就活で人生が狂うのは意外とMARCHや関関同立の学生だという話

投稿日:2013年11月22日 更新日:

MARCH、関関同立

時事ドットコム 「就活中の学生二割『自殺考えた』」

こんなニュースが話題になりました。

題名を見れば分かるように、内容は「就職活動を経験した学生のうち2割が就活が原因で『死にたい』と考えたことがある」というもの。

内容に関しては賛否両論あるものの、そういう意見が多いことは事実でしょう。

そして、私の感覚としては、就活で「死にたい」と考えたり、働くのが嫌になってしまったりするのは、MARCHや関関同立と言った高学歴の学生に多いのです。

スポンサー リンク

就活で失敗する

題名では「人生が狂う」と書きましたが、要は「就職できなかった」ということです。

いや、「就職できなかった」のならある意味、仕方がないとも言えますが、厳密に言うと「まだ挽回できる可能性は充分にあるのに、やる気をなくしてしまい働く気がなくなったり鬱っぽくなってしまったりする」のです。

MARCHや関関同立の学生がそういった状況に陥ってしまうのには、いくつか理由があります。

落胆する大学生

高学歴の中の下位

明治大学、法政大学、或いは同志社大学、立命館大学

日本では有名な大学ばかりです。世間一般では「高学歴」と呼ばれるのは間違いありません。

そして、

就活に学歴は関係ないと思ってるバカに向けて。分かりやすく就活における学歴の重要性を説明させて頂きます。

この記事でも解説しているように、就活には学歴フィルターが存在します。

具体例の1つとしては、こんな感じ。

 

A・旧帝大(東京、京都、東北、九州、北海道、大阪、名古屋の7大学)と早稲田、慶応、上智、国際基督教プラスα

B・MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)、日本女子、武庫川女子プラスα

C・日東駒専(日本、東洋、駒沢、専修)、産近甲龍(京都産業、近畿、甲南、龍谷)、大東文化、国学院、帝京、亜細亜プラスα

D・その他、新興大学など

 

もっとも、A群の大学しか採用しない企業は非常に稀です。「学歴フィルターがある」と言われる企業の多くはB群以上で採用活動を行います。

当然、MARCHや関関同立もここに当てはまります。

メガバンク、一流メーカー、マスコミ、いわゆる大手企業を狙うのはMRACH関関同立の学生の間では常識です。

だって、世間では誰もが認める高学歴なんですから。

だけど、大手企業を受けにくる学生の中ではそうではありません。

「MARCH?関関同立?あー、ギリギリだなぁ(笑」

MARCH関関同立の学生は常に自分より高学歴の相手と戦わねばならないのです。

当然、負ける可能性もいくばくか高くなります。

にも関わらず、過信…。

過信

MARCH関関同立には、自分の力を過信している学生がとても多い。

国立早慶落ちが多いからなのか、推薦組が多いからなのか、それとも家が裕福だからなのか。

はっきりとした理由は分かりません。

ただ、自信満々な学生が多いのは間違いないですし、中にいる学生もそれは実感しているでしょう。

多くの大学生は就活を行うにあたって、「第一志望群」と「第二志望群」そして「第三志望群」または「抑えめなところ」などと、ある程度失敗した時のことを考えて計画を練ります。

ところが、MARCH関関同立の学生は自分は第一志望の企業に入れるとなぜか確信している。

抑えを考えない。失敗した時のことを考えない。

言葉にすると立派なことの様に聞こえますが、就活においては愚の骨頂です。

第一志望群の企業が全滅した頃には、大手企業の就活は終了しています。

それでも下は見れない。大手だ。大手だけなんだ。

誤解しないで欲しいのは、MARCH関関同立の学生が能力的に劣っている訳ではないということ。

良い意味でズル賢く、私立大学特有のノリの良さは社会に出てからも大きな武器になります。

しかし、就活には運も大きく作用します。

打つ弾が少ないと、能力があっても無い内定になることは多々あるのです。

それでも地元の中小などを狙えば充分に就職できるでしょう。

だけど、簡単にそれは出来ない。

だって、周りのみんなは大手を狙ってるし、実際に大手から内定をもらっているのだから。

「中小になんて行ったらバカにされるかもしれない…」

そう考えると就職偏差値の低い企業は見れなくなってしまいます。

そして、折れる

元々、大手しか狙っていなかったのですから、中小企業の採用活動に通ってももちろんモチベーションは上がりません。

そして、面接官はプロ。いくら有名大学の学生だからと言っても、やる気のない学生を雇う訳はないのです。

中小も落ち続けてしまう。

自分が間違っていたのか。社会からは必要とされていないのか。

 

