志望企業から内定を取れる確率がグンと上がる就活サービスを学年別に解説する。

投稿日:2017年10月8日 更新日:

就活サイト 就活サービス おすすめ

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。

皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つの就活サービスを利用していただけで4年生になるまでに内定を取れた学生もいる。

文系や理系、大学のレベルや志望業界にもよるので一概には言えませんが、登録しておかないと損をする就活サービスが増えていることは否定できない事実なのです。

そこで今回は、

  1. 現代就活の基本的な考え方
  2. 1,2年生向けの就活サービス
  3. 3年生向けの就活サービス
  4. 4年生向けの就活サービス

この4つに分けて、就活生が利用すべきサービスの全てを解説します。

【学年の考え方】

記事中の学年は「卒業までの年数」を基準にしています。

そのため、「3年生向けの就活サービス」ならば、

  • 大学院1年生
  • 留年して2度目の3年生

以上の学生も「3年生向け」に含みます。

スポンサー リンク

現代就活の基本的な考え方

就活 2019卒

就活スケジュールの解説記事でも紹介しましたが、就活の流れは以下のもの。

本来、3年3月の「企業エントリー開始」からが就活の本番でした。

つまり、

  1. エントリー
  2. 説明会
  3. 筆記試験
  4. エントリーシート
  5. 面接
  6. 内定

この流れだけ。

そのため、「エントリー」や「説明会」の申し込みに必要な『リクナビ』や『マイナビ』などの大手就活サイトにだけ登録しておけば内定は取れたのです。

数年前までは。

就活の期間は短くなっている

注目すべきは「企業エントリー」が始まるこの部分。

実は、「企業エントリー開始」から「内定式」までの期間って、ここ数年どんどん短くなっているのです。

震災などによって小幅の変更もありますが、直近で見ると、

【2016卒〜】
→3年の3月エントリー開始

【2012卒〜2015卒】
→3年の12月エントリー開始

【2006卒〜2011卒】
→3年の10月エントリー開始

こんな感じ。ちなみに、内定式の日程は変更されていません。

一見、「就活が短くなってラッキー?」みたいにも考えられますが、足りないんですよ。時間が。

学生側が充分な就活が行えないのはもちろん、企業側も目標採用数をキープすることが出来ない。その結果、本来は「選考までのオマケ」だったはずの、

  • インターン
  • スカウトイベント
  • OB訪問

などが選考に直結し始め、重要性がどんどん高まっているのです。

そして、それらを後押ししてくれる就活サービスが登場しています。

様々な就活サービスが必要になる

リクナビ インターン情報サイト

例えば、「リクナビ」

本来は「企業にエントリーするためのサイト」だったリクナビも、昨今の流れを受けて「インターン情報サイト」としても展開されています。

一部の企業は「インターン参加者に早期内定、或いは本選考での優遇」を提供しているため、インターンに行くならリクナビは外せません。



例えば、「ニクリーチ」

「人事と焼肉を食べながら話ができる」がコンセプトのスカウトサイトです。従来の就活は「学生→企業」のアプローチが絶対でしたが、スカウトサイトならば「企業→学生」のアプローチを受けることが出来ます。

スカウトサイトは3年次がメインのため、皆が就活を行う前に内定を得ることも可能です。

例えば、「マイナビ新卒紹介」

社会人の転職活動には「転職エージェント」と呼ばれるサービスが利用されます。転職者1人1人に担当が付き、適正やレベルに合わせた企業を紹介してくれるのです。

そんな「転職エージェント」の大学生版が「マイナビ新卒紹介」です。学生1人1人にプロの就職エージェントが付き、企業の紹介はもちろん、面接練習まで行ってくれます。

他にも、

  • キャリアパーク(情報サイト)
  • マスメディアン(マスコミ業界専門サイト)
  • ビズリーチキャンパス(有名大学のみ登録可能)
  • ミーツカンパニー(内定直結の合同説明会)

