250ccバイクの中でも「大きい」或いは「大きく見える」バイクまとめ。

投稿日:2015年5月21日 更新日:

250cc バイク 大柄

「大きいバイクはカッコいい!」

「ガタイがでかいから小さいバイクは似合わない!」

「「だけど、予算的に400cc以上は厳しいなぁ…」」

そんな人に向けて。

250ccの中でも「大きい」或いは「大きく見えるバイク」を紹介します。

カタログ画像は各メーカーHPより。

カスタム画像は画像下記のバイクショップより。

スポンサー リンク

基本の考え方

「大きなバイク」「大きく見えるバイク」を選ぶ上で基本的な考え方は次の3点です。

  • 車格はぶっちぎりで「ビッグスクーター」
  • 「アメリカン」は大きいが、小さく見える
  • 大きく"見える"のは「フルカウル」か「オフロード」
  • 「ネイキッド」なら一昔前のバイク

1つずつ解説します。

車格は「ビッグスクーター」

カタログサイズ的な意味で「大きい」のは何よりも『ビッグスクーター』です。

ビッススクーター 大学生

マジェスティ(YAMAHA)

上記の画像はYAMAHAのサイトで公開されているバーチャルシミュレーション

搭乗者の身長を178cmに設定しても、充分なサイズ感であることが理解できます。

「アメリカン」は避ける

カタログサイズだけで言えば「アメリカン」も「ビッグスクーター」と並ぶほどに大きいものです。しかし、大きさを求めるのであれば250ccアメリカンは最も避けるべき選択肢だと言えます。

相対的に小さく見えるからです。

確かに、一般に販売されているネイキッドやフルカウルに比べると一回り大きいものが多い。だけど、元々アメリカンは大きなものなのです。

アメリカンバイク 小さい

ドラッグスター250(YAMAHA)

アメリカンバイク 大きい

ドラッグスタークラシック400cc(YAMAHA)

決して上記のドラッグスター250が小さい訳ではありません。

しかし、アメリカンのイメージが下のサイズである以上どうしても相対的に小さく見えてしまうのです。

「フルカウル」と「オフロード」

大きく"見える"を考えるのであれば「フルカウル」「オフロード」を外すことは出来ません。

フルカウルは、そのカウルデザインと前部分に依った重心によって。

フルカウルバイク 250cc

YZF-R25(YAMAHA)

オフロードは、その重心の高さとシート高によって同サイズのバイクに比べると大きく見えるのです。

身長 単車 中型

WR250R(YAMAHA)

「ネイキッド」なら一昔前のもの

近年のバイクの特徴は「差別化」

250ccと400ccで同じようなデザインを販売し、

「250ccはやや小柄で安価」

「400ccは車格を上げて細部に凝る」

などの「差別化」の風潮が強いため、どうしても250ccのネイキッドは小柄なものが増えがちになっています。

よって、「大きく見えるネイキッド」を選ぶのであれば『ホーネット』『バリオスⅡ』『バンディッド250』などの一昔前の大型タンクに大型タイヤを装着していた250ccモデルがオススメです。

ネイキッドバイク 大きい

ホーネット(HONDA)

大きい250ccバイクの具体例

それでは、上記の基本をふまえた上で「大きなバイク」「大きく見えるバイク」の具体的な車種を紹介します。

参考までに教習車でもよく使われる「CB400SF」のサイズが、

400cc ネイキッド

CB400SF(HONDA)

2080mm(全長)×725mm(全幅)×1080mm(全高)であることをお伝えしておきます。

ただし、バイクの大きさは実寸よりもデザインや素材に左右されがち。気になった車種は必ず店頭でチェックしてから購入してください。

スカイウェイブ(SUZUKI)

スカイウェイブ おしゃれ

スカイウェイブSS(SUZUKI)

2270mm×810mm×1140mm

大柄なビッグスクーターの中でも特に大きいのがスズキの『スカイウェイブシリーズ』です。

その大きさゆえに「マジェスティ(YAMAHA)」や「フォルツァ(HONDA)」と並ぶ人気車種で、中古車の弾数も非常に豊富。

また、「スカイウェイブ」を始めとしたビッグスクーターはカスタムすることでより一層大きく見せることも可能です。

YZF-R25(YAMAHA)

大学生 250ccバイク

YZF-R25(YAMAHA)

2090mm×720mm×1135mm

現在販売されている国産250ccフルカウルの中で最も大きく見えるのがYAMAHAの「YZF-R25」

以下のシミュレーションを見て頂ければ分かるように、178cmでも自然に収まるスタイリングです。

フルカウル 格好良い

YZF-R25(YAMAHA)

