大手就活サイト比較!でも、ぶっちゃけ大体同じだ!!

投稿日:2013年11月22日 更新日:

就活サイト

現代の就活において、欠かすことが出来ないのが就活サイト。

エントリー、説明会の予約や選考への申し込みなどはもちろん、

企業研究や自己分析と言ったサービスも充実していて、就職活動には必須と言っても過言ではありません。

とは言え、全ての就活サイトを使う必要もありません。自分に合ったものだけで充分です。

今回は、大手就活サイトを比較します。

スポンサー リンク

四大就活サイト

就活サイトは山の様にありますが、その中でも最大規模を誇っているのが次の4つ。

  • リクナビ
  • マイナビ
  • 日系就職ナビ
  • en 学生の就職情報

それでは1つずつ解説します。

リクナビ

就活サイトの中でも最大手、リクナビ

1万を超える掲載企業、豊富なコラム、親切な自己分析、就活生の9割以上が利用しているだけあって非の打ち所がありません。

大手狙い、地元の中小狙い、メーカー狙い、金融狙い、関係ありません。

必ず登録しておきましょう。

マイナビ

リクナビに次ぐ大手就活サイト、マイナビ

なんとか1万を超えた掲載企業、そこそこ豊富なコラム、割と親切な自己分析、就活生の9割以上が登録しているものの、結局リクナビしか使わなくなることで有名。

いえ、決して悪い訳ではないんです。

ただ、わざわざリクナビを外してマイナビを使う理由もないのが現状です。

日経就職ナビ

日系新聞を母体にした大手就活サイトが、日経就職ナビ

日経が経営しているだけあって、企業研究や自己分析に使うのなら就活サイトナンバーワン。

就活に役立つ日経新聞の記事を無料で読めるなどのサービスも充実しているため、登録しておいて損はない就活サイトです。

 

なお、「就活サイト 比較」などと検索すると、

就活サイト比較 検索結果

いくつかの解説ページが出てきます。(1番上は私のブログですが)

そして、ほとんどのサイトで日経就職ナビをゴリ押ししています。

実は、日経就職ナビは他の就活サイトと違って紹介料が出るからであって、優良なサイトではありますが、就活に日経就活ナビが必須という訳ではありません。

en 学生の就職情報

上記3つの就活サイトと比べると規模は劣るものの、中小企業を探すのなら外せないのが、en 学生の就職情報

掲載企業、コラムの豊富さ、企業研究、全てにおいて上記3サイトよりも劣りますが、かゆいところに手が届くのが何よりの強み。

上記3サイトには載っていない隠れ優良企業、多くはないが親切な企業紹介、「あ、そうか」と思わず唸ってしまうコラム。

メインサイトとして使うものではありませんが、サブとして大いに活躍を期待できる就活サイトです。

上3つは大体同じ

リクナビ、マイナビ、日経就職ナビに関しては特徴を解説しましたが、極端に優れていたり劣っていたりする点はありません。

大体の有名企業は掲載されていますし、とりあえず3つとも登録してみて自分が1番使いやすいサイトを使うのが正解です。

 

「いや、マジメに解説しろよっ!!」

って思う人もいるかもしれません。

しかし、就活サイトが誕生してから約10年。開設当初はそれなりにサイトごとの特色もありましたが、対象とする顧客(大学生)が望むものは同じで、有効なアイデアは次年度には真似される。

特色を出す方が難しくなってくるのは当然です。

 

もちろん、「リクナビが1番優れている!」「日経就職ナビがナンバーワン!」なんて声高々に主張する人もいるかもしれませんが、紹介料だったり、リクナビお付きの就活コンサルタントだったりするのが大半です。

とは言え、個人的にオススメな使い方

それら全てを踏まえた上で、オススメの就活サイトの使い方は、

「リクナビ」或いは「日経就職ナビ」をメインに、「en学生の就職情報」をサブに使う

こんな使い方です。

掲載企業の多さ、情報量から言っても大手3サイトを使わない就活は考えられません。

最大手のリクナビ、日経が母体となっている日経就職ナビ、どちらかの利用は必須です。

マイナビでも良いのですが、上記2サイトに比べると中途半端さが否めません。

 

そして、大手サイトでは拾いきれない企業、情報をen学生の就職情報で集める。

これで基本動作は完璧です。

 

また、大手3サイトを3つとも同時進行で利用するのはオススメ出来ません。

スケジュールやメール等が管理しきれなくなる、エントリーや説明会の予約等の確認に混乱する等トラブルの元になります。

多くても3サイトの内2サイトにとどめておきましょう。

まとめ

大手3サイトに大きな特色はありません。

とりあえず全て登録してみて、自分が1番使いやすいと感じたものを使うのが◯です。

そして、

リクナビ、日経就職ナビ、マイナビの中から1~2つのサイトをメインに、en学生の就職情報をサブに使う

のが正解です。

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと73,353 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

白いワンピースの女性とネイビーのシャツの男性 2
女子モテを意識した夏のメンズファッションを真面目に解説する。424,292 人が参考にしています

「あなたは、服装を変えればもっとモテるかもしれない」 これは紛れもない事実です。 もちろん、「着るだけでモテる服装」なんて都合の良いものは存在しません。モテるためには内面の力が必要不可欠なのです。 し ...

就活 意味 3
就活を行う意味|大人が「絶対に新卒で就活しろよ」と言う本当の理由とは。68,836 人が参考にしています

「しっかり勉強して、良い大学に入って良い企業に入りなさい」 「就活の準備は進めているのか?絶対に新卒で就職するんだぞ」 就活を目前に控えた3年生にもなれば、こんな言葉をどこかで聞かされているはず。 日 ...

ハワイ クレジットカード 4
お得なクレジットカードの使い方|クレカを使ってハワイにタダで行く方法を解説する1,796 人が参考にしています

こんな質問を頂きました。 はじめまして。この春から関西の国立大学に通う○○と申します。 実は、高校生の頃から「大学生はこれを見ろ」を読んでいて、やっと手に入れた知識を活かすことが出来ると考えております ...

決心 5
レポートの書き方|1時間で80点以上を取るための3つのポイント846,842 人が参考にしています

「2000字程度のレポートなら、1時間で80点を取れる」 今回はそんなレポートの書き方を紹介します。 ただ、今回紹介する方法は「レポートの文章構成」や「論理展開の仕方」などと言った真っ当なレポートの書 ...

-就活, 就活コラム

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.