留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方

投稿日:2016年8月21日 更新日:

海外 留学 クレジットカード

こんな質問を頂きました。

いつも楽しく記事を拝読しております。早稲田大学2年の○○です。

クレジットカードに関する質問があります。

クレジットカードを作ろうと考え、大学生のクレジットカードまとめ記事を拝見しました。

記事はとても分かりやすく、まず1枚目として三井住友VISAデビュープラスカードを作りました。先日、手元に届いたのですが、初めて持つクレジットカードに少し興奮しています(笑)

質問は2枚目のクレジットカードに関してです。

私は海外旅行が好きなので、海外旅行向けのクレジットカードも作ろうと考えています。

海外向けのクレジットカードとして「エポスカード」をオススメされていましたが、学部の先輩には「セゾンブルー・アメリカンエクスプレスカード」を海外向けカードとしてオススメされてしまいました。

自分で少し調べてみたところ、このカードにも海外旅行保険や緊急電話サービスなどのサービスが付いているようです。

「アメリカンエクスプレスのカードはステータス性もあるよ」と言われて悩んでいます。お手数ですが、エポスカードと比べて、どちらが良いのか教えて頂けないでしょうか?

出来れば記事にしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。

結論から言えば、海外利用向けクレジットカードとしては、

  1. エポスカード
  2. セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード
  3. 学生専用ライフカード

の順でオススメ。ただ、1位と2位の差はごく僅かです。

海外利用を前提としたクレカに関する質問は多いので、イチからじっくり解説します。

スポンサー リンク

海外におけるクレジットカードのメリット

大前提として、海外で快適に生活する上でクレジットカードの存在は欠かせません。

理由を挙げていくとキリがないのですが、代表的な理由は5つ。

  • 支払いがスムーズ
  • 盗難リスクが低い
  • 傷害保険が付く
  • 信用証明として
  • キャッシング機能

それでは、1つずつ解説します。

支払いがスムーズ

クレジットカード 大学生

海外旅行に行った学生の方ならお分かりだと思うのですが、海外での支払いってすごく面倒くさい。

慣れない紙幣は支払いの度にもたつきますし、常に残額を気にしながら旅行をするのも手間です。

しかし、カード払いなら話は別。

海外諸国では少額決済でもクレジットカードを使う文化が根付いているため、コーヒー1杯からでも問題なくカードを使うことが出来ます。

余計な現金を持ち歩く必要もなく、支払いにもたつくこともなくなるので、海外生活をより一層楽しくさせてくれるのです。

盗難リスクが低い

海外旅行 盗難

日本人の危機管理能力の低さは疑いの余地もありません。

そりゃ日本にいれば盗難に遭うことなんてほとんどない。スリにも遭わなけりゃ、置き引きにも遭わない。ましてや強盗なんて…。

ところが、海外では普通にあります。

そんな時、現金を10万円分もっていかれたら取り返しがつかない。その10万円はもう返ってこないし、お金がなくなったらどうすれば良いか分からない。

その点、クレジットカードなら盗まれても何とかなる。サポートデスクに電話すれば不正利用分は請求されず、そこからどう行動すれば良いかも教えてくれます。

そして、靴下の中にでも予備のクレカを忍ばせておけば、そのまま楽しい旅を続けられるのです。

海外旅行傷害保険

海外 医療費

海外利用に特化したクレジットカードの多くは「海外旅行傷害保険」が自動付帯になっています。

言うまでもなく、あなたが日本国内で安価な医療を受けられるのは、親御さんが保険料を国に支払っているからです。

そのため、保険料を支払っていない国で医療を受けると、目玉が飛び出るくらいの医療費を請求されることになります。発熱や下痢でも場合に依っては数万円、事故などで手術が必要な事態に陥れば数百万円です。