と多数の就活サービスが登場しています。

今回は、学年に応じて必要なサービスを紹介するので、自分の状況と照らし合わせてチェックしてみてください。

1年生〜2年生向けの就活サービス

就活サイト 1年生 2年生

とは言ったものの、1年生〜2年生向けの就活サービスはほとんど存在しません。

残念ながら採用する側が望んでいないんです。

そもそも、まともな就活サービスの大半は無料です。もちろん、無料でサービスを運営する意味はありませんから、就活サービスは企業からお金をとっています。

企業の採用活動の一助になるからこそ、学生は無料で使える訳ですね。

ところが、いくら「早期のスカウト採用」や「本選考への優遇」を実施したくても、1年生や2年生は対象にしたくない。だって、いくら何でも入社までが遠すぎる。

大学をしっかり卒業するかも分からないし、1年次は優秀でも4年次にはバカになっているかもしれない。

そういった考えから、1年生〜2年生向けの採用活動はほとんど行われていません。必然的に、お金を出す企業がいないため、就活サービスも展開されない。

そのため、就活サービスの多くは1年生、2年生が登録することは出来ません。

一応、卒業年度を詐称して会員登録を行えば就活情報だけ閲覧することも出来ますが、そこまでやる必要はないでしょう。

3年生に必要な就活サービス

就活サイト 3年生向け

3年生に必要な就活サービスは「早期内定に繋がる」です。

「インターン」はもちろん、「スカウトサービス」や「就活イベント」が中心になります。4年生から始まる本選考とは違い、確実に内定を取れる訳ではありませんが、

  • 早期内定が取れれば、4年次から就活しなくても良い
  • 志望度は低くても、「内定が1つあること」の心理的余裕は凄まじい
  • 仮に内定が取れずとも、スタートダッシュができると就活本番で有利

以上3点によって、やんわりとでも3年次から行動を始めることには大きな意味があります。

紹介する就活サービスは6つです。太字は特にオススメなサービス。

【リクナビ】
→インターン情報サイト

【マイナビ】
→インターン情報サイト

【キャリアパーク】
→具体性の高い就活情報サイト

【ニクリーチ】
→誰でも登録できるスカウト型サイト

【ビズリーチ・キャンパス】
→高学歴限定のコミュニティ(スカウト型)サイト

【マスナビ】
→マスコミ・広告業界特化の情報サイト

また、一部のサービスには「ウェブ版」と「アプリ版」の2つが存在しますが、原則としては「ウェブ版」がおすすめです。

就活における情報情報は「@gmail.com」や「@icloud.com」などの複数端末で確認できるアドレスに一括登録するのが基本のため、一部を「アプリ版」で登録すると重要情報を見逃すことがあります。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

