楽天カードの解説|「ポイントが貯まりやすい学生クレカ」が欲しいなら楽天カードを検討してみてください。

投稿日:2017年7月10日 更新日:

楽天カード 大学生

楽天カードは「ポイントが貯まりやすい学生クレカ」として有名なクレジットカードです。

何と言っても、持っている学生がめちゃくちゃ多い。楽天カードマンのCM効果もあり、ランキングがあれば必ず上位に食い込みます。

ただし、ポイントの貯まりやすさ以外のメリットは少ない。「有名だから」なんて単純な理由でクレジットカードを作ってしまうと、他のメリットのある学生クレカを見逃してしまいます。

そこで今回は、

この4つに分けて「楽天カード」の全てを解説します。

スポンサー リンク

楽天カードとは

楽天カード 紹介

楽天カード 学生

【年会費】
→無料。

【対象年齢】
→18歳以上。学生から社会人まで全ての人が対象。

【限度額】
→学生は原則10万円。利用実績や属性によって5万円〜100万円で変動。

【ポイント還元率】
→1%。クレジットカードの中ではトップクラスの還元率。

【支払い日程】
→月末締め。翌月27日払い。

「楽天カード」は、楽天市場で有名な楽天グループが発行しているクレジットカードです。

【公式サイト】楽天カード申し込みページ

特徴は「ポイントの貯まりやすさ」です。

学生クレジットカードの基本的なポイントである、

  • 年会費無料
  • 世界中で使いやすいVISAを選べる
  • 盗難保険完備

などの要素に加えて「ポイント優待」や「電子マネーとの連動」による圧倒的なポイント付帯を実現しています。

楽天カードのメリット

楽天カード ポイント

楽天カード最大のメリットは圧倒的なポイントの貯まりやすさです。

基本となるポイント還元率は1.0%。加えて、楽天市場や楽天トラベルなどの自社サービスでは2%〜4%。また、一部のコンビニやドラッグストア等でも優待が存在します。

【楽天カード】
基本のポイント還元率1.0% 店舗によって優待あり。

【通常のクレジットカード】
基本のポイント還元率0.5% 店舗による優待なし。

また、学生向けクレジットカードの中でも「審査がゆるめ」なのもメリットです。

楽天カードは、クレジットカード会社の中では新しい部類です。そのため、現在は新規会員獲得に非常に力を入れています。

テレビCMもよく見かけますね。

楽天カードマン 日本一

そのため、「借金のある学生」や「携帯料金の滞納履歴がある学生」でも審査に通ることができます。

楽天カードのデメリット

「ポイントが貯まりやすい」という最大のメリットが、メリットにならない学生が圧倒的に多い。

学生のクレジットカード利用額は、1ヶ月に1万円が精々です。ポイント還元率1.0%だとしても、貯まるポイントは月100円分。1年間で見ても1200円分です。

そのため、大半の学生は「ステータスカードへのランクアップ」や「海外旅行向けサービス」など、他のメリットがあるクレジットカードを選んだ方がお得になりやすい。

【ステータスカードへのランクップ】
三井住友VISAデビュープラスカード、JCBカードエクステージ

【海外旅行向けサービス】
エポスカード、セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード、学生専用ライフカード

