年会費が完全無料で利用できるクレジットカードの紹介

投稿日:2019年3月5日 更新日:

年会費無料のクレジットカード

大学生が作れるクレジットカードの大半は「年会費ほぼ無料」です。

例えば、大学生の王道カード「三井住友VISAデビュープラスカード」ならば、

クレジットカード 大学生

三井住友VISAデビュープラスカード

1250円。

ただし、初年度無料。1度でも利用すれば、翌年も無料。

こんな条件です。この条件ならば、ほとんどの学生が年会費無料になってしまう。

他にも、

【セゾンブルー ・アメリカンエキスプレスカード】
→年会費3000円。しかし、26歳まで無料。

【JCBカード エクステージ】
→年会費無料。ただし、5年後に一般カードに切り替わり、そこからの年会費は1250円。

これらも学生にとっては「ほぼ無料」と捉えても良い。

私はそう考えていました。

しかし、当サイト「大学生はこれを見ろ」には、

「"完全無料"のクレジットカードが良いんです!!」

という声が定期的に届くのです。

そこで今回は、買い物金額以上のお金はかからない完全無料のクレジットカードを解説します。

【完全無料のカードを早く作りたい方は】

この3枚が完全無料のクレジットカードです。

どれもスマホから5分程度で申し込みが完了し、素早くカードが手元に届きます。

完全無料のクレジットカードでもお金がかかるとき

完全無料のクレジットカードは、基本的な使い方をしている限り買い物金額以上のお金はかかりません。

例えば、

【店頭で1回払いで"5000円"を使う】
→翌月に"5000円"が引き落とされる。

【店頭で2回払いで"5000円"を使う】
→翌月に"2500円"、翌々月に"2500円"が引き落とされる。

【スマホアプリに3000円を課金する】
→ウェブ支払いは自動で1回払いになることが多いため、翌月に"3000円"引き落とされる。

こんな感じ。利用した分だけのお金が銀行口座から引き落とされ、利用しない限りは1円もかかることがない。

これが完全無料のクレジットカードの魅力です。

ただ、「完全無料」と名乗るクレジットカードであっても、お金がかかる特殊な使い方があります。

その使い方は3つ。

【3回以上の分割払いをしたとき】
→年率12%〜15%の支払い手数料がかかる。

【リボ払いをしたとき】
→年率15%の支払い手数料がかかる。

【キャッシング機能を使ったとき】
→年率15%の支払い手数料がかかる。

それでは、1つずつ詳しく解説します。

3回以上の分割払いをしたとき

クレジットカード 手数料

「1回払い」と「2回払い」ならば、商品代金以上のお金がかかることはありません。

しかし、「3回払い」以上の分割支払いを選択すると「分割払い手数料」が発生します。手数料は、年率で計算するため、分割回数が増えれば増えるほど高額になっていきます。

一例として、「学生専用ライフカード」で買い物をした場合、以下のようになります。

【5万円の買い物をした場合(年率13%前後)】

1回払い  :総額50000円
3回払い  :総額51020円
5回払い  :総額51700円
10回払い:総額53400円

【10万円の買い物をした場合(年率13%前後)】

1回払い  :総額100000円
3回払い  :総額102040円
5回払い  :総額103400円
10回払い:総額106800円

「分割払い手数料」は本当にムダですので、よほど金欠のとき以外は利用しないのがオススメです。

リボ払いを使ったとき

リボ払いのクレジットカード

「リボ払い」は、アメリカで「リボ破産」という社会現象を起こした支払い方法です。

【リボ払いとは】

「月々に返す金額」を決めて払う分割払い。

「1万円」に設定すれば、購入金額が1万円でも、100万円でも「月々1万円」が返済額になる。

こちらも「学生専用ライフカード」で実際の支払いシミュレートしてみると、以下のようになります。

【10万円の買い物をした場合(年率15%)】

月1万円リボ払い:総額106700円
月3万円リボ払い:総額102530円
月5万円リボ払い:総額101684円

こちらも一見、大したことないように見えるかもしれません。

実は、アメリカでリボ破産した人たちも、最初はそう考えたのです。

リボ払いを「1万円」に設定しておけば、5万円のものを買っても10万円のものを買っても返済額は「1万円」で済むのです。在学中にそんな習慣がついた彼らは、社会人になっても「月1万円のリボ払い」を続行しました。