リクナビ

リクナビ インターン

【メインのサービス内容】

  • インターン情報
  • 企業情報
  • 就活イベント

【登録可能期間】

  • 3年生6月〜4年生3月

「リクナビ」は、新卒就活における最大の就活情報サイトです。

3年生の6月からオープンしていて、インターン情報を中心に就活に関するあらゆる情報を提供してくれます。

ちなみに、企業へのエントリーは3年生の3月からしか行えないため、それまではインターン情報がメインになっています。

【3年生6月〜3年生2月】
→インターン情報サイト

【3年生3月〜】
→企業へのエントリーサイト

インターンに参加したい学生はチェックしておきましょう。

リクナビ公式サイト

マイナビ

マイナビ インターン

【メインのサービス内容】

  • インターン情報
  • 企業情報
  • 就活イベント

【登録可能期間】

  • 3年生6月〜4年生3月

「マイナビ」は、新卒就活におけるNo,2の就活サイトです。

正直に言えば、提供されるサービス内容は「リクナビ」とほとんど同じ。両方登録しておいて、使いやすい方をメインにすれば問題ありません。

規模的には「リクナビ」の方が大きいのですが、後述の「マイナビ新卒紹介」の登場によって「マイナビ」の利用者はじわじわ増えています。

マイナビ公式サイト

キャリアパーク

就活サイト おすすめ

【メインのサービス内容】

  • インターン情報
  • 就活イベント
  • 就活テクニック集

【登録可能期間】

  • 2年生4月〜4年生3月

「キャリアパーク」は、「リクナビからエントリー機能を排除して、情報提供にだけ特化した就活サービス」です。

一例として、

などの具体的で役に立つ情報を無料DLすることが可能になっています。

「リクナビ」などの大手サイトや「就活対策本」などにはない『昨年内定に繋がった具体的な答え』をチェックできるのが魅力です。

キャリアパーク公式サイト

ニクリーチ

ニクリーチ 大学3年生

【メインのサービス内容】

  • スカウトサービス
  • 就活イベントの開催
  • 焼肉が食べられる

【登録可能期間】

  • 3年生4月〜3年生3月

「ニクリーチ」は、「企業の人事と焼肉を食べながらスカウトを受けられる」がコンセプトのスカウト型就活サイトです。

【スカウト型就活サイトとは】

企業から学生にアプローチが来るサービスのこと。

従来は、学生側が企業にエントリーをしないと選考が進むことはなかったが、スカウト型ならば、プロフィールを見た企業が学生に連絡してくれる。

たまに見かける「みんなが就活を始める前に、既に内定を得ている意識の高い学生」は、大抵ニクリーチに登録しています。

もちろん、スカウトを断ることも出来ますし、「とりあえず早めに内定を取っておきたい」と考えているなら登録しておいて損はありません。

ニクリーチ公式サイト

ビズリーチキャンパス

ビズリーチキャンパス 内定

【メインのサービス内容】

  • 高学歴限定のコミュニティサービス
  • 就活イベントの開催
  • OB訪問が簡単に行える

【登録可能期間】

  • 3年生4月〜3年生3月

「ビズリーチキャンパス」は、高学歴限定のコミュニティサービスです。

「高学歴限定」は比喩ではなく、本当に一定以上の大学に在籍する学生しか登録できません。2017年時点では、以下の23校のみ。大体、MARCH関関同立以上ですね。

【登録可能大学】

早稲田大学、慶応義塾大学、大阪大学、東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、名古屋工業大学、九州大学、九州工業大学、東京理科大学、中央大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、立命館大学、立教大学、同志社大学、神戸大学、上智大学、関西学院大学、北海道大学

(登録数が多い順)

名目上は「OB訪問が簡単に行えるサービス」ですが、実際は「高学歴限定のスカウト、就活イベントサービス」に近い。

直近では、

などの、就活で上位を狙うためのイベントが頻繁に行われています。

「登録できる23校に所属していて、且つ、就活で大手有名企業を狙っている学生」は登録しておいて損はありません。

ビズリーチ・キャンパス公式サイト

また、先に紹介した「ニクリーチ」と「ビズリーチ・キャンパス」の運営元は同じ会社です。共通するイベントもあるため、

「ビズリーチ・キャンパスに参加したいけど、対象校に入っていない…」

と考えている人は、「ニクリーチ」に登録しておくと良いでしょう。

ニクリーチ公式サイト

マスナビ

マスナビ 大学3年生

【メインのサービス内容】

  • マスコミ・Web・広告業界の就活情報
  • マスコミ・Web・広告業界の就活イベント
  • マスコミ・Web・広告業界のインターン情報

【登録可能期間】

  • 2年生4月〜4年生3月

「マスナビ」は、「マスコミ・Web・広告業界に特化したリクナビ」と考えると分かりやすい。

先鋭的な感覚が求められる「マスコミ」や「広告業界」、ベンチャー企業が多い「Web業界」は選考方法や日程が特殊な企業が多い。

インターンで本内定を出す企業もいれば、面接をほとんど行わず制作物を見せれば一発内定の企業もあります。

そのため、マスコミ・Web・広告の上位企業を狙うのであれば、業界専用の就活を行なった方が良いのです。

大半の学生には必要のない就活サイトですが、このあたりの業界を志望しているのならば3年生の間に登録しておくのが正解です。

マスナビ公式サイト

4年生に必要な就活サービス

就活サイト 4年生が登録すべき

4年生に必要なサービスは「内定にしっかりと繋がる」です。

3年生のときに主力だった「インターン」や「スカウト」関連のサービスはもう使うことが出来ません。「就職エージェント」や「内定直結型説明会」などの、内定にしっかりと繋がるサービスをチェックする必要があります。