もちろん、「生活費全て(5万円以上)をクレジットカードで決済する」と考えている場合、楽天カードは非常に優秀なカードです。

楽天カードの対抗クレカ

楽天カード 比較

ここからは、「学生専用ライフカード」と競合するクレジットカードを解説します。

紹介するカードは2枚です。

【ポイントの貯まりやすさの対抗】
→三井住友VISAデビュープラスカード

【審査のゆるさの対抗】
→学生専用ライフカード

それでは、1枚ずつ見ていきましょう。

三井住友VISAデビュープラスカード

楽天カードと三井住友VISAデビュープラスカードの比較

クリック,タップで拡大

「三井住友VISAデビュープラスカード」は、日本で最も有名なクレジットカード会社の「三井住友カード」が展開する若者向けカードです。

大学生 三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

楽天カードとの競合ポイントは「ポイントの貯まりやすさ」です。

基本となるポイント還元率は1.0% Amazonやzozotownなどの大手通販サービスにおいては2.0% ショップによっては20%を実現しています。

ポイントUPモール 三井住友VISAカード

加えて、三井住友VISAデビュープラスカードは「ゴールドカードへの自動ランクアップ制度」が大きな魅力。

在学中にデビュープラスカードを作っておくと、年齢に応じたステータスカードへ自動的に変更してくれます。

【楽天カード】
ポイント還元率1.0% 楽天市場や楽天トラベルでは時期によって2.0%〜4.0%

【三井住友VISAデビュープラスカード】
ポイント還元率1.0% Amazonやzozotownでは2.0% ステータスカードへの自動ランクアップあり。

繰り返しになりますが、学生の利用金額では「ポイントの貯まりやすさ」はメリットになりづらい。

そのため、大多数の学生は「楽天カード」よりも「三井住友VISAデビュープラスカード」を選びます。

【公式ページ】三井住友VISAデビュープラスカード

学生専用ライフカード

楽天カードと学生専用ライフカードの比較

クリック,タップで拡大

「学生専用ライフカード」は、「ライフカード株式会社」が展開する学生向けクレジットカードです。

学生専用ライフカード 大学生

学生専用ライフカード

楽天カードとの競合ポイントは「審査のゆるさ」です。

「学生専用ライフカード」の親会社は大手消費者金融の「アイフル」です。そのため、一般的なクレジットカード会社とは違う独自の審査基準を適用しています。

審査のゆるい クレジットカード

加えて、「海外旅行向けサービス」を提供しているのがポイント。

「海外旅行傷害保険」や「海外デスクサポート」などのサービスが付帯しているため、海外滞在中のトラブルは学生専用ライフカードだけで解決することが出来ます。

【楽天カード】
新規会員獲得数を増やしたいめ審査ゆるめ。ポイントの貯まりやすさが魅力。

【学生専用ライフカード】
独自の審査基準を持っているため審査ゆるめ。海外旅行向けサービスが魅力。

「ポイントの貯まりやすさ」「海外旅行向けサービス」のどちらを重視するかで、カードを決めるのが正解です。

【公式サイト】学生専用ライフカード

学生 海外旅行カード

楽天カードの口コミ

楽天カード 口コミ

ここからは実際に「楽天カード」を所有している学生の意見を紹介します。

当サイト「大学生はこれを見ろ」の読者の方にご協力頂きました。

楽天で買い物をするときに作った

【22歳女 三重大学】

楽天で買い物をするときにオススメされたので作りました。

入会するだけで2000円くらいのポイントが獲得でき、楽天で買い物をしている内に数百円〜数千円くらいは知らない内に溜まっている印象です。

私のように、楽天でよく買い物をする学生さんは作っておいて損はないと思います。

ポイント制度に惹かれて作成

【22歳男 首都大学東京】

デビュープラスカードを最初に作りましたが、ポイントの優位性を考えて楽天カードに移行しました。

デビュープラスカードも楽天カードも還元率は1%ですが、私は楽天をよく使うので楽天カードの方がポイントが貯まりやすいと感じました。

デビュープラスカードはゴールドカードへのランクアップ制度があるので、解約はせずに継続して持ち続けてはいます。

ゴールドカードになったら見栄用にゴールドカード、ポイントを貯めるように楽天カード、のように使い分けると思います。

お買いものパンダがかわいい

【21歳女 同志社大学】

カードのデザインをお買いものパンダにできると聞いて作成しました。

カード自体はあまり使っていないのでお伝えできることはあまりないのですが、お買いものパンダのカードは「MasterCard」か「JCB」を選ばないと作ることが出来ません。