さて、クレジットの支払い金額が100万円になったとき、支払い金額はどうなるでしょうか。

【合計100万円の買い物をした場合(年率15%)】

月1万円リボ払い:総額162万9600円
月3万円リボ払い:総額121万3028円
月5万円リボ払い:総額112万9675円

手数料がすごい金額になってきましたね。

つまり、リボ払いは「元金」が全然減らないのです。支払い手数料は元金に対してかかるため、元金が減らない以上めちゃくちゃな手数料を払うことになる。

加えて、どれだけ使っても「月々1万円」ですから、ヤバイことに気付くのに時間がかかる。

リボ払いの手数料は年利15.00%ですから、手数料自体はさほど高くありません。ただし、リボ払いのドロ沼にはまったとき、払わなくても良い大金を支払うことになってしまいます。

キャッシング機能を使ったとき

ATM キャッシング 海外

「キャッシング機能」を使ったときは、返済回数に関わらず手数料がかかります。

【キャッシングとは】

提携ATMで簡単に"借金"が出来る機能。

日本で使うことはオススメしないが、海外のATMでキャッシングを利用すれば「現地通貨」が出てくるため非常に便利。

キャッシングの返済は原則「翌月一括払い」ですので「学生専用ライフカード」を利用した場合は、以下のようになります。

【海外で10万円のキャッシングを行う(年率15%)】

翌月一括払い:総額10万1232円

「翌月一括支払い」が原則である以上、支払い手数料はタカが知れています。

年率15%と言えども、1ヶ月で返せば「15% ÷ 12ヶ月」の1.2%ほどになるのです。

結局、

  • 分割払い
  • リボ払い
  • キャッシング

どれも年率はさほど変わりませんが、支払い期間が伸びれば伸びるほど支払い手数料が膨れ上がります。

そのため「リボ払い」には要注意なのです。

大学生が作れる完全無料のクレジットカード3選

お金がかからないクレジットカード

大学生が作れる年会費完全無料のクレジットカードは何枚か存在します。

ただ、完全無料の中でもメリットのあるカードを選ぶのなら、次の3枚です。

【エポスカード(公式サイト)】
→海外旅行障害保険+国内10000店舗での優待サービス。オススメ。

【学生専用ライフカード(公式サイト)】
→海外旅行障害保険+決済会社が選べるため、2枚目,3枚目のカードに最適。

【楽天カード(公式サイト)】
→発行までが早い+楽天ポイントが貯まりやすい。楽天のヘビーユーザーに。

これらのクレジットカードは「年会費完全無料」のため、持っているだけでは1円もかからないので安心してください。

それでは、1枚ずつ詳しく解説します。

エポスカード

エポスカード 大学生

国内外で一定のサービスが受けられるのが「エポスカード」です。

エポスカード 公式

ショッピングビルで有名な「丸井グループ」が発行しているクレジットカードで、サービスが非常に豊富なのが特徴。

【国内サービス】
→飲食店や美容室での割引優待あり。

【海外サービス】
→海外旅行傷害保険やサポート電話あり。

使うかどうかはさておき、"いざ"という時に頼りになるサービスばかりです。

完全無料のクレジットカードを求める学生の大半は、

「普段カードは使わないから、意味なくお金がかかったら嫌」

という層だと思うので、エポスカードは第一候補に加えておくと良いでしょう。

【公式サイト】
エポスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
エポスカードの解説|1枚で「海外旅行サポート」と「国内優待サービス」が欲しいならエポスカードしかありません。