紹介するサービスは6つです。

一部、3年生のときと被っているサービスもありますが「3年生向け」と「4年生向け」ではサービス内容が変わっているので念のため。

太字が特にオススメなサービス。

【リクナビ】
→企業へのエントリーサイト

【マイナビ】
→企業へのエントリーサイト

【マスナビ】
→広告・Web・広告業界特化の情報サイト

【キャリアパーク】
→具体性の高い就活情報サイト

【マイナビ新卒紹介】
→就職エージェントサービス

【ミーツカンパニー】
→内定直結型合同説明会

それでは、1つずつ見ていきましょう。

リクナビ

リクナビ 就活サイト 比較

【メインのサービス内容】

  • 企業へのエントリー
  • 就活イベント
  • 就活テクニック集

【登録可能期間】

  • 3年生6月〜4年生3月

リクナビは、新卒就活における最大の就活サイトです。

選考における序盤のイベント、

  1. エントリー
  2. 説明会
  3. エントリーシート
  4. 筆記試験
  5. 面接
  6. 内定

この中の「エントリー」と「説明会」への申し込みの9割以上はリクナビ(或いはマイナビ)を使って行われるため、リクナビ(マイナビ)を避けて就活を行うことは出来ません。

また、3年次の説明の際に、

【3年生6月〜3年生2月】
→インターン情報サイト

【3年生3月〜】
→企業へのエントリーサイト

このように表現しましたが、「インターン情報サイトとしてのリクナビ」に登録しておけば、3年生の3月1日0時に自動的に「企業へのエントリーサイトとしてのリクナビ」に変更されているため、既に登録している学生が新規登録する必要はありません。

リクナビ公式サイト

マイナビ

マイナビ 就活サイト 比較

【メインのサービス内容】

  • 企業へのエントリー
  • 就活イベント
  • 就活テクニック集

【登録可能期間】

  • 3年生6月〜4年生3月

マイナビは、新卒就活におけるNo,2の就活サイトです。

サービス内容はリクナビと99%同じです。掲載企業も似通っていますし、イベントの内容もほとんど同じ。そのため、両方登録して、「イベントの日程が合う方」や「なんとなく使いやすい方」に寄せていけば問題ありません。

利用者数はリクナビの方が上ですが、後述の「マイナビ新卒紹介」との連携によって利用者満足度はマイナビが勝っています。

マイナビ公式サイト

マスナビ

マスナビ 大学3年生

【メインのサービス内容】

  • マスコミ・Web・広告業界へのエントリー
  • マスコミ・Web・広告業界の就活イベント
  • マスコミ・Web・広告業界の就活テクニック集

【登録可能期間】

  • 2年生4月〜4年生3月

「マスナビ」は、マスコミ業界に特化した就活サイトです。

サービスの内容は「リクナビ」「マイナビ」とほとんど同じです。ただし、「リクナビ」「マイナビ」があらゆる業界に精通していることに対して、「マスナビ」はマスコミ・Web・広告業界のみ。

3年次の項目でも解説しましたが、上記3業界の選考は特殊なものが多い。独自の筆記試験を使ったり、制作物の提出があったり、他の業界と同じ対策では内定までは至りづらいのです。

そのため、

  • マスコミ
  • Web
  • 広告

の3業界を志望している学生は、必ず登録しておきましょう。

マスナビ公式サイト

キャリアパーク

具体的なESの答え

【メインのサービス内容】

  • ダウンロード資料の提供
  • 就活イベント
  • 就活テクニック集

【登録可能期間】

  • 2年生4月〜4年生3月

「キャリアパーク」は、豊富なダウンロード資料が魅力的な就活サイトです。

例えば、「人気企業100社の内定者が実際に提出したES回答集」

【掲載企業】

ANA/JAL/トヨタ/日産自動車/花王/電通/博報堂/三菱東京UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行/伊藤忠商事/三菱商事/ 三井物産/NTTデータ/JR東日本/JTB/HIS/リクルート/サントリー/日清/明治/森永製菓/IBM/ゴールドマン・サックス/ モルガン・スタンレー/BCG/NHK/東京海上日動/三井住友海上火災/野村證券…(他)

