いつも一次面接やグループ面接で落ちる人へのアドバイス

投稿日:

グループ面接

面接のコツ

就活が上手くいかない人って、落ちる選考課程は大体同じです。

エントリーシートすら通らない。一次面接が通らない。最終面接でいつも落ちてしまう。

どこでつまずくかは人それぞれですが、段階によってアドバイスは異なります。

今回は、

いつも一次面接や集団面接(グループ面接)で落ちる人へのアドバイスです。

一次面接(グループ面接)の特徴

一次面接やグループ面接の特徴は、とにかく一人当たりにかける時間が少ないこと。

企業によるので一概には言えませんが、グループ面接なら3〜5人で20分〜30分が一般的。単純計算で1人あたり5分ほどです。

そのため、面接官からの質問も形式的なものばかり。

「自己PRをお願いします」

「志望理由をお願いします」

「学生時代に最も力を入れたことはなんですか?」

大体この3つの中のどれかです。

多少質問が返ってくるかもしれませんが、基本的には「言ったら自分のターンはおしまい」的な感じで選考は進みます。

話す内容は重要ではない

大前提として、一次面接で話す内容はさほど重要ではありません。

繰り返しになりますが、グループでも個人でも一次面接の選考時間はとても短い。突っ込んだ質問も行われず、発言内容で差は生まれにくいのです。

もちろん最低限のレベルはありますが、少なくとも学生時代にサークル活動をしていようが、バイトをしていようが、起業していようがそんなことはどうでも良いんです。

見るのは「人柄」

人柄

一次面接やグループ面接で重要視されるのは「最低限の人柄」です。「コミュニケーション能力」と言い換えることもできます。

多くの企業のチェック項目は以下のもの。

  • 入室のマナーは守れているか
  • 挨拶はしっかりとできているか
  • 元気はあるか
  • 表情に笑顔はあるか
  • 目を見て話しているか
  • しっかりと発声しているか
  • 身だしなみは整っているか

あなたは出来ている"つもり"になっていないか?

面接のコツ

大抵の学生は上記のチェック項目を見せても流し読みになります。

みんな思っているのです。

「なんだ。これくらいのことなら出来ているよ」と。

しかし、そう考えているのは学生だけです。

大半の学生は出来ていないんです。だからこそチェック項目になっているんです。

もう一度よく見てください。本当にあなたは問題ないと言えますか?

  • 入室のマナーは守れているか
  • 挨拶はしっかりとできているか
  • 元気はあるか
  • 表情に笑顔はあるか
  • 目を見て話しているか
  • しっかりと発声しているか
  • 身だしなみは整っているか

まとめ

一次面接やグループ面接で重要視されるポイントは『人柄』『常識』

話す内容云々よりも、社会人としてのマナーを見直してみましょう。

男子が注目している記事

三井住友カード ゴールド公式 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

秋 メンズファッション 大学生 2

おしゃれ初心者〜中級者向けのファッション解説記事です。 はっきり言って、おしゃれ上級者の人にはつまらない記事になっています。このページでは「おしゃれを楽しむ」や「服で自己実現をする」ではなく、 「おし ...

就活で成功するサービス 3

内定に近づく就活サービスは、確実に存在します。 例えば、ES(エントリーシート)に悩む学生は多い。 初めて書く自己PR、慣れない書式、そして何より「正解が分からない」という恐怖。 「正解が分からないの ...

-就活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2020 All Rights Reserved.