学生専用ライフカード

ライフカード トップページ

2枚目,3枚目のカードとしての有力候補が「学生専用ライフカード」です。

学生専用ライフカード 公式

学生専用ライフカードの魅力は「決済ブランド」を自由に選べること。

先に紹介した「エポスカード」はVISAで固定ですが、「学生専用ライフカード」は、

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

の中から好きな決済ブランドを選ぶことが出来ます。

複数のクレジットカードを持つときは決済ブランドをバラけさせるのが基本ですので、2枚目,3枚目のカードを作るときには非常に便利。

加えて、学生専用ライフカードには「海外旅行傷害保険」も付いているため、海外用のサブカードとして活躍も期待できます。

学生 海外旅行カード

【公式サイト】
学生専用ライフカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
学生専用ライフカードの解説|「海外旅行サポート」と「審査のゆるさ」を両立しているのはライフカードだけです。

楽天カード

楽天カード 大学1年生

年会費無料でもポイントを貯めたいのなら「楽天カード」です。

楽天カード

楽天カードは、通常のクレジットカードと比べるとポイントが2倍のスピードで貯まっていきます。そのため、ポイントを貯めたいのなら楽天カードを選ぶのがベスト。

【通常のクレカ】
→ポイント還元率0.5% 1000円利用で5円分のポイントが付く。

【楽天カード】
→ポイント還元率1.0% 1000円利用で10円分のポイントが付く。

しかし、先ほども言ったように、年会費完全無料を求める層は、

「普段カードは使わないから、意味なくお金がかかったら嫌」

と考えていることがほとんど。

日常的にカードを使わないのであれば、貯まるポイントは本当に微々たるものです。そのため、基本的には先に紹介した「エポスカード」や「学生専用ライフカード」がオススメと言えます。

【公式サイト】
楽天カード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
楽天カードの解説|「ポイントが貯まりやすい学生クレカ」が欲しいなら楽天カードを検討してみてください。

まとめ

年会費完全無料のカードならば、持っているだけでは1円もお金はかかりません。

大学生が今から完全無料のカードを作るのなら「エポスカード」か「学生専用ライフカード」を選ぶのがオススメです。

【公式サイト】
エポスカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
エポスカードの解説|1枚で「海外旅行サポート」と「国内優待サービス」が欲しいならエポスカードしかありません。

学生 海外旅行カード

【公式サイト】
学生専用ライフカード申し込みページ

【当サイト内解説ページ】
学生専用ライフカードの解説|「海外旅行サポート」と「審査のゆるさ」を両立しているのはライフカードだけです。

ただし、冒頭で紹介したように「年会費完全無料」にこだわらずとも、大半の学生向けクレジットカードは「年会費ほぼ無料」です。

私個人としては「年会費ほぼ無料」のカードも含めて検討することをオススメします。

もし興味のある方は、以下のページをご覧ください。大学生向けカードの一覧と比較をしているので、全てのクレジットカードから自分にピッタリの1枚を見つけることが出来ます。

参考クレジットカード10枚の比較|50種類以上から厳選した人気トップ10のクレカを解説する

男子が注目している記事

1

誰もが、自分の正義を持っています。 他人から盗んで快楽を感じる人間は"まれ"です。 他人を陥れて快楽を感じる人間も"まれ"です。 きっと、あなたも犯罪に手を染めたくはないでしょう。 それを「正義」と呼 ...

三井住友VISAゴールドカード 券面 2

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

大学生の夏ファッション 2019年 3

おしゃれ初心者〜中級者向けのファッション解説記事です。 はっきり言って、おしゃれ上級者の人にはつまらない記事になっています。このページでは「おしゃれを楽しむ」や「服で自己実現をする」ではなく、 「おし ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 4

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

学割 おトク 5

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-クレジットカード

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2019 All Rights Reserved.