ただ、「YZF-R25」は2014年販売のバイクです。新車購入を考えているなら問題ありませんが、予算的に新車が厳しいならば中古車が豊富な「NINJA250シリーズ」「ZZR250」がオススメです。

中型バイク おすすめ

NINJA250(KAWASAKI)

ツアラー 250cc

ZZR250(KAWASAKI)

WR250R(YAMAHA)

大学生 中型バイク

WR250R(YAMAHA)

2190mm×810mm×1235mm

大きく見えやすいオフロードバイクの中でもひと際大きく見えるのが『WR250R』です。

その秘密は895mmにもなるシート高。

178cmの搭乗者でもつま先立ちになるほどのシート高は、そのままバイクのイメージを大きくさせてくれます。

オフロード バイク

WR250R(YAMAHA)

また、代表車として「WR250R」を紹介しましたが、全長も長く、シートも高く設定しているオフロードバイクは各社から販売されています。

HONDAなら「CRF250L」KAWASAKIなら「KLX250」をチェックしてみましょう。

中型バイク 大きい

CRF250L(HONDA)

250cc バイク

KLX250(KAWASAKI)

GSR250(SUZUKI)

ネイキッドバイク 大きい

GSR250(SUZUKI)

2145mm×760mm×1075mm

現行250ccネイキッド、ストリートファイターで最も大柄なのが『GSR250』

全長は2145mm。400ccネイキッドの代名詞「CB400SF(全長2080mm)」より長いものの、タイヤサイズやガソリンタンクのせいで実寸よりも小さく見えてしまうのは否定できません。

そういう意味では、フルカウル版の「GSR250F」や後述の「ホーネット」がオススメです。

身長180cm 250ccバイク

GSR250F(SUZUKI)

ホーネット(HONDA)

身長高い 中型バイク

ホーネット(HONDA)

2035mm×740mm×1050mm

「大きな250ccバイクは何?」と聞かれれば、多くのバイク乗りが真っ先に答えるのが『ホーネット』です。

カタログ上のサイズは並ですが、大型バイク並みのリアタイヤと16Lもの燃料タンクによって存在感は抜群。

既に生産終了しているため新車で購入するのは不可能ですが、しっかりと探せば良質な中古車があちこちに眠っています。

また、この時代の250ccネイキッドは大柄なものが多く、そういう意味では「バリオス2(KAWASAKI)」「バンディッド250(SUZUKI)」もオススメです。

中型バイク カワサキ

バリオス2(KAWASAKI)

身長 250ccバイク

バンディッド250(SUZUKI)

Vツインマグナ(HONDA)

250cc アメリカン

Vツインマグナ(HONDA)

2315mm×880mm×1065mm

「どうしても250ccアメリカンが欲しい!」

そんな人には250ccアメリカンの中では最も大柄な『Vツインマグナ』がオススメです。

流石に400ccアメリカンと比べると細部の出来は劣りますが、単純な大きさだけで言えば充分許容範囲。

同サイズに「エリミネーター250V」もありますが、こちらはエンジン周りのデザインの問題でVツインマグナより少し小柄に見えてしまいます。

アメリカン 大きい 250cc

エリミネーター250V(KAWASAKI)

また、現行の国産250ccアメリカンは「ドラッグスター250」だけなので、新車で欲しいならば必然的にドラッグスターを選ぶことになるでしょう。

大学生 アメリカン

ドラッグスター250(YAMAHA)

まとめ

以上が「大きい」或いは「大きく見える」250ccバイクです。

ただ、「大きさ」を基準にするのであれば250ccが400ccに勝てる点はありません。400ccを候補に入れれば今回紹介したバイクの半分ほどは姿を消してしまいます。

250ccを選ぶ理由の大半が「車検による金銭面」だと思いますが、バイクショップに委託した際の車検費用は5,6万円ほど。

もしかすると、後ひと月バイトを頑張るか、年式を落とした400ccを購入した方が満足する結果に落ち着くかもしれません。

また、中型バイク選びの基本は以下の記事をご覧ください。

【過去記事】
バイク初心者必見!最初の中型バイク(250cc,400cc)のオススメと選び方。

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと82,242 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

秋 メンズファッション 2017年 2
秋のメンズファッションの極意をおしゃれ初心者に分かりやすく解説する83,074 人が参考にしています

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 3
志望企業から内定を取れる確率がグンと上がる就活サービスを学年別に解説する。7,621 人が参考にしています

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

海外 留学 クレジットカード 4
留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方5,845 人が参考にしています

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

学割 おトク 5
知らないと損をする!?「本当におトク」な3つの学割サービスの解説。2,817 人が参考にしています

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-大学生活, 車、バイク

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.