企業選びに平均年収が大切な理由を「収入と幸福度の相関関係」から解説する。

投稿日:2015年10月3日 更新日:

年収 幸福度

こんな質問を頂きました。

こんにちは。いつも「大これ」の更新を楽しみにしています。国立大学文系3回生のものです。

(中略)

そろそろ就活を意識していて、自分なりに企業研究をして志望企業や業界を絞り始めています。

恥ずかしながら、明確な「やりたい仕事」がないので、

  • それなりの給料
  • 安定感のある会社

を目安に、いわゆる「大企業」を中心に見ています。

ところが、先日テレビで「年収が700万円以上になっても幸福度は上がらない」と言っていて驚きました。

調べてみると、どうやらちゃんとした調査のようなので、企業選びの軸がブレてきました。

(中略)

給料を軸に企業を選ぶのは辞めた方が良いのでしょうか?

お忙しいとは思いますが、お時間のある時でも良いのでご返信を頂けると幸いです。

逆です。

「年収700万円までは収入と幸福度が比例する」という事実の方が問題なのです。

よって、年収700万円を早めに達成するためにも、企業選びの軸には給料を入れた方が良い。

スポンサー リンク

年収と幸福度の相関関係

2002年にノーベル経済学賞を受賞した米プリンストン大学の心理学者、ダニエル・カーネマン教授はこんな研究結果を発表しています。

「感情的幸福は年収7万5000ドルまでは収入に比例して増えるが、それを超えると比例しなくなる」

この研究の解釈の仕方は様々ですが、アメリカの世帯年収の平均は約7万ドルなことを考えて、

「年収700万円(或いは600万円)以上になると収入と幸福度は比例しない」

と日本では認識されることが多い。

と言うのも、700万円までは「身の安全」や「食」「健康」などの本質的な幸福を得ることが出来ますが、そこから先は消費活動に依る幸せを求めることになります。

高価な車を買う。海外旅行に何度も行く。高級なディナーを食べるetc

だけど、消費活動に依る幸せは回数を重ねるごとに得られる幸福感は減っていきます。

「高級なステーキを毎日食べる」という行為さえも、「毎日食べられる」なら高級ではなくなってしまう。本人の中の高級の基準はどんどん高まり、お金はいくらあっても足りなくなるのです。

これが、

「年収700万円以上になると収入と幸福度は比例しない」

のカラクリです。

年収700万円までは比例することの方が重要

就活 年収

「そうか!じゃあ企業選びで年収は気にしなくて良いのか!」

違う。そうじゃない。

そもそも、お金と幸福の相関関係なんて「人それぞれ」が当たり前なんです。貧乏でも夢を叶えて幸せな奴もいれば、起業して年収3000万円でも毎日が不安な奴もいる。

その「人それぞれ」の中で「年収700万円までは収入と幸福度が比例する」という事実の方が大切なんです。

転職サイトDODAの調査に依ると、

20代正社員の平均年収:348万円

30代正社員の平均年収:458万円

40代正社員の平均年収:586万円

50代正社員の平均年収:721万円

平均的に推移しても50代でやっと分岐点に到達できるんです。もちろん、50代を過ぎても年収700万円に達しない人もたくさんいる。

「年収700万円からは幸福度と比例しないから、お金は大事じゃない」ではありません。

「年収700万円までは幸福度と比例するから、なるべく早い段階で到達して、そこから本当の幸せを考える」のです。

給料基準の企業選び、大いに結構

メンズファッション 秋

学生の多くは、そう簡単に志望企業や志望業界を選ぶことが出来ません。

そりゃそうです。

今まで仕事のことなんて全く意識してこなかったのに、急に「行きたい企業を決めろ」なんて言われても無理に決まっている。

だけど、一歩目さえ踏み出せば、案外すんなりと話が進むこともあります。

【参考記事】
就活へのやる気が全くなかったのに、いつの間にか普通に就活していた学生の話。

そして、その一歩目として「年収基準」は非常に有効です。

「とりあえず給料の高いところ」から選び始めれば、そこから次の一歩を探せます。

「銀行系が給料良さそうだな。とりあえず説明会行ってみるか」

「ちょっと雰囲気が合わないな…じゃあ次は似たようなところで保険系を見てみるか」

「保険の仕事は興味あるぞ…じゃあ◯◯保険会社と□□保険会社の説明会に行ってみよう」

そうやって、少しずつ企業を選んでいくのです。

【参考記事】
将来高収入を得たい大学生へ。あなたが覚えておくべき年収に関するたった一つの真実

まとめ

「年収700万円以上になると収入と幸福度は比例しない」

この研究は正しい。

ただ、大切なのは「年収700万円から先の幸福度は人によって変わる」ではなく、「年収700万円までは年収と幸福度が比例する」という事実です。

適当に働いていては、年収700万円を超えることは難しい。

お金に幸福度が依存する人生から抜け出すためにも、企業選びの軸に収入を置くことは大切です。

また、平均年収は「就職四季報」などで確認することが出来ます。

話題の記事

クレジットカード 学生 1
大学生が将来ゴールドカード(クレジットカード)を持つために今、必要なこと82,242 人が参考にしています

ゴールドカードを最も簡単に手に入れる方法をご存知でしょうか? 大学生には馴染みがないかもしれませんが、社会人になると「高級車」や「高級時計」と並んで「クレジットカード」がステータスの一翼を担うことにな ...

秋 メンズファッション 2017年 2
秋のメンズファッションの極意をおしゃれ初心者に分かりやすく解説する83,070 人が参考にしています

大学生を中心に、20代〜30代がおしゃれになるための記事です。 今回の記事は、おしゃれ初心者向けに、 「どんな服を着れば良いのか」 「どんな組み合わせをすれば良いのか」 を頭で理解できるように解説して ...

就活サイト 就活サービス おすすめ 3
志望企業から内定を取れる確率がグンと上がる就活サービスを学年別に解説する。7,620 人が参考にしています

どの就活サービスを利用するかで、内定までの道は大きく変わります。 皆が同じように就活しているように見えて、内情は全然違うのです。真面目に就活していても4年生の終わりまで内定が取れない学生もいれば、1つ ...

海外 留学 クレジットカード 4
留学や海外旅行に特化した大学生向けクレジットカードの選び方5,845 人が参考にしています

海外旅行や留学において、クレジットカードほど便利なアイテムは存在しません。 支払いがスムーズに進む上に、困ったことがあればサポートデスクに電話できる。保険付きのカードを選べば、海外での医療費を心配する ...

学割 おトク 5
知らないと損をする!?「本当におトク」な3つの学割サービスの解説。2,816 人が参考にしています

本当におトクな「学割」って、意外と少ない。 定食のライス大盛りが無料。映画館で割引。カラオケでドリンク1杯タダetc 決して、悪くはない。悪くはないけども、割引額は数十円から数百円。「おトク」と言うに ...

-お金、ビジネス, 大学生活, 就活, 就活コラム

Copyright© 大学生はこれを見ろ , 2017 AllRights Reserved.