ここでプライドを捨てて、就職課に本気で相談したり、既に内定を得た友人に教えを乞うことが出来るのなら、まだ事態は好転する可能性が充分にあります。

ところが、MARCH関関同立の学生はそうはなりません。

そもそも「絶対に就職しなければならない」という意識が希薄なのです。

なぜなら、家が裕福だから。

家が裕福

学費は文系でも年間100万円。理系なら学部によっては200万円近く。

都市部での一人暮らしの費用、仕送り、教材費etc

もちろん全員がそうではありませんが、一般的な公立大学に通っている学生に比べると、MARCH関関同立の学生の家が裕福なのは間違いありません。

 

ところで、人はなぜ働かねばならないのでしょうか?

いろいろ言い分はあると思いますが、基本的には「お金」です。

大学を卒業して、自立するためにお金は必要不可欠なのです。

「奨学金を返さなきゃ」「早く親に楽をさせなきゃ」

多くの大学4年生にはお金が必要です。必然的に死にものぐるいで内定を得ようとします。

ところが、家が裕福だとそうはなりません。

大学を出てすぐには働かなくとも、しばらくは養っていけるだけの蓄えは充分にあります。

気付けば内定ももらえず、4年の秋、就活に疲れていく我が子を見て、親は言います。

「そんなに焦らなくて良いんじゃないか?」

 

本当に、過信せず、自分を見つめ、周囲にも相談し、努力し続けた結果ならば、それも仕方ありません。

新卒の就活が全てではありませんし、もう1年頑張るもの大いにアリです。

しかし、前述の様に、過信したまま、プライドを保ったままだと次年度も同じ失敗を繰り返すでしょう。

まとめ

今回、紹介した様な「大手企業に目が行き過ぎてしまって、その結果、就活で結果が出せないこと」は一般的に大手病と言われています。

繰り返しになりますが、決してMARCH関関同立の学生を貶している訳ではありません。

ただ、大手病にかかって思うように結果が出せない学生が本当に多いのです。

大手企業を狙うのはもちろん間違いではありませんし、MARCH関関同立の学生にはその力があります。

しかし、大手だけを見ていると、思わぬ結果を招いてしまう可能性があることも忘れないでください。

人気の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

冬 メンズファッション 2
おしゃれ初心者必見!冬のメンズファッションとアイテム選びの基本を徹底的に解説する。

「このページを見れば『おしゃれな冬のメンズファッション』が分かる」 今回は、そんな気持ちで記事を執筆しました。 冬は、春秋に比べるとアイテムが増えるため、組み合わせに悩みがちです。 そこで今回は「誰で ...

お洒落 メンズ 3
知っておかないと損をする!大人が「新卒で絶対に就職しなさい」という本当の理由。

「しっかり勉強して、良い大学に入って良い企業に入りなさい」 「就活の準備は進めているのか?絶対に新卒で就職するんだぞ」 そんな風に言われてきた大学生も多いでしょう。 日本の採用慣習は世界でも稀な形です ...

株式投資 大学生 4
年収1億円を夢見るあなたに伝えたい「水の運び方」の話

「年収1000万円を目指すなら、就活で本気出せよ」 大これでは何度かそういうお話をしてきました。 【参考過去記事】 知っておかないと損をする!大人が「新卒で絶対に就職しなさい」という本当の理由。 将来 ...

大学生 レポート 5
レポートの書き方|100点を目指すための一歩目は「文章構成」である

「ラクをして、レポートで高評価を取りたい」 大いに結構です。 学業に大学生活の意味を見出だしているのならば、マジメにやれば良い。だけど、大半の学生にとって学業なんておまけ程度のものです。 きっと、あな ...

-就活, 就活コラム

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2016 AllRights Reserved.