103万円と130万円の壁|大学生がアルバイトをするときに注意すべき税金の話

投稿日:2018年6月29日 更新日:

103万円 130万円 大学生

大学生のアルバイト代は「年収103万円」と「年収130万円」を超えると、ややこしくなります。

上記の金額は、それぞれ「税金」と「社会保険」が免除されなくなるラインです。ラインに達するまでは50万円だろうが100万円だろうが気にする必要はないのですが、ラインを超えると余計な手続きが必要になります。

と言うか、中途半端に130万円を超えると単純に損をするのです。

税法上の小難しい話は税理士の解説(外部サイト)を見て頂くとして、当サイト「大学生はこれを見ろ」では、

  • ラインを超えたらどうなるのか
  • ラインを超えたらどうすれば良いのか

この2つに絞って「103万円の壁」と「130万円の壁」を解説します。

【おトクな情報】

アルバイト探しは「マッハバイト」が最適です。

  • 20万件を超える求人数
  • 使いやすいシステム

に加えて「最大1万円のお祝い金がもらえる」のがポイント。もらわないと損です。

スポンサー リンク

アルバイトの「103万円の壁」とは

「103万円」は所得税が免除されなくなるラインです。

日本には所得税の納付義務が存在します。しかし、低所得者層から過剰な税金を取れば生活に困窮してしまうので「年収103万円以上になったら徴収しよう」という制度が『103万円の壁』です。

103万円を超えたらどうなるのか

103万円を超えた分から、所得税を取られるようになります。

【アルバイト年収100万円】
→所得税はゼロ。もらえる金額は100万円。

【アルバイト年収120万円】
→所得税が5%かかる。103万円を超えた分にだけ所得税がかかるため、税額は(120万円-103万円)×5%=8500円。もらえる金額は119万1500円。

※計算を単純にしているため、金額は多少変動します。

見ての通り、アルバイト年収120万円程度じゃ気にする額ではありません。バイト代が増えれば増えるだけ、しっかりともらえる額も増えていきます。

余談ですが、日本は累進課税を採用しているため、

  • 年収120万円の所得税:5%
  • 年収1000万円の所得税:33%

以上のように、年収は増えれば増えるほど税額が大きくなっていきます。

103万円を超えたらどうすれば良いか

あなたは何もしなくて大丈夫です。

アルバイトの所得税は「源泉徴収」と言う制度で、バイト先が勝手に取って勝手に納付してくれます。そのため、あなた自身は何もしなくても勝手に手続きが行われるのです。

アルバイトの「130万円の壁」とは

大学生 130万円

「130万円」は、社会保険が免除されなくなるラインです。

日本には「国民皆保険制度」が存在します。国民全員が一定の保険金を払う代わりに、実際の医療費は3割負担で済む。大抵は世帯単位で登録しているため、あなたは「父親(世帯主)の扶養家族」という名目で保険に加入しています。

130万円を超えたらどうなるのか

「社会保険費が約10万円かかる」+「社会保険の手続きが必要になる」です。

【年収100万円】
→社会保険費はゼロ。もらえる金額は100万円。

【年収130万円】
→社会保険費が約10万円かかる。前述の所得税と合わせて、もらえる金額は約119万円。

※社会保険費は地域によって異なるため、金額は多少変動します。

社会保険費の額はかなり大きい。極論を言えば、「年収129万円」と「年収130万円」ならば、前者の方がもらえる金額が多くなるのです。

そして、103万円の時とは違い、130万円を超えると手続きが面倒くさくなってきます。

130万円を超えたらどうすれば良いか

「お父さん(世帯主)に報告」と「役所に健康保険の申請+支払い」が必要になります。

まず、「お父さんに報告」です。

と言うのも、お父さんは「年収130万円以下の子供がいます」という申請を会社にして、税制上の優遇を受けているのです。あなたが黙って年収130万円を越えれば、お父さんは会社に怒られます。

そのため、あなた→お父さん→会社の流れで「扶養家族の解消手続き」を行う必要があるのです。

続いて、「役所に健康保険の申請」です。

扶養家族を解消されてしまうと、あなたは健康保険に未加入の状態になってしまう。分かりやすく言えば「保険証がなくなる」のです。医療費も10割負担です。虫歯の治療に1万円とられるようになります。

そのため、お住まいの役所に行って「年収130万円以上のアルバイト収入がある」という体裁で健康保険に加入しなければいけない。後日、10万円分の健康保険の納付書が届くので、銀行等で支払います。

「バイト先に相談」と「親に相談」が優先

130万円 大学生

日本の税制は複雑なため、今回の解説は誰にでも当てはまる訳ではありません。

所得税や社会保険費の概念は、バイト先やご両親の状況によって変わります。

極論、バイト先が「個人経営の居酒屋」で真っ当な確定申告をしていなければ、あなたの形式上の年収は0円になります。そのため、実際の年収が103万円を越えようが130万円を越えようが関係ない。

他にも、お父さん(世帯主)が「会社員」か「自営業」かでも社会保険費の手続きは変わりますし、バイト先が「アルバイトにも社員用の社会保険を適用するかどうか」でも役所への手続きが変わります。

そのため、今回解説したお話は一般論であり、誰にでも当てはまる話ではないのです。よって、もし「103万円」と「130万円」の壁が近づいてきたのなら、「バイト先」と「ご両親」に1度相談してみてください。

まとめ

「103万円」は所得税、「130万円」は社会保険費が免除されなくなるラインです。

103万円の方はさほど気にする必要はありませんが、130万円を超えると「ご両親」や「役所」を巻き込んでの手続きになるので非常に面倒くさい。

そのため、アルバイトの収入は、

  • 年間130万円
  • 月平均10万8333円

を超えないようにしておきましょう。

この記事は大学生のアルバイト講座の【第7回】です。

他の講座をご覧になりたい方は以下からどうぞ。

【第1回】
みんなのアルバイト事情と基礎知識

【第2回】
アルバイトの選び方

【第3回】
稼げるアルバイト

【第4回】
出会いの多いアルバイト

【第5回】
就活に有利なアルバイト

【第6回】
アルバイトの面接対策

【第7回】(今のページ)
アルバイトの税金

話題の記事

クレジットカード 学生 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

お金儲け 大学生 2

「自分は賢い」と考えている人の多くは、人生のある時期に◯◯で500万円〜1000万円を失います。 ◯◯に当てはまる言葉は『投資』です。決して投資詐欺に合う訳ではありません。純粋な投資で、無知ゆえに10 ...

秋 メンズファッション 大学生 3

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 4

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

留学 海外旅行 クレジットカード 5

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズな上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば医療費の心配もなく、身分証代わ ...

学割 おトク 6

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-アルバイト

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2018 All Rights Reserved.