少数ではありますが、海外での高額な医療費によって人生が狂ってしまう人が確実に存在します。

しかし、「海外旅行傷害保険」が付帯しているクレジットカードを持っていれば、万が一の際でもカード会社が医療費を保証してくれるのです。

海外旅行傷害保険 いくら

ただ、大抵のクレジットカードの保険期間は「出国してから90日」のため、長期留学の際には別途の保険に加入することをオススメします。

信用証明

信用証明 クレジットカード

大抵の国では「まともな人間はクレジットカードを持っていて当たり前」と考えられています。

そのため、ホテルチェックインやレンタカーを借りるとき、或いは、携帯電話の契約の際など、身分証明の代わりにクレジットカードの提示を求められることが多々あります。

短期の海外旅行では無くても何とかなりますが、長期の留学をするならば、クレジットカードが無いことで1度くらいは不便な思いをするかもしれません。

キャッシング機能

海外 キャッシング

クレジットカード申し込み時に「キャッシング機能」を付帯させておけば、海外のATMで現金を引き出すことも可能です。

ただ、言ってしまえばキャッシングは借金です。手数料もかかりますし、便利だからと言ってポンポン利用することはオススメできません。

しかし、いざと言う時、キャッシング機能付きのクレジットカードがあると本当に心強いのは否定できない事実です。

海外利用を意識したクレジットカードの選び方

ヨーロッパ アジア クレジットカード

では、海外利用を意識するならば、具体的にどんなクレジットカードを選べば良いのか。

ポイントは5つです。

  • 決済機能はVISA
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外デスクサポート
  • 年会費は無料
  • 2枚以上持つ

それでは、1つずつ解説します。

決済会社はVISAが基本

VISA 海外旅行

そもそも、クレジットカードは「カード発行会社」と「決済会社」の2社が合わさって出来ています。

例えば、カード発行会社の「三井住友カード」と決済会社の「VISA」が合わさって「三井住友VISAカード」が。

例えば、カード発行会社の「クレディセゾン」と決済会社の「アメリカンエキスプレス」が合わさって「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」が完成するのです。

そして、カード発行会社によって保険やポイント還元などのサービスが提供され、決済会社によって「どこで使えるか」が決定します。

メジャーな決済会社は以下の4つ。

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス(アメックス)

以下の写真のように、

留学VISA

「VISA」としか書いていない店舗では、「三井住友VISAカード」や「エポスカード(VISA)」などのVISAカードしか使えません。反対に、「アメリカンエキスプレス」としか書いていなければ「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」などのアメックスカードしか使えない訳です。

そして、加盟店の数は決済会社によって大きく変わります。

加盟店トップは「VISA」 欧米、アジア、日本国内、世界各国どこでも使える決済会社です。故に、クレジットカード1枚目はVISAを選ぶのが大原則になります。

2位は僅差で「Master Card」 こちらもVISAと同じく、世界各国どこでも使える決済会社です。

大きく離れて「JCB」 日本発祥の決済会社のため、国内ではどこでも使えるものの、世界基準で見ると少し心もとない。

最後は「アメリカンエキスプレス」です。元々、富裕層向けの決済会社のため、先進国の主要都市には強いものの地方都市での利用には向いていません。

以上を踏まえると、クレジットカードを作るときは、

  • 1枚目は、世界最大手の「VISA」
  • 2枚目以降は、「VISA」「Master Card」「JCB」「アメリカンエキスプレス」からお好きに

が基本になります。

尤も、加盟店の数に違いがあると言っても、都市部のホテルや飲食店では全ての決済会社が使える場合がほとんどですので、そこまで神経質になる必要もありません。

ただ、「VISA」と「Master Card」のどちらかは必ず持っておきましょう。

海外旅行傷害保険が"自動で"付いている

保険 選び方

保険と言うものは、分かりづらいのが世の常です。

そして、クレジットカードにおける海外旅行傷害保険も例外ではありません。

例えば、「エポスカード」や「セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード」などの傷害保険は「自動付帯」と呼ばれるものです。

特別な申請などは必要なく、持ち歩いているだけで保険が適用されます。

対して、「楽天カード」などの傷害保険は「利用付帯」と呼ばれるもの。

自動で傷害保険が付帯する訳ではなく、「旅行費」や「飛行機代」を事前に該当カードで支払った場合にのみ保険が適用されます。

保険の適用範囲はカードによって様々。海外に旅立つ前に、しっかりと約款を確認しておきましょう。

また、今回の記事で紹介している、

  • エポスカード
  • セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード
  • 学生ライフカード

以上のカードは全て「自動付帯」ですので、ご安心ください。

海外デスクサポート

海外電話サービス クレジットカード

  • パスポートをなくした
  • 荷物を盗まれた
  • 事故に遭った

海外でこんな事態が起こったとき、あなたならどうするでしょうか?