以上の人気企業を実際に通過したESを見ることができるのです。

三井物産 エントリーシート

三井物産通過ES

このあたりは「リクナビ」「マイナビ」には存在しないサービスと言えます。企業と学生の間に立っている「リクナビ」は、明確な答えを学生側に提供することが出来ないのです。

その点、「キャリアパーク」はエントリー機能がない故に、

などの、企業側からは不利益とも言える具体的な答えを提供してくれています。

キャリアパーク公式サイト

マイナビ新卒紹介

マイナビ新卒紹介 内定

【メインのサービス内容】

  • キャリアアドバイザーとの面談
  • 面接練習
  • エントリーシート対策
  • 非公開求人の紹介

【登録可能期間】

  • 3年生3月〜4年生3月

「マイナビ新卒紹介」は、キャリアアドバイザーと共に就活を進行できるサービスです。

就活って、1人で行うのは本当に大変です。就活情報は数え切れないくらい溢れているし、ESを書いてもそれが正しいのかどうか判断できない。

しかし、マイナビ新卒紹介に登録しておけば、

  • ESのチェック
  • 適正企業とのマッチング
  • 欠点の見直し

と、常に問題点を解消しながら進むことができるのです。

言い方は悪くなりますが、あまり優秀でない学生は就活開始(3年3月)と同時にマイナビ新卒紹介に登録して、面談を受けると後の就活がグッと楽になります。

反対に、自分で行動できる優秀な学生は「アドバイザーの指導がうざい」と感じることもあるので、自分の方向性と合わせて利用してください。

マイナビ新卒紹介公式サイト

Meets Company(ミーツカンパニー)

内定 簡単に取れる

【メインのサービス内容】

  • 内定に直結する説明会への参加
  • キャリアアドバイザーとの面談

【登録可能期間】

  • 3年生3月〜4年生3月

「ミーツカンパニー」は、「とりあえず内定を取る」が実現できるサービスです。

はっきり言って、就活序盤からオススメなサービスではありません。ミーツカンパニーは、「選考にそのまま繋がる合同説明会に参加できるサービス」です。どんな企業がやってくるかは直前まで分かりませんし、志望している業界・企業と出会えるかも分からない。

しかし、内定への早さだけは定評があるのは確かです。

そのため、

  • 内定を早くとって就活を終わらせたい
  • 内定を1つ取って、安心して本命の選考を迎えたい
  • 就活終盤で無い内定だから、とにかく内定が欲しい

みたいな学生には抜群のサービスだと言えます。

万人にオススメできるサービスではありませんが、学生によっては非常に魅力的なサービスです。自分の置かれた状況によっては利用してみると良いでしょう。

Meets Company公式サイト

まとめ

「リクナビ」「マイナビ」だけでなく、近年は様々な就活サービスが登場しています。

全体の方向性としては、

以上が正解です。

最初にも解説しましたが、ものすごく優秀な学生であれば「3年生の3月からリクナビに登録。エントリー開始」だけでも優良企業の内定を得ることは出来ます。

ただ、今や多くの企業が採用コースの多様化に踏み切り、多くの学生がそれに合わせた行動を続けています。

3年生から就活を始めるのは面倒かもしれませんが、

「とりあえず登録。気になるイベントがあれば参加」

を1歩目として、行動を始めることをオススメします。

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと82,167 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

秋 メンズファッション 2017年 2
秋のメンズファッションの極意をおしゃれ初心者に分かりやすく解説する82,522 人が参考にしています

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 3
志望企業から内定を取れる確率がグンと上がる就活サービスを学年別に解説する。7,560 人が参考にしています

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

海外 留学 クレジットカード 4
留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方5,830 人が参考にしています

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

学割 おトク 5
知らないと損をする!?「本当におトク」な3つの学割サービスの解説。2,769 人が参考にしています

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-就活, 就活コラム

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.