面接では「お金持ちアピール」は嫌われる。っていうか、「質素堅実アピール」が好かれる。

投稿日:

お金持ち

面接官も人だから

当たり前ですが、面接官は人です。

当たり前の話なんですが、「面接官は人」という言葉を本当の意味で理解している学生は少ない。

学生の多くは「面接官は公平な立場で選考してくれている」と考えていますが、それは半分正解で半分間違っています。

面接官だって、「何となく嫌な学生」や「何となく気に食わない学生」がいます。

その中の一つが「お金持ちの学生」です。

お金持ち

以前同席した面接では、海外旅行が趣味で、学生時代に10ヶ国以上回ったことをエピソードとして話してくれた学生がいました。

10を超える国に1人で行った行動力は当然評価するべき点であり、旅から得たことも説得力のあるものでした。

(このまま行けば高評価で終わるな…)

そう思ってた矢先、こちら側の1人がこんな質問をしました。

「10ヶ国以上の国を旅するだなんて相当お金もかかったと思うけど、そのお金はどうしたの?」

「『旅は経験だ』って言って両親が全て出してくれました」

(あぁ…それは言わなくて良いのに…)

この学生は何も悪くない

誤解のないように言っておきますが、この学生も、両親も、何も悪くありません。

海外放浪はこの学生を間違いなく成長させたでしょうし、「旅は経験」と言い切って投資を惜しまない両親も間違ってはいません。

だけど、面接官だって人なんです。生きている人の大半はお金で悩んでいます。お金持ちには何となくやっかみます。

「旅行や欲しいものを買うお金は両親が全て出してくれた」なんて言われて、好印象を受ける人はほとんどいません。

「アルバイトを頑張りました」で良いんです。もし、嘘を言うのは気が引けるのなら、

「アルバイトで頑張って貯めたんですけど、どうしても足りない部分は両親に援助してもらいました。両親も『旅は経験だ』と前向きに応援してくれたので」

これで良かったんです。

そうじゃなくても「ボンボンはすぐやめる」というイメージがある

ボンボン

また、面接官個人にやっかみはなくても、「家がお金持ち」「甘やかされてる」イメージがある学生を企業は欲しがりません。

理由は簡単。やめるからです。

金銭的に余裕のない人は仕事を簡単にはやめません。だって、やめたら生きていけないから。

ところが、家がお金持ちで甘やかされてきた学生は「生きるために働く」という意識が希薄です。

怒られたらすぐへこむ。嫌ならやめてしまう。やめたって家が裕福だからすぐには困らない。

企業にとって新入社員の離職は死活問題。

「入社したらやめないこと」は採用の重要項目です。そして、それは家庭の金銭状況に大きく影響します。

まとめ

面接官は、「お金がなくて頑張っている学生」が大好きです。

ただでさえ日本には、「お金持ちは悪、質素倹約が正義」という風潮があります。

率先して嘘を言う必要はありませんが、必要以上に裕福なアピールはしないでください。

男子が注目している記事

三井住友カード ゴールド公式 1

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

学生向けクレカの比較 2

学生が持てるクレジットカードの人気トップ10を解説、比較する記事です。 日本には学生が持てるクレジットカードが50種類以上存在します。しかし、現実的に持つメリットが存在するカードは10種類ほどに限られ ...

夏のメンズファッション 2020年 3

おしゃれ初心者〜中級者向けのファッション解説記事です。 はっきり言って、おしゃれ上級者の人にはつまらない記事になっています。このページでは「おしゃれを楽しむ」や「服で自己実現をする」ではなく、 「おし ...

就活で成功するサービス 4

内定に近づく就活サービスは、確実に存在します。 例えば、ES(エントリーシート)に悩む学生は多い。 初めて書く自己PR、慣れない書式、そして何より「正解が分からない」という恐怖。 「正解が分からないの ...

-就活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2020 All Rights Reserved.