯◯で500万円〜1000万円を失います。 ◯◯に当てはまる言葉は『投資』です。決して投資詐欺に合う訳ではありません。純粋な投資で、無知ゆえに10 ...

秋 メンズファッション 大学生 3

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 4

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

留学 海外旅行 クレジットカード 5

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズな上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば医療費の心配もなく、身分証代わ ...

学割 おトク 6

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-就活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2018 All Rights Reserved.