いつも最終面接で落ちる人へのアドバイス

投稿日:

最終面接

いつも最終面接で落ちる

エントリーシートは通る。

グループディスカッションも通る。

面接も最初は問題ない。

だけど、最終面接でいつも落ちる。

そんな学生はとても多い。

いつも最終面接で落ちる学生のパターンは大体決まっています。

『熱意』が足りないんです。

スポンサー リンク

最終面接の流れ

最終面接には2つの側面があります。

「役員への確認」「入社意思の確認」です。

役員への確認

最終面接は社長や役員、人事部長などのお偉いさんが行うのが一般的です。

最終面接の前までは主に人事部が主導して選考を行いますが、人事部はあくまでも"主導"だけであり、選考の最終決定権を持っている訳ではありません。

つまり、最終面接とは人事部が選んだ学生を社長や役員に「これでいいですか?」と確認する作業を兼ねているのです。

一次面接でチェックされた「人柄」をもう一段階深く見られると考えてください。

いつも一次面接やグループ面接で落ちる人へのアドバイス

入社意思の確認

最終面接では必ずこう聞かれます。

「うちが第一志望なの?」

「内定を出したら必ずうちに来るの?」

説明会、選考、パンフレット作成、面接官の人件費、セミナーetc

企業が内定者1人にかけるお金は約100万円と言われています。

それだけお金をかけて内定を出しても、辞退されたり、入社してすぐに辞められてしまっては文字通りお金をドブに捨てるようなもの。

それだけは何としてでも避けなければならない。

そのため、最終面接では嫌というほど「本当に入社するのか」を確認されます。

「弊社が第一志望ですか?」に対する答えとは

第一志望

「弊社が第一志望ですか?」

そう聞かれると下を向いてしまう学生はとても多い。

分かっています。本当は第一志望じゃないってことは。

だけど、企業からすればここで口ごもってしまう学生に内定を渡す訳にはいかないんです。

繰り返しになりますが、内定一枠100万円です。

入社してもらわないと意味がないんです。

入社しない学生に内定を渡すのは100万円をドブに捨てるのと同じこと。

優秀なあなたが欲しいけど、必ず入社するって言い切れないのなら次点の学生を採用するのは当然のことなのです。

「第一志望です」って言え。入るかどうかは内定をもらってから考えろ

第一志望

「第一志望って言ってしまったら必ずその会社に入らないといけないんじゃ…」

それはそれ、これはこれ。

確かに内定辞退は半端無く気まずい。確実に引き止められるし、嫌みの一つも言われる。

カレーをぶっかけられたなんて都市伝説もあるくらいです。

だけど、まず内定をもらうことです。入るかどうかはそれから考えれば良い。

どれだけ気まずくても、選考が終われば二度と合わない人たちです。そんな人への「気まずさ」なんてあなたの将来に比べれば小さいことです。

まとめ

最終面接を通過するポイントは『熱意』

最終まで残っているということは、その企業の採用基準はほぼ満たしていると言えます。

あとは「第一志望です!(内定をもらえたら必ず御社に入社します)」と強く伝えること。

その際、「他社と比べてなぜその会社なのか」をはっきりと理由付けることを忘れずに。

人気の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

冬 メンズファッション 2
おしゃれ初心者必見!冬のメンズファッションとアイテム選びの基本を徹底的に解説する。

「このページを見れば『おしゃれな冬のメンズファッション』が分かる」 今回は、そんな気持ちで記事を執筆しました。 冬は、春秋に比べるとアイテムが増えるため、組み合わせに悩みがちです。 そこで今回は「誰で ...

お洒落 メンズ 3
知っておかないと損をする!大人が「新卒で絶対に就職しなさい」という本当の理由。

「しっかり勉強して、良い大学に入って良い企業に入りなさい」 「就活の準備は進めているのか?絶対に新卒で就職するんだぞ」 そんな風に言われてきた大学生も多いでしょう。 日本の採用慣習は世界でも稀な形です ...

株式投資 大学生 4
年収1億円を夢見るあなたに伝えたい「水の運び方」の話

「年収1000万円を目指すなら、就活で本気出せよ」 大これでは何度かそういうお話をしてきました。 【参考過去記事】 知っておかないと損をする!大人が「新卒で絶対に就職しなさい」という本当の理由。 将来 ...

大学生 レポート 5
レポートの書き方|100点を目指すための一歩目は「文章構成」である

「ラクをして、レポートで高評価を取りたい」 大いに結構です。 学業に大学生活の意味を見出だしているのならば、マジメにやれば良い。だけど、大半の学生にとって学業なんておまけ程度のものです。 きっと、あな ...

-就活, 面接のコツ

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2016 AllRights Reserved.