おそらく、大抵の人はパニックを起こすだけで何も出来ないでしょう。

しかし、一部のクレジットカード会社は「海外デスクサポート」という日本語通話サービスを提供しています。

全ての国に対応している訳ではありませんが、世界の主要国に滞在しているのであれば、どんな事態が起こってもとりあえず何とかしてくれます。

年会費は無料

年会費無料 クレジットカード

年会費無料のクレジットカードを選ぶのは基本中の基本です。

例え「海外旅行傷害保険」が自動付帯でも、年会費が3万円もかかってしまっては意味がありません。だって、3万円もあれば、旅行会社のオプションや空港の即日保険に何度も加入することが出来るのですから。

また、大学生の多くは、クレジットカードを毎日使うのではなく、

  • 海外旅行
  • 通販
  • 緊急時

などの「たまに使う」が基本になります。

そして、クレジットカードは年会費さえ無料ならば日常的にかかるお金はゼロです。

そのため、年会費ゼロのカードならば、とりあえず作るだけ作って、使用時まで財布に眠らせておくことも可能になるのです。

2枚以上あると心強い

留学 必要なもの

無闇にクレジットカードを作ることはオススメ出来ませんが、海外利用に関して言えば2枚以上持っていると非常に心強い。

単純に、利用限度額が2倍になるだけでなく、

  • 紛失
  • 盗難
  • 磁気異常
  • 破損

など、物理的なトラブルに遭った際でも複数毎のカードがあれば乗り切ることが出来ます。

また、2枚以上持つのならば、1枚目には国内最強の「三井住友VISAデビュープラスカード」を持ち、2枚目に「エポスカード」「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」などの海外利用に強いクレジットカードを持つのがオススメです。

具体的なカードの種類

アメリカ留学 クレジットカード

では、具体的にどこのカードを作れば良いか。

大学生でも作れる「学生カード」の中で、海外利用に特化しているのは以下の3つ。

  • エポスカード
  • セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード
  • 学生専用ライフカード

また、番外編として、

  • 三井住友VISAデビュープラスカード

も紹介します。

エポスカード

エポスカード 大学生

海外利用を意識したクレジットカードとして間違いないのが「エポスカード」です。

竹之内豊さんがイメージキャラクターを務めることで話題になったカードですね。

エポスカード 海外旅行

  • 決済会社は「VISA」
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外デスクサポート

上記の海外利用に必要なポイントはもちろん、

  • 年会費永年無料
  • 国内店舗での優待サービス
  • 審査が優しい

などの普段利用のカードとしてもオススメできる1枚です。

【公式ページ】エポスカード

セゾンブルーアメックスカード

留学 大学生

エポスカードよりも、ほんのりサービスが充実しているのが「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」です。

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外デスクサポート
  • 年会費無料(26歳まで)

以上3つの王道要素に加えて、

  • 海外利用でポイント2倍
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 海外用Wi-fiレンタルサービス

などの一歩進んだサービスも提供しています。

短期留学 クレジットカード

ただ、エポスカードと比べると、明確なデメリットが1点存在することを忘れてはいけません。

それは、決済会社が「アメリカンエキスプレス(アメックス)」であること。

先ほども説明しましたが、「VISA」や「Master Card」に比べると「アメックス」が使える店舗は非常に少ない。2枚目のカードとしてなら良いのですが、1枚目にアメックスを選ぶとクレジットカードとしての役割を果たせないことが多々あります。

そのため、「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」選ぶ際は、後述の「三井住友VISAデビュープラスカード」との2枚持ちが基本になります。

【公式ページ】セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード

セゾンブルー・アメックスカード 大学生

ライフカード

学生専用ライフカード おすすめ

学生の海外利用に特化したクレジットカードが「学生専用ライフカード」です。

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外デスクサポート
  • 年会費永年無料

の3点に加えて、

  • 「VISA」「Master Card」「JCB」から決済会社を選べる

が大きな利点です。特に、「Master Card」を選べる学生カードはほとんど存在しないので、「VISA」と組み合わせることでクレジットカードが使えないリスクを最小限まで抑えることが出来ます。

クレジットカード デビットカード

デメリットとしては、サービスの大半が卒業と同時に消失してしまうこと。

「海外旅行傷害保険」も「海外デスクサポート」も卒業と同時に使えなくなってしまいます。そのため、あくまでも学生期間限定のカードとして考えるのが正解です。

【公式ページ】学生専用ライフカード

学生 海外旅行カード

三井住友VISAデビュープラスカード

デビットカード 大学生

5年後を見据えるなら「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

このカードは、海外利用向けのサービスをほとんど提供していません。もちろん、「VISA」ですので海外でも問題なく使えますが、「保険」や「サポートデスク」などの付帯サービスは何も付いていないのです。

