SNS就活とか考えなくて良いから、実名でツイッターしてるなら非公開にした方が良い

投稿日:

就活 ツイッター

大学生とSNS

「面接官は面接の前に学生のツイッターやフェイスブックをチェックしている」

昨年あたりからこんなニュースが報道されるようになりました。

私個人の肌感覚としては、「そんな会社ほとんどないだろ」くらいのものでしたが、皮肉にもニュースの報道に合わせて

「SNSをチェックしておいた方が良いんですかね?」

と企業側に聞かれることも増えてきました。

こうなってしまうと「企業がSNSをチェックするか否か」なんて議論は問題ではありません。

1%でもチェックしている可能性がある以上、実名のSNSは見られていると考えるべきです。

スポンサー リンク

どこの企業も本名検索くらいはする

SNSをマジメにチェックする企業は少数派ですが、最終面接に残った学生の本名検索をする企業は珍しくありません。

ニュースに残るくらいの不祥事を起こしていたら大問題ですから。

逆に、ニュースに残るくらいの功績を残していれば心証は良くなります。

そして、本名検索をすると同性同名の有名人でもいない限り、上部にはあなたのSNSが表示されます。

そういう意味では、やはりSNSもチェックされていると考えるべきです。

「有利」「不利」は考えるな

就活 ツイッター

巷の就活本には、

「フェイスブックでは友人多いアピールを!」

「政治経済に興味があるようなツイートを!」

なんてバカみたいなことをマジメに書いていますが、無視してください。

断言します。

ツイッターやフェイスブックの書き込みで不利になることはあっても、プラス評価になることなんてありません。

発言内容なんて考えなくて良いんです。

ツイッターには鍵をかけて、フェイスブックは「友人まで公開」に設定してください。

就活じゃなくても実名なら非公開で良い

就活

そもそも、不特定多数とコミュニケーションを取るならまだしも、大学生の大半の使い方である「内輪でのコミュニケーション」において全体公開は不要です。

昨年のツイッター炎上はまだ記憶に新しいですし、今朝はこんなニュースが話題になっていました。

【毎日新聞】
ツイッター:「僕だってのこぎりで…」筑波大2年生を逮捕

現代社会では何が問題になるか分かりません。

実名で、大学も、出身校も、所属団体も公開しておきながら、日々の言動を全世界に公開する。

恐ろしいことだと思いませんか?

もちろん、あなたがSNSを使って自己プロデュースを考えているなら話は別ですが、通常の用途において全体公開は必要ありません。

日本と諸外国では使い方が異なって当然なのです。

まとめ

就活を行うにあたって、SNSを全体公開にしておく利点はありません。

実名のSNSは非公開にしておいた方が無難です。

人気の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

冬 メンズファッション 2
おしゃれ初心者必見!冬のメンズファッションとアイテム選びの基本を徹底的に解説する。

「このページを見れば『おしゃれな冬のメンズファッション』が分かる」 今回は、そんな気持ちで記事を執筆しました。 冬は、春秋に比べるとアイテムが増えるため、組み合わせに悩みがちです。 そこで今回は「誰で ...

お洒落 メンズ 3
知っておかないと損をする!大人が「新卒で絶対に就職しなさい」という本当の理由。

「しっかり勉強して、良い大学に入って良い企業に入りなさい」 「就活の準備は進めているのか?絶対に新卒で就職するんだぞ」 そんな風に言われてきた大学生も多いでしょう。 日本の採用慣習は世界でも稀な形です ...

株式投資 大学生 4
年収1億円を夢見るあなたに伝えたい「水の運び方」の話

「年収1000万円を目指すなら、就活で本気出せよ」 大これでは何度かそういうお話をしてきました。 【参考過去記事】 知っておかないと損をする!大人が「新卒で絶対に就職しなさい」という本当の理由。 将来 ...

大学生 レポート 5
レポートの書き方|100点を目指すための一歩目は「文章構成」である

「ラクをして、レポートで高評価を取りたい」 大いに結構です。 学業に大学生活の意味を見出だしているのならば、マジメにやれば良い。だけど、大半の学生にとって学業なんておまけ程度のものです。 きっと、あな ...

-大学生活, 大学生活全般, 就活, 就活コラム

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2016 AllRights Reserved.