もし、私の他にもお買いものパンダ目当てで作る学生の方がいらっしゃるのであれば、そこだけは注意してください。

ちなみに、「お買いものパンダ」とは楽天のオリジナルキャラクターのこと。楽天カードは券面のデザインに「お買いものパンダ」を選ぶことが出来ます。

楽天カード お買いものパンダ

楽天カードの申し込み方法

楽天カード 入会方法

ここからは、楽天カードの入会方法を詳しく解説します。

ほぼ全ての項目を解説しているため長くなってしまいましたが、実際には10分もかかりませんので、あまり気負わずにご覧ください。

公式ページから入力画面へ

楽天カードには店頭ショップが存在しないため、楽天カードの公式ページにアクセスして「申し込み画面」に進みます。

楽天カード 申し込み方法

  • 楽天会員の方
  • 楽天会員ではない方

の2つがありますが、申し込み方法は原則どちらも変わりません。

決済ブランドとデザインを選ぶ

楽天パンダカード かわいい

最初に「決済ブランド」と「カードのデザイン」を選択します。

【決済ブランドとは】

「クレジットカードが使えるか」を決める決済会社のこと。各ブランドの特徴は以下の通り。

VISA
→世界最大規模の決済会社。国内、国外どこでも使える。

Master Card
→VISAに次いで世界2番手。国内、国外どこでも使える。

JCB
→日本唯一の決済会社。国内での加盟店数はトップだが国外では弱い。

基本的には「VISA」か「JCB」を選ぶのが正解ですが、「MasterCard」を選べる学生カードは少ないため、複数枚のカードを持つなら「MasterCard」がオススメ。

また、デザインには、

  • 楽天カード(通常)
  • 楽天ピンクカード(女性向け)

の2つが存在しますが、基本的な機能は同じなのでデザインの好みで選んでください。

暗証番号は絶対に忘れない数字を

楽天カード 学生カード

続いて、

  • 暗証番号
  • 家族カード
  • ETCカード

の設定を行います。

【暗証番号】
→カード利用時に必要になる4桁の暗証番号。絶対に忘れない数字を設定する。

【家族カード】
→家族が使えるクレジットカードのこと。99%の学生は必要なし。

【ETCカード】
→有料道路を自動通過できるカードのこと。大半の学生には必要なし。自家用車があるなら検討価値あり。

「暗証番号」が最重要項目です。支払い時には、

  • サイン
  • 暗証番号入力

のどちらかを求められるため、絶対に忘れない数字を設定してください。

楽天Edyは必要に応じて設定

【楽天Edyとは】

楽天が提供する電子マネー。

コンビニなどの小売店ではタッチするだけで支払いが完了する。

楽天Edy 一体型カード

楽天カードには、カード一体型の電子マネー「楽天Edy」を付帯させることが出来ます。

利用用途に応じて選択すれば問題ありませんが、よく分からないのであれば、

  • 楽天Edyは「希望する」
  • オートチャージは「申し込まない」

がオススメです。

こうしておけば、電子マネーが必要になった時すぐに利用することができ、知らない内にチャージされることもありません。

Edyからのお知らせは「受け取らない」

楽天Edy 大学生

【楽天Edyからのお知らせ】
→「受け取らない」を選択。楽天からのダイレクトメールはめちゃくちゃ多い。

【紹介者ID】
→空欄でOK 楽天カード所有者のIDを入力すれば、所有者に一定のポイントが入る制度。

このあたりは特に迷うことはないでしょう。

名前と誕生日を入力

楽天アカデミーカード 専門学生

  • 名前
  • ローマ字
  • 誕生日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

などの基本情報を入力します。

また、また、メールアドレスは「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」などのスマホでしか利用できないキャリアメールよりも、「@gmail.com」や「@icloud.com」などの複数の端末で利用できるメールがおすすめです。