留学 カードは必要

では、何故わざわざ紹介しているのか。

答えは「5年後には海外利用に最も強いクレジットカードの1つに進化するから」です。

ここまでに紹介した、

  • エポスカード
  • セゾンブルー・アメックスカード
  • 学生専用ライフカード

この3つは、あくまでも「大学生が作れるカード」の中でのベストチョイス。収入のある社会人ならば、ここに「ゴールドカード」という選択肢が加わります。

例えば、「三井住友VISAプライムゴールドカード」ならば、「海外旅行傷害保険」や「海外サポートデスク」に加えて「空港ラウンジ利用」「ゴールドカード専用デスク」などのサービスが付帯されるのです。

そして、三井住友VISAデビュープラスカードは、継続して使い続けることで、審査が厳しいゴールドカードに自動でランクアップする仕組みになっています。

加えて、

  • 年会費実質無料
  • 盗難保証完備
  • ポイント還元率2倍

と、国内の利用においては充分すぎるパフォーマンスを持っている点も見逃せません。

そのため、大学生のクレジットカードは、

  • 1枚目は、国内利用に特化した「三井住友VISAデビュープラスカード」
  • 2枚目は、海外利用に特化した「エポスカード」か「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」

を選ぶのが最もバランス良くまとまります。

【公式ページ】三井住友VISAデビュープラスカード

border="0"

クレカの海外利用に関するよくある質問集

セブ島 フィリピン クレジットカード

ここからは、当サイトに寄せられたクレジットカードに関する質問の中から、海外利用に関係するものだけを抜粋して紹介します。

適宜追加する予定ですので、気になることがあれば、コメント欄にお書きください。

海外向け最強のカードは結局どれ?

ヨーロッパ クレジットカード

学生カードから選ぶのならば、一長一短です。

【エポスカード】
→王道。マイナスポイントなし。国内優待もあり。1枚でも、2枚目としても○

【セゾンブルー・アメックスカード】
→エポスカードよりほんのり海外サービス良し。アメックスであることが難点。1枚目としては△、2枚目としては◎

【学生専用ライフカード】
→決済会社を選べるのは良し。国内での利点なし。在学中限定。

先ほども少し解説しましたが、学生カードに拘らないのであれば、大手カード会社から発行されている「ゴールドカード」がベストですが大学生は作ることが出来ません。

もし、少しでも早くゴールドカードを作りたいのであれば「三井住友VISAデビュープラスカード」を在学中に作っておくことで自動的にランクアップします。詳しくは、以下の記事を参考にどうぞ。

【過去記事】
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと

「エポスカード」か「セゾンブルー」どっちが良い?

クレカ 留学

正直に言えば、どちらでも問題ありません。

前回の大学生のクレジットカードまとめ記事では、

  • 決済会社が「VISA」である
  • 1枚でも国内外でサービスあり
  • 審査が緩い

の3点によって「エポスカード」を推しましたが、海外利用という視点から見れば「セゾンブルー」も負けていません。

ただ、「セゾンブルー」は決済会社が「アメックス」であるため、1枚目としては向いていない。先ほども解説しましたが、利用できる店舗が「VISA」に比べると少ないのです。

そのため、

1枚しか作る気がないのであれば「エポスカード」が良し。

1枚目に「VISA」を持っているのであれば、2枚目は「エポスカード」「セゾンブルー」のどちらでも良し。

が結論です。

支払いの時に何て言うの?

クレジットカード スキャミング

「クレジットで」

「一括払いでお願いします」

日本でクレジットカードを使う時は、二言三言の言葉が必要ですが、海外利用においては必要ありません。無言で出しても問題なく決済できます。

そもそも、日本と違って、諸外国では「一括」や「分割」を選ぶことが出来ません。そのため、無言でカードを提示して、暗証番号入力orサインをするだけで自動的に一括払いが完了します。

カードを2枚持ってれば保険も2倍?

18歳 クレジットカード

答えづらい質問です。

原則として、死亡保険以外の保証内容、即ち、

  • 医療保障
  • 賠償責任
  • 携行品保証

などの保険金額は合算することが可能です。極論を言えば、海外での医療費が1000万円かかった場合、最大保証500万円のカード1枚では赤字になりますが、カードを2枚持っていれば全額保険金で相殺することも出来る。

ただ、クレジットカードによって、細かい適用範囲やもらえる保険料にバラつきは生まれます。そのため、カード全体の一般論をここでお話するのはトラブルの元です。

例えば、ケンカによる怪我を「自らトラブルに巻き込まれた」と保険料が下りないカードもあれば、通常の怪我と同じように保険料が下りるカードもあります。そのあたりの細かい約款はカードによって異なるため、「起こってみないと分からない」というのが本音です。

ただ、複数の保険を重ねがけすることにデメリットは存在しません。

そのため、万が一に備えて、海外旅行向けのクレジットカードを複数枚持っておいたり、旅行会社の保険に別途加入しておくのも"あり"です。

アメックスはステータス性があるの?

