休学を意味あるものにするためには「休まないこと」が大切である

投稿日:

休学,コツ

大学生の休学

何かを掴むために休学して、何も掴めずに復学する学生は意外と多い。

大人から見れば学生時代の1年なんて大した回り道ではありませんが、学生からすれば大きな大きな人生の寄り道です。

その「大きな寄り道」を自分で選択する訳です。そりゃあもう怖い。

だからこそ、休学を意味のあるものにするためにはどうすれば良いか。

答えは「休まないこと」です。

考えても答えは出ない

「何かをするため」の休学で休まないのはもちろんですが、「ゆっくり考えるため」の休学でも文字通りにゆっくり考えるのは危険です。

と言うのも、30分考えて出ない答えは1ヶ月考えようが1年考えようが答えは出ないんです。

あなたの思考は今までの「知識」と「経験」をもとに構成されています。

その2つを増やさない限り、どれだけ"考えた"としても答えの方向性は一向に変わりません。

部屋の中で頭を捻っても前には進めないんです。

動き続けるしかない

大学生,メンズファッション

では、前に進むにはどうすれば良いか。

「知識」と「経験」を増やすことです。部屋に閉じこもらず、様々なことを経験することが大切なのです。

旅行に行くのも良い。

長期のインターンに参加するのも良い。

新しいバイトを始めるのも良い。

いろんな人と会うのも良い。

実直に、「新しい知識」と「新しい経験」を自分の中に積み重ねていくのです。

そうすればあなたの思考はどんどん変わっていきます。休学する前に悩んでいたことでも、案外簡単に答えを出せるようになるかもしれないのです。

動き続けるのは難しい

休学,大学生

しかし、動き続けるのは本当に大変です。理由は非常にシンプル。

休学を選択した学生の生活は堕落しやすいからです。

立ち止まってしまった学生はもちろん、「何かをするため」に休学した学生でさえも、休学が始まって3ヶ月もすればニートのような生活を送ることになります。

だって、誰もあなたを責めないんですから。

高校や大学とは違う。バイトやサークルとは違う。あなたが何もしなくたって、それはあなた以外の誰にも分からない。

自分で決めたこと以外は何もしなくて良い。

一般的な人生を過ごしてきた人であれば、そんな状況になるのは休学期間中が初めてです。

時間を求めて休学しても、自由すぎる時間の中で頑張れる人間はほとんどいません。

だけど、それでも、あなたは自分のケツを叩いて動き続けなければいけません。それが休学期間を有意義なものにする唯一の方法なのですから。

まとめ

休学は「自分で決めたこと以外は何もしなくて良い」という特殊な期間です。

そんな状況で自分を追い込める人間はほとんどいません。大抵は堕落し、何も掴むことなく休学期間を終えてしまいます。

 

「ゆっくり考えるため」でも「何かをするため」でも基本は同じです。

走り続けるのです。そうしなければ、ただのニート期間になってしまいます。

 

そして、1度ニートになってしまうと、そこから走り出すのは本当に難しい。

 

男子が注目している記事

三井住友カード ゴールド公式 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

学生向けクレカの比較 2

学生が持てるクレジットカードの人気トップ10を解説、比較する記事です。 日本には学生が持てるクレジットカードが50種類以上存在します。しかし、現実的に持つメリットが存在するカードは10種類ほどに限られ ...

夏のメンズファッション 2020年 3

おしゃれ初心者〜中級者向けのファッション解説記事です。 はっきり言って、おしゃれ上級者の人にはつまらない記事になっています。このページでは「おしゃれを楽しむ」や「服で自己実現をする」ではなく、 「おし ...

就活で成功するサービス 4

内定に近づく就活サービスは、確実に存在します。 例えば、ES(エントリーシート)に悩む学生は多い。 初めて書く自己PR、慣れない書式、そして何より「正解が分からない」という恐怖。 「正解が分からないの ...

-大学生活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2020 All Rights Reserved.