大学生よ、知識は蓄えておけ。そうすれば人生に「面白いこと」と「感じること」が増える。

投稿日:2015年8月27日 更新日:

大学生 勉強

こんな質問を頂きました。

はじめまして。就活を終えた大学4年生のものです。

就活中は大これの就活記事に本当にお世話になりました。ありがとうございました。

今回はお聞きしたいことがあって、メッセージを送らせて頂きました。

(中略)

大これを読んでいると、運営者様の知識の広さに驚かされます。

就活や学生生活などのマジメな話題はもちろん、ファッションや漫画といった若者文化まで幅広くカバーしておられるようです。

私も社会人生活に向けて多くの知識を身につけたいのですが、どうしてもモチベーションが続かず、例えば、本を買っても最後まで読まずに放置したりしてしまいます。

知識を身につけるためのモチベーションはどうやって保てば良いのでしょうか?

お時間があるときで構いませんので、ご回答よろしくお願い致します。

知識を得るためのモチベーションなんて難しく考える必要はありません。

「楽しいから」で充分です。

ただ、これは「学ぶのが楽しい」だなんて抽象的な話ではありません。

知識は増えれば増えるほど楽しいことが増え、感受性も豊かになり、人生が面白くなるのです。

スポンサー リンク

楽しいことが増える

あなたは野球中継を見ますか?

サッカーは?

日経新聞は?

ファッション誌はどうでしょうか?

世の中には、球場に行って野球観戦をする人が何万人もいて、テレビの前で野球を楽しむ人が何十万人もいるのに、どうしてあなたは野球を見ないのでしょうか?どうして野球を面白いと思えないのでしょうか?

「知らないから」です。

知らない人が棒を使って球を打つ。勝ってるのか負けてるのかも分からない。ルールも分からない。そんなものを見ても面白い訳がない。

ところが、ルールを覚え、選手の魅力を知り、好きなチームが出来れば、球場に観戦に行くくらい好きになるかもしれない。野球の知識があれば、野球は見ているだけで面白いのです。

経済の知識があれば日経新聞すら面白い。

ファッションの知識があれば、道行く人を見るだけで面白い。

知識があれば理解できることが増える。理解できることは面白い。理解できないことは面白くない。

当たり前の話です。

感受性が豊かになる

知識は時として感受性さえも育みます。

例えば、人気バンド「RADWIMPS」の曲「なんちって」のサビにはこんな歌詞が登場します。

なんちって 嘘です 俺もなんだかんだっていつもビビッてんです

でもね 俺にはまだなんかあんだ KAMEHAMEHA打ちてー

おそらく、多くの大学生はこう思うでしょう。「イマイチ意味が分からない」と。

だけど、「KAMEHAMEHA(かめはめ波)」を理解できる30代男性の大半はこの歌詞に特別な感情を覚えます。

「かめはめ波」とは90年代の人気マンガ「ドラゴンボール」に登場する必殺技の1つで、手から「気」と呼ばれるエネルギー弾を発射する技です。

ドラゴンボール

鳥山明/集英社

当然のことですが「手からエネルギー弾を発射する」なんてマンガやアニメだけの話です。

しかし、当時、子どもたった男の子はみんな「かめはめ波」を練習しました。いつか出せると信じて。修行すれば本当に「かめはめ波」が出せると信じて。

だけど、年を重ねるにつれて気付いていきます。「かめはめ波」なんて出せないこと。「かめはめ波を出すこと」は特別な人間だけに許された行為であること。

そして、大人になって、本当に自分が凡人だと気付いた今、それでも自分が凡人だと信じたくない今だからこそ、こう思うのです。

「俺にはきっと"何か"がある」=「凡人じゃない」と。

「かめはめ波を打ちたい」=「特別な人間になりたい」と。

俺にはまだなんかあんだ KAMEHAMEHA打ちてー
  • 「KAMEHAMEHA」が何なのか
  • 「かめはめ波を打つ」という行為がどういったものなのか

この知識がある人に、「なんちって」の歌詞は特別なものに聞こえるのです。

まとめ

勉強が好きな人間なんてそういません。

しかし「知識は増えれば増えるほど面白いことも増えるし、感じることも増える」のです。

長く生きている人間、人よりも知識が豊富な人間には面白いことがたくさんあります。

ビジネス本を読んでも面白い。

ファッション誌を見ても面白い。

マンガを読んでも面白い。

学生のフリーペーパーを見ても面白い。

もちろん、結果的に「知ってても面白くないこと」も出来てしまうかもしれません。だけど、それはあくまでも確率の問題。

知識を増やし、理解できることを増やしていけば、遅かれ早かれ「面白いもの」に出会います。

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと82,242 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

秋 メンズファッション 2017年 2
秋のメンズファッションの極意をおしゃれ初心者に分かりやすく解説する83,070 人が参考にしています

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 3
志望企業から内定を取れる確率がグンと上がる就活サービスを学年別に解説する。7,620 人が参考にしています

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

海外 留学 クレジットカード 4
留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方5,845 人が参考にしています

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

学割 おトク 5
知らないと損をする!?「本当におトク」な3つの学割サービスの解説。2,816 人が参考にしています

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-大学生活, 大学生活全般

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.