アメリカ ハワイ クレジットカード

「アメックスのカードにはステータス性がある」

質問をくれた学生もこう仰っていましたが、これは半分正解で、半分間違い。

と言うのも、アメックス本家のカードにはステータス性があるのですが、提携カードにはないのです。

詳しく解説します。

先ほど、

そもそも、クレジットカードは「カード発行会社」と「決済会社」の2社が合わさって出来ています。

例えば、カード発行会社の「三井住友カード」と決済会社の「VISA」が合わさって「三井住友VISAカード」が。

例えば、カード発行会社の「クレディセゾン」と決済会社の「アメリカンエキスプレス」が合わさって「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」が完成するのです。

このように紹介しましたが、「アメックス」に関して言えば自社単体でのカード発行も行っています。

アメックスカード 大学生

決済会社が自社で発行しているカードを「プロパーカード」と言うのですが、一般的なカードと比べると、この「プロパーカード」は審査が厳しい。大学生はもちろん、社会的地位の低い社会人も作ることが出来ません。そのため、誰でも持てる訳ではなく「アメックスはステータス性がある」という論調が完成します。

しかし、プロパー以外のカード審査を行っているのは提携しているカード発行会社です。

今回紹介している「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」で言えば、「クレディセゾン」という会社がそれに当たります。

短期留学 クレジットカード

このカードにステータス性なんてありません。アメックスは決済機能を提供しているだけで、具体的なサービスは全てクレディセゾンが請け負っているのですから。

尤も、ステータス性がないからと言って、クレディセゾンに問題がある訳ではありません。アメックスが元々富裕層向けサービスを展開しているのに対して、クレディセゾンが「身近なクレジットカード」を信条にしているだけの話です。

また、収入がなくても作れる学生カードの中にステータス性なんてものは存在しないことをお断りしておきます。

まとめ

  • 決済機能はVISAを最低1枚
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外デスクサポート
  • 年会費は無料
  • 2枚以上持つ

以上5つの基本をまとめると、

1枚目として、国内利用に特化した「三井住友VISAデビュープラスカード」を、

border="0"

2枚目として、海外利用に特化した「エポスカード」「セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード」を選べば間違いありません。

セゾンブルー・アメックスカード 大学生

また、

「前回の大学生のクレジットカードまとめ記事でエポスカード作っちゃったけど、セゾンブルーの方が良さそうじゃねえか!」

と感じた人がいれば、申し訳ありません。

ただ、エポスカードもセゾンブルーも年会費無料のクレジットカードですので、どうしても気になるのであれば、セゾンブルーに申し込んでエポスカードを解約すれば問題ありません。

その際はセゾンブルーの審査が通らないことも想定して、カードが手元に届いてからエポスカードを解約することをおすすめします。

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと53,888 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

冬 メンズファッション 2
おしゃれ初心者必見!冬のメンズファッションとアイテム選びの基本を徹底的に解説する。124,071 人が参考にしています

「このページを見れば『おしゃれな冬のメンズファッション』が分かる」 今回は、そんな気持ちで記事を執筆しました。 冬は、春秋に比べるとアイテムが増えるため、組み合わせに悩みがちです。 そこで今回は「誰で ...

就活 意味 3
就活を行う意味|大人が「絶対に新卒で就活しろよ」と言う本当の理由とは。33,938 人が参考にしています

「しっかり勉強して、良い大学に入って良い企業に入りなさい」 「就活の準備は進めているのか?絶対に新卒で就職するんだぞ」 就活を目前に控えた3年生にもなれば、こんな言葉をどこかで聞かされているはず。 日 ...

株式投資 大学生 4
年収1億円を夢見るあなたに伝えたい「水の運び方」の話17,778 人が参考にしています

「年収1000万円を目指すなら、就活で本気出せよ」 大これでは何度かそういうお話をしてきました。 【参考過去記事】 知っておかないと損をする!大人が「新卒で絶対に就職しなさい」という本当の理由。 将来 ...

大学生 レポート 5
レポートの書き方|100点を目指すための一歩目は「文章構成」である29,320 人が参考にしています

「ラクをして、レポートで高評価を取りたい」 大いに結構です。 学業に大学生活の意味を見出だしているのならば、マジメにやれば良い。だけど、大半の学生にとって学業なんておまけ程度のものです。 きっと、あな ...

-お金、ビジネス, 大学生活

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.