大学生の生活水準|「収入」と「支出」を中心に一般的な大学生の家計簿を解説する

投稿日:2018年7月20日 更新日:

大学生 生活水準 家計簿

大学生の生活水準はピンキリです。

学生寮に入ってアルバイト代5万円/月で生活している学生もいれば、高級マンションに住んで30万円の仕送りをもらっている学生も存在します。

正直に言えば、大学生の生活水準は親御さんの経済力が90%です。そのため、周りと比べてもあまり幸せにはなれません。ただ、どうしても金銭事情を気になる学生も多いので、

  • 大学生の収入
  • 大学生の支出

この2つに分けて、一般的な大学生の生活水準を徹底解説していきます。

スポンサー リンク

大学生の収入から見る生活水準

大学生の収入平均は、

【1人暮らしの収入平均額】

12万3890円

【実家暮らしの収入平均額】

6万4070円

参考データ:学生生活実態調査

となっています。

これらの収入源を支える大きな要素は以下の3つ。

  • 仕送り(お小遣い)
  • 奨学金
  • アルバイト代

それでは、それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。

仕送りやお小遣い

授業料免除 大学生

【1人暮らしの仕送り平均額】

7万2980円

【実家暮らしのお小遣い平均額】

1万3550円

参考データ:学生生活実態調査

当たり前の話ですが、1人暮らしと実家暮らしでは親からもらう金額に大きな開きがあります。

平均額のため実態は掴みづらくなっていますが、肌感覚としては、

【1人暮らしの仕送り実態】

  • 10万円前後が大多数
  • 5万円以下が少数
  • 30万円以下が少数

平均で7万2980円に。

【実家暮らしのお小遣い実態】

  • 0円が大多数
  • 10万円以上が少数

平均で1万3550円に。

みたいな印象ですね。

奨学金

貯金 何に使う 大学生

【1人暮らしの奨学金平均額】

2万190円

【実家暮らしの奨学金平均額】

1万1040円

参考データ:学生生活実態調査

言うまでもなく、実家暮らしよりも1人暮らしの方が生活コストが高い。

そのため、奨学金を使って生活水準を調整する印象になっています。

アルバイト代

居酒屋 女子大生

【1人暮らしのアルバイト平均額】

2万8770円

【実家暮らしのアルバイト平均額】

3万7920円

参考データ:学生生活実態調査

時間に余裕のある実家暮らしの学生の方がアルバイト代は高くなっています。

また、大学生のアルバイト事情に関しては、別記事で詳しく解説しています。「人気のバイト」や「労働時間」などを詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【参考過去記事】
大学生のアルバイト事情|平均収入や人気のバイト、労働時間などをデータ別に解説

大学生の支出から見る生活水準

大学生 支出

大学生の支出額は、

【1人暮らしの支出平均額】

12万750円

【実家暮らしの支出平均額】

6万2590円

参考データ:学生生活実態調査

となっています。

大学生の支出の中心は以下の4項目。

  • 家賃
  • 食費
  • 娯楽
  • 貯金

それでは、1つずつ見ていきましょう。

家賃

大学生 家賃 平均

【1人暮らしの家賃平均額】

5万2800円

【実家暮らしの家賃平均額】

270円

参考データ:学生生活実態調査

家賃相場は「東京都内」と「それ以外」で大きく異なります。

例えば、東京23区内の家賃相場は6万3941円ですが、23区外の東京近辺では5万4204円まで下がります。地方では3万円代も"ざら"ですし、大学寮ならば1万円以下のところもあるのです。

また、実家暮らしの家賃は、

「アルバイトしてるんだから、家に1万円くらい入れなさい」

という教育方針の家が稀にあるゆえの、平均しての「270円」です。

食費

大学生 食費 平均

【1人暮らしの食費平均額】

2万5190円

【実家暮らしの食費平均額】

1万2580円

参考データ:学生生活実態調査

言うまでもなく、1人暮らしの学生は自炊費がかかるため食費代が高くなっています。

実家暮らしの学生に関しては、ほぼ「飲み会代」ですね。月に4〜5回の飲み会代が1万2000円ほどになっています。

娯楽費

高校生が多いアルバイト

【1人暮らしの娯楽費平均額】

1万5900円

【実家暮らしの娯楽費平均額】

1万4750円

※統計内の「娯楽費」と「日常費」の合算

参考データ:学生生活実態調査

娯楽費は、1人暮らし、実家暮らしともに大きな開きはありません。

一見少なく思えますが、

  • 毎月5万円以上遊び私立文系
  • 毎月5千円も使わない国立理系

などを混ぜた平均であることを考えると、このあたりの数字が妥当なのです。

貯金

貯金 何に使う 大学生

【1人暮らしの貯金平均額】

1万3820円

【実家暮らしの貯金平均額】

1万8880円

参考データ:学生生活実態調査

多くの学生は、毎月一定額の貯金を行なっています。

使い道としては、1人暮らしの学生は「万が一のため」「余ったから」が多く、実家暮らしの学生は「旅行」や「買い物」関連が多いですね。

また、大学生の貯金に関して以下の記事で詳しく解説しています。「貯金額の平均」や「正しい使い道」を知りたい方は是非ご覧ください。

【参考過去記事】
大学生の貯金事情|「みんなの平均額」と「貯金の正しい考え方」を解説する

まとめ

一般的な大学生は、

【1人暮らしの収入平均額】

12万3890円

【実家暮らしの収入平均額】

6万4070円

以上を水準として生活を送っています。

上記の数字は平均値になるため、

  • 都市部と地方
  • 国公立と私立
  • 文系と理系

などの条件によって、肌感覚とは多少異なるかもしれません。生活水準に限らず、全国平均は「あなたの世界の平均」に当てはまるとは限らないため、あくまでも参考に留めておくのがオススメです。

話題の記事

クレジットカード 学生 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

夏 メンズファッション 2

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 3

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

留学 海外旅行 クレジットカード 4

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズな上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば医療費の心配もなく、身分証代わ ...

学割 おトク 5

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-お金とビジネス

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2018 All Rights Reserved.