就活における大切なことの1つは「結論から話す」ことである

投稿日:2013年12月28日 更新日:

スピーチ

結論から話す

「就活における大切なこと」というと様々なことが挙げられますが、

エントリーシート、筆記試験の小論文、面接などの言葉を相手に伝えることにおいて、「結論から話す」ことは鉄則の1つです。

結論から、話すのです。

(↑結論から話している)

スポンサー リンク

「結論から話す」とは

例えば、あなたはサークルの部長を努めた経験から「リーダーシップ」があることを自己PRしたいとします。

とは言え、

「私はリーダーシップがあります!!」

と言うだけでは根拠も何もないので、サークルでの経験を同時に話すとしましょう。

それを簡潔に文章に起こすとこうなります。

私は100人規模のサークルの部長を努めました。

100人も学生がいると様々な問題が起こります。

しかし、私は〜〜という風にしてこれらの問題を解決しました。

以上のことから私にはリーダーシップがあります。

日本語の正しい文章の基本である起承転結です。

文章に起こすのならばこれで全く問題ありません。しかし、起承転結は受け取る側に余裕があることが前提なのです。

相手に分かりやすく伝えたいのならば、結・起承転結が理想です。

結起承転結

起承転結

上記の文章は要約なので4行で済んでいますが、実際に話すとなると3分はかかるでしょう。結論は一言なので、結論を除いた起承転の部分だけでほぼ3分話すことになります。

3分間も結論が分からない、言ってしまえば何が言いたいか分からない話を聞き続けるのは非常に苦痛です。

結論までたどり着いたときにようやく、「あぁ!それが言いたかったのか!」となることも少なくありません。

ところが、結論を先に言ってしまえば、それ以降の話がどのように繋がるかが容易に想像できるようになります。

言い換えれば、起承転の部分が多少雑でも面接官が勝手に補完して理解してくれるのです。

そして、アピールしたいことを強めるために最後にもう1度結論を入れるのが理想型の1つです。

面接でも、エントリーシートでも、小論文でも

エントリーシート

結起承転結は話し言葉だけだと思われがちですが、エントリーシートや小論文などの筆記でも同様のことが言えます。

大学までは「長文は美徳」みたいな風潮がありますが、ビジネス(就活)の世界では要点を簡潔に伝えられないやつはバカです。

あなたが思っているよりも企業はESや小論文をじっくり見ていないのです。先日は「ES1枚にかける平均時間は40秒」というニュースが話題になりました。

一目で要点を伝えられる文章が必要なのです。それを実現するための起承転結です。

まとめ

「結論から話して、最後にもう1度結論を伝える」

これによって、要点が相手に伝わりやすいだけでなく、それ以降のエピソードも採用担当者が勝手に良い方向に解釈してくれます。

これほど簡単で効果的な話し方はありません。

社会人になってからも必要なことなので、就活の間に体に染み込ませておきましょう。

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと78,486 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

白いワンピースの女性とネイビーのシャツの男性 2
女子モテを意識した夏のメンズファッションを真面目に解説する。510,243 人が参考にしています

「あなたは、服装を変えればもっとモテるかもしれない」 これは紛れもない事実です。 もちろん、「着るだけでモテる服装」なんて都合の良いものは存在しません。モテるためには内面の力が必要不可欠なのです。 し ...

2018卒 無い内定 3
2018卒で無い内定の学生へ。優良企業から内定を得る方法を解説する。9,420 人が参考にしています

分かっていると思いますが、あなたの就活は上手くいっていません。 2018卒の7月1日時点での内定率は、 キャリタス就活発表「83.2%」 マイナビ就活発表「73.3%」 と、既に8割近い学生が就活を終 ...

海外 留学 クレジットカード 4
留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方4,914 人が参考にしています

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

決心 5
レポートの書き方|1時間で80点以上を取るための3つのポイント1,068,349 人が参考にしています

「2000字程度のレポートなら、1時間で80点を取れる」 今回はそんなレポートの書き方を紹介します。 ただ、今回紹介する方法は「レポートの文章構成」や「論理展開の仕方」などと言った真っ当なレポートの書 ...

-就活, 就活コラム

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.