大人も感情で動く|教員に毎回挨拶するだけで単位を取れる可能性は上がるって話

投稿日:

大学 講義

「教員に挨拶するだけで単位が取れる」

あなたは、この言葉を信じられるでしょうか?

もちろん、文字通りの意味ではありません。挨拶をするだけで単位が取れるなら誰も苦労はしませんし、教員もそこまで愚かではない。

しかし、試験の内容をあらかじめ知っていれば単位は取れますよね?

また、問題を完全に把握していなくても、大筋さえ分かっていれば試験勉強の難易度は大きく下がります。

では、試験問題を事前に把握するためにはどうすれば良いか。

内容を知っているのは担当教員だけです。本人に聞くしかない。

「教えてくれる訳ないだろ!」

本当にそうでしょうか?ゼミ生に漏らしている可能性はありませんか?おっさん教員は女子に甘いと思いませんか?

大切なことを言います。

大人も感情で動いているんです。

スポンサー リンク

 単位を取るコツ

以前、大これでは「単位を取るコツ」としてこんな手法を紹介しました。

試験範囲が広すぎて勉強できない?教員に試験問題を聞けば良いんだよ。

意外と実践する人は少ないのですが、教員に試験問題を聞いてしまうのは非常に有効な手段です。

「そんなの教えてもらえるの?不公平じゃん」

そんな言葉も聞こえてきそうですが、大学の教員は元より公平な講義をさほど意識していません。

義務教育じゃないんです。

自分とこのゼミ生は優遇するし、教員によっては卒業間近の4年生には単位を与えます。そもそも、公平云々を言うならば過去問の流出を食い止めているはず。

積極的に質問に来る学生には答え、聞いてこない学生には答えない。

当たり前の話です。

記事の後半でも少し解説していますが、この手法には大きな問題が存在します。

それは、

「嫌いな学生には教えたくない」

という当たり前の心理です。

教員にも感情がある

大学生 単位

1人は、一番前の席でよく講義を受けている学生。講義終わりには「ありがとうございました」と挨拶して退出する。黒髪短髪で爽やかなスポーツマン風。ちゃんと話したことはないけど、毎週見かける礼儀正しい学生だ。一言目は「先生、すみません来週の試験に関してなんですが…」

1人は、見たことがない学生。金髪のロン毛でシャツの胸元をはだけさせてサングラスをかけている。うろ覚えだが、先日校門付近で騒いでいたのはこの学生だった気がする。一言目は「センセー!試験問題なんすけどねー!」

この2人が質問にきたとき、果たして、教員は同じ対応をするでしょうか?

おそらく、同じ対応をする教員は非常に少ない。

前者の学生は「真面目に勉強をした上で、試験に万全を期す学生」

後者の学生は「勉強をする気がなく、単位だけ欲しい学生」

事実はどうあれ、教員の目にはそう写ります。そうなれば、前者の学生にだけ真摯に教えたくなるのが人間です。

極端な例かもしれません。

しかし、

  1. 毎回、講義終わりに挨拶してくれる毎週みかける学生
  2. 試験前にだけ現れる見たことのない学生

これだけでも、教員の心情は大きく変わります。

大人も感情で動く

大学生 スーツ

「マジかよ!不公平だな!!」

もしかしたら、あなたはそう考えているかもしれません。

しかし、それは大きな勘違い。プラスを積み重ねてきた人間が優遇され、マイナスを積み重ねた人間が不遇な目に合うことこそが公平なのです。

当然のことながら、私たちは人間関係に感情を挟みます。

親しい人には優しくする。他人が困っていても放置。

親友が悲しんでいたら自分も悲しくなる。他人の不幸は密の味。

平等でないのは当たり前です。だって、こいつは好きだけど、あいつは嫌い。繰り返しになりますが、当たり前の話なんです。

ところが、プライベートの人間関係には感情が欠かせないにも関わらず、そこにビジネス的な関係性が入った途端、私たちは感情を排除した平等性を求めてしまうのです。

教員と学生。

店員と客。

教員も、店員も、大人はみんな感情で動いています。

あなたが礼儀を欠いた行動をするならば、教員は試験問題を教えてくれないかもしれない。居酒屋の店員は食事に鼻クソを入れるかもしれない。

もちろん、褒められたことではありません。そして、その行為が正しいかどうかの議論は無意味です。

だって、人間は、大人は、教員は、感情で動いているのですから。

まとめ

「○○教授は何も教えてくれない!」

「○○学部の職員は態度すげー悪い!」

そんな不満を漏らす学生は多い。

しかし、大人も感情で動いているのです。あなたは、丁重に扱われるだけの行動をしているのでしょうか?

覚えておいてください。

大人はあなたが考えているより子どもです。機嫌が良い時は気前も良くなるし、好きな人には優しくしたい。

それだけ覚えておけば、学生生活、ひいては人生もちょっとだけやりやすくなります。

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと70,412 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

白いワンピースの女性とネイビーのシャツの男性 2
女子モテを意識した夏のメンズファッションを真面目に解説する。371,255 人が参考にしています

「あなたは、服装を変えればもっとモテるかもしれない」 これは紛れもない事実です。 もちろん、「着るだけでモテる服装」なんて都合の良いものは存在しません。モテるためには内面の力が必要不可欠なのです。 し ...

就活 意味 3
就活を行う意味|大人が「絶対に新卒で就活しろよ」と言う本当の理由とは。63,470 人が参考にしています

「しっかり勉強して、良い大学に入って良い企業に入りなさい」 「就活の準備は進めているのか?絶対に新卒で就職するんだぞ」 就活を目前に控えた3年生にもなれば、こんな言葉をどこかで聞かされているはず。 日 ...

株式投資 大学生 4
年収1億円を夢見るあなたに伝えたい「水の運び方」の話27,240 人が参考にしています

「年収1000万円を目指すなら、就活で本気出せよ」 大これでは何度かそういうお話をしてきました。 【参考過去記事】 知っておかないと損をする!大人が「新卒で絶対に就職しなさい」という本当の理由。 将来 ...

大学生 レポート 5
レポートの書き方|100点を目指すための一歩目は「文章構成」である45,413 人が参考にしています

「ラクをして、レポートで高評価を取りたい」 大いに結構です。 学業に大学生活の意味を見出だしているのならば、マジメにやれば良い。だけど、大半の学生にとって学業なんておまけ程度のものです。 きっと、あな ...

-勉強、レポート, 大学生活, 大学生活全般

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.