世帯状況を入力する

楽天カード 世帯人数

【ご家族について】
→実家住みは「独身(家族同居)」 一人暮らしは「独身(家族別居)」を選択。

【世帯人数】
→ご両親の収入で生活している家族人数を選択。

【居住状況】
→実家住みは「持ち家(配偶者以外所有)」 一人暮らしは「賃貸マンション」

【居住年数】
→同一住所に住んでいる期間を入力。

【住宅ローン・家賃の支払い】
→住宅ローンを完済している実家住み以外は「支払いあり」を選択。

このあたりの項目は難しく考えなくても大丈夫です。

例えば、住んでいる場所が「大学の寮」や「大学が一棟借りしているマンション」だった場合、

  • 賃貸マンション
  • アパート

のどれを選んでも構いません。楽天カード側からしても大した重要項目ではない。

銀行口座の設定

楽天カード 銀行口座設定

クレジットカードの利用代金を引き落とす銀行口座を設定します。

【インターネットでお手続き】
→銀行口座のインターネットバイキングを利用している場合、すぐに設定が完了する。銀行印も不要。

【郵送でお手続き】
→申し込み後、郵送にて手続きを行う。銀行印は必要。「1〜2ヶ月」と記載してあるが、こちらが迅速に行えば2〜3週間では済む。

オススメは「インターネット手続き」ですが、急いでいないのなら「郵送」でも問題ありません。

キャッシング枠の設定

【キャッシングとは】

ATM等から1万円単位で借金できる機能のこと。

国内で利用する必要はないが、海外で現金が必要になった時は便利。

また、収入がない学生は利用できないため、後の項目で「年収0円」を選択していると審査に通ることはない。

楽天カード キャッシング

楽天カードのキャッシング枠は、

  • 50万円
  • 40万円
  • 30万円
  • 20万円
  • 10万円
  • 5万円
  • 0万円

の7つから選ぶことが出来ますが、学生が通るのは、

  • 10万円
  • 5万円
  • 0万円

の3つだけです。

また、「クレジットカード」と「キャッシング」の審査は異なるため「クレジットカードの審査は通るがキャッシングは不可」という結果もあります。逆はありません。

リボ払いは「申し込まない」

【リボ払いとは】

月々の金額を定めて支払う方法。

「1万円」と設定すれば、100万円分使っても月々の支払は1万円で済む。

ところが、返済までに時間がかかるため、手数料がものすごく大きくなり損をしがち。

楽天カード リボ払い

リボ払いは、利用者にメリットがほとんどない支払い方法です。絶対に利用しないでください。

逆を言えば、企業側は手数料によって非常に儲かる。そのため、楽天カードにおいても、

「リボ払いを設定すれば5000ポイントプレゼント!」

みたいなキャンペーンを行なっていますが、そのポイントは諦めてください。

年収は「先月のバイト代」×12

楽天カード 年収0円

【本人様収入について】
→バイトをしているなら「収入あり」 バイトをしていないなら「収入なし」 また、小遣いや仕送りは収入に含めない。

【本人様税込年収】
→「先月のバイト代×12」を入力。本来の意味は「昨年の課税所得」ですが、学生にそこまでは求めていない。証明書の提示もない。

学生ならば、「収入なし」でも審査に通るので安心してください。

世帯年収は両親に確認

楽天カード 世帯年収

【預貯金額】
→銀行口座の残高ではなく「1年にクレジット支払いに当てられる金額」を入力する。大体で大丈夫。

【世帯年収】
→ご両親も含めた世帯年収を入力。大体で構わないが、両親に確認するに越したことはない。

お支払い口座情報を入力

楽天カード 銀行口座登録

先の項目で、銀行口座を「インターネットで登録」を選んでいた場合、ここから口座登録が始まります。

口座のインターネットバンキングにログインする必要があるため、

  • ログインID
  • パスワード

などを準備して手続きに進んでください。

これで楽天カードの申し込みは完了です。お疲れ様でした。

まとめ

楽天カードは「ポイントの貯まりやすさ」「審査のゆるさ」が魅力的なクレジットカードです。

特に、楽天で買い物をする学生は持っておいて損はありません。クレジットカードを賢く使い、お得にポイントを貯めたいのなら楽天カードで決まりです。

【公式ページ】楽天カード

また、学生向けのカード全般に関しての解説は以下の記事をご覧ください。

【参考記事】
大学生のクレジットカードへの疑問やおすすめ、選び方が一目で分かる記事

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

冬 メンズファッション 2
おしゃれ初心者必見!冬のメンズファッションとアイテム選びの基本を徹底的に解説する。

「このページを見れば『おしゃれな冬のメンズファッション』が分かる」 今回は、そんな気持ちで記事を執筆しました。 冬は、春秋に比べるとアイテムが増えるため、組み合わせに悩みがちです。 そこで今回は「誰で ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 3
志望企業から内定を取れる確率がグンと上がる就活サービスを学年別に解説する。

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

海外 留学 クレジットカード 4
留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

学割 おトク 5
知らないと損をする!?「本当におトク」な3つの学割サービスの解説。

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-お金、ビジネス